• Fri. Oct 29th, 2021

韓国ドラマ『わかっていても』から考える、ジェオン的「ズルい男」の抗いがたい魅力とは? モテる男に転がされるのは楽しい!?

 ネットフリックスで配信されている韓国ドラマ『わかっていても』。複数の女性と逢瀬を楽しむも、誰とも付き合わない主義の美大生パク・ジェオン(ソン・ガン)と、彼に好意を寄せるユ・ナビ(ハン・ソヒ)の恋模様に多くの人が夢中になり、連日ネットフリックス日本版の視聴ランキングトップ10入りを果たしていた。

 女性に対して刹那的なふれあいだけを求める一方、人間的な魅力を備えるジェオンに、抗い難い魅力を感じた女性、過去の苦い恋愛を思い出した女性も多いはず。そこで今回は、アラフォー女性3人がオンラインで集合! ジェオンのような男性とどう付き合うべきか、自身の経験をもとに話してもらった。

<参加者>
あけみ:言い寄られることが苦手で、自分から好きな相手に積極的にアプローチするタイプ。そのため、過去にはセフレのような宙ぶらりんな関係になった経験も多数。ジェオン同様に刹那的な恋愛を好み、「いずれ別れるから楽しい」そう。付き合った相手と1年持てばいいほうで、「2回目のクリスマスや誕生日はなにしていいかわからない」から浮気するのだとか。アラフォーのバツイチ、1児の母。

ようこ:10~30代に合コン2,500回以上経験するも、面食いのためにダメ男ばかり引いている。28~30歳のときに付き合っていた彼氏には実は婚約者がおり、最終的には彼母や婚約者まで登場する修羅場に! アラフォーとなった現在は、ピュアな年下をGETするべく、婚活中の恋愛現役。

ちなつ:20歳前後のとき、真剣に付き合いたいのに男性側にセフレにさせられた過去を持つ。夜な夜な同じような境遇の女友達と飲み歩き、彼への思いを堂々巡りさせる自分たちに酔いしれていた。それとは別に、「互いに本気じゃない」という感じのセフレがいたときは楽で、自分は恋愛感情が薄い関係のほうがうまくいくと悟る。アラフォーの既婚、2児の母。夫は恋愛相手というより親友。

ナビの意図せぬ行動が「天然モテ」!?

――まずドラマ自体はどうご覧になりましたか?

ちなつ 大学が舞台だけあって、まだ社会から「恋愛しかすることがない」と思わされているときの話だなと。あんなに生活が恋愛中心に動いていたっけ?

あけみ そうですよ! 結婚をする前、私も20代前半はほぼ寝ずに恋愛してましたもん。仕事して、遊んだりデートして、寝ないで仕事に行って、の繰り返し。ドラマを見ていて、「恋愛しかすることがない」時期が懐かしいし、うらやましかった~!

ようこ 韓国人の友達にも「韓国でも20代にしか人気がない作品」と言われました。私はナビに感情移入がまったくできないし、先の展開が読める主人公カップルより、正直ほかの友人たちの恋愛模様にハマりました。

ちなつ たしかに、キャラクターの描き方がイマイチ掘り切れてなくて……モテモテで恋愛は必要ないジェオンが、なぜナビにだけあれだけ執着するのか、わからなかった。はっきりいって、「互いに顔が好きなだけじゃん!」って。

あけみ もっと冒頭にキャラクターのよさがわかる場面があればよかったんでしょうが、現状だと「絶対顔だけでひかれ合ってよ、あのカップルは!」ってなっちゃいますよね。 でも、ナビは基本的には「ジェオンに流されない」と自制しているのに、最後は自分が積極的に動いている。キスするのもナビからだったし。相手を拒んで拒んで、でも最後に自分から押すみたいな形になってるから、結果「天然モテ」しぐさみたいになっていたのかも。

――そのナビに繰り返し「クズ」と言われるジェオンについてはどう思いました?

あけみ 首に彫られた蝶のタトゥーは死ぬほどダサかったし、蝶を飼ってる男ってヤベエなって思ったけど、彼自体は好きです。やっぱりモテる男にいい感じに転がされるってめっちゃ楽しい! 『ハッピーマニア』(安野モヨコ、祥伝社)にもそういうエピソードがあったし。

ちなつ たしかにあのタトゥーは気絶しそうなほどダサかった(笑)。初めにネトフリでドラマのあらすじを見たときは、もっと“ワンチャン”だけを狙いに行くヤリチンだと思ったんですよね。セックスを「打つ」と言っちゃうような、ロンブー・淳のようなアッパー系のヤリチンというか。打つ系の男は、ミソジニーが強くて、「女体」だけ求めてる。そっちのほうがクズだと思うし、それが認識できれば女性側も深みにはまらないですよね。ジェオンみたいな、「人の痛みがわかるし、心が通じ合う人だと思ったのに、自分との関係に責任はもちたくない」という男がやっぱり厄介だなと。

ようこ 私の知り合いにも、「打つ」じゃなくて、「結果」って言う人がいた! 「オレはとりあえず『結果』出すから!」とか。いま40歳ですが、いまでも彼は「結果」を出してますよ。

ようこ 私自身、ジェオンみたいに気を持たせるけど付き合わないタイプや、最初から「セフレになって」と言ってくる人など、いろんなタイプの男性と出会いました。私が弱いタイプは、本音かどうかわからないけど、「付き合おう」と言ってくる人。それを信じたくなっちゃうんですよね。それで3年付き合った人がいたんですが、彼には別に婚約者がいたんですよ。それなのに時々「将来のことを考えているよ」とか、それっぽいことを言ってくるんですよ!

ちなつ 婚約者以外の女の影はなかったんですか?

ようこ 本人いわく、ジェオンみたいに「向こうから言い寄ってきているだけ」とは言ってました。

ちなつ うわー、ズルい男! 私はまさにナビ的な立場になったことがあって……。人間としてめちゃくちゃ魅力的で、彼のまわりにおそらく10人前後の女がいたと思うんですが、「オレは誰とも付き合えない、縛られたくない。けどおまえがほかの男と付き合うのは嫌だ」とぬかすようなやつで。彼の“お気に入り”の1位だったらしく、クリスマスや誕生日などイベント時に一緒にいられる権利みたいなものももらいました(笑)。だから、「一緒にいて楽しいのに、恋愛観だけわかり合えない」というナビの絶望はわかる気がしました。

――では、ジェオンの言動の中で、「これこそモテしぐさ!」と感じた場面はありましたか?

あけみ 第2話で、学部のみんなで飲み会をやったじゃないですか。そこでセクハラまがいの言動をする嫌な先輩がきて、ナビとジェオンにねちねちと「おまえら付き合ってんだろ」と詰め寄るのに、サラっと「付き合ってませんよ」って言うシーンかな。普通の男だったらキョドって、あんなふうに切り抜けられない。そのあと、喫煙所でまたその先輩がナビを悪くいうのも、凄みを利かせて止めるし。あれはモテる!

ちなつ 私はベタですが、ナビが生理になって焦ってるときに、彼女の腰にジェオンが自分のパーカーを巻いたところかな。大学生でああいうことを臆面なくできるのは、お姉ちゃんがいるか、女慣れしているか。ジェオンは一人っ子っぽいので、ああ女慣れかと思いました(笑)。あとは、ナビが不確定な関係に悩んで、「もう終わりにしよう」といった第5話。それを聞いて、「決めるのはおまえだ」と言ったときに、「出たー! ヤリチンの得意技こと相手任せ!」とツッコミましたよ。

あけみ 言ってた! たしかに2人の関係すべて彼女に決めさせてたし。でもそのシーンで「でも同意してただろ」と言ってたじゃないですか。「別れたくない」というより、ムカついたから「もういいよ」って意味だと思うんですけど。ヤリチンぽさはないんだけど、印象的なシーンでしたね。そこからまたナビに執着するのがよくわからなかったけど。

 でも初めてセックスしてからしばらくは毎日のようにやりまくってる時期が描かれていて、そこで培われたものは2人にとっては結構濃密な時間で、のちに互いに引きずってしまうような確かなものだったんだろうなとは思いました。

ようこ 私はジェオンに対してクズとは感じなかったですね。印象的だったのはボディタッチの多さ・うまさと、終盤まで絶対にナビに「好き」と言わなかったところかな。「キレイ」とか「魅力的」とか気持ちのいい言葉をあれだけいうのに、「好き」だけは言わない。逆に言わなくてもあれだけ女性をときめかせるのだからすごいわ。

――続きは9月20日公開!