• Wed. Oct 20th, 2021

人気声優・花江夏樹、『笑ってコラえて!』2代目ナレーター起用に賛否! 『水ダウ』ベテランナレーターの私見に「花江のこと?」の声相次ぐ

 アニメ『鬼滅の刃』(TOKYO MXほか)の主人公・竈門炭治郎役などで知られる人気声優・花江夏樹のナレーション仕事について、ネット上で不満の声が上がる事態となっているようだ。

 きっかけは、『水曜日のダウンタウン』や『王様のブランチ』(共にTBS系)などでナレーションを務める服部潤によるTwitterへの書き込み。服部は9月14日、「有名声優かしらないけど、番組ナレーターに使うのはもう止めにしないか? 内容が全く入って来ないし、番組として成り立ってない 声優はキャラクターを通しての表現はピカイチだけど、ナレーションとしての表現は全く出来ていない そりゃそうだ ナレーターは10年以上それだけを追求しているのだから」(原文ママ、以下同)と、声優にナレーションを任せる番組に苦言を呈した。

 これに対し、別のユーザーからリプライが寄せられると、服部は返信する形で「アニメ映画などへの俳優や芸人の起用は私も好きではありません!」「話題性を持たせたい 視聴率を稼ぎたい SNSでバズらせたい そんなに単純なものではないですよね」と私見をつづっている。

「服部のツイートに対し、『おっしゃる通りだと思います』『大して勉強も経験も積んでない人間が、マイク前の仕事を奪っていく様を見ると本当に悲しいです』『確かにアニメ声のナレーションは違和感がある』と共感の声が寄せられる一方で、『声優をひとくくりにする発言はいかがなものか』『声優の価値が上がることはいいことだと思いますけど』『いや、そういう世界でしょ。需要がある以上は受け入れるべきです』と異論を唱える人もおり、ネット上では議論が白熱しています」(芸能ライター)

 実際、旬の人気声優が情報番組やバラエティ番組などのナレーターに起用されるケースは多い。例えば、『鬼滅の刃』で竈門禰豆子を演じた鬼頭明里は、動物バラエティ番組『超かわいい映像連発!どうぶつピース!!』(テレビ東京系)などでナレーションを担当。アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』(テレビ東京ほか)でレム役を演じた水瀬いのりも、音楽番組『SONGS OF TOKYO』(NHK)や、7月に放送されたオリンピック関連番組『1万2000人が選ぶ! 私が感動した金メダルはこれだ!』(テレビ朝日系)でナレーターに起用されている。

 また、ワイドショー『ZIP!』(日本テレビ)は7月26~30日の間、8月6日に公開されたアニメ映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』とのコラボ企画として、メインキャラクターを担当する山下大輝、岡本信彦、梶裕貴、三宅健太、佐倉綾音が日替わりでナレーションを担当していた。

「服部の今回のツイートを受けて、ネット上では『わかる! 花江くんのことでしょ?』『これ、花江のこと言ってる?』と、7月に所ジョージが司会を務めるクイズバラエティ番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(同)の2代目ナレーターに就任した花江の名前を挙げる人が続出。就任当時、ファンからは『花江さんがナレーションなら、絶対に毎週見る!』『花江さんと所さんのコラボ、うれしい!』と喜びの声が相次ぎましたが、視聴者の中には不満を抱く人もいるようで、ネット上では『花江さんは好きだけど、この番組では浮いてる』『花江くんはうまいけど、ナレーターには向いてないと思う』『「鬼滅の刃」がはやったからって、なんでもかんでも任せるのは違うと思う』と否定的な声も上がっています」(同)

 賛否が飛び交っている声優のナレーター起用。心当たりのある声優自身は、服部のツイートに何を思うのだろうか。