• Sun. Oct 17th, 2021

嵐・相葉雅紀、“一般人時代”の番組出演映像を実家で発掘! 『相葉マナブ』で放送試みるも、断念せざるを得なかったワケ

 嵐・相葉雅紀がパーソナリティを務めるラジオ『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)。9月17日深夜の放送回では、嵐の二宮和也と松本潤、さらに生田斗真の3人に“渡したい物”を明かした。

 リスナーから「相葉くんは実家に帰ったとき、家族アルバムなどを見返したりすることはありますか?」との質問が届くと、相葉は「最近はないですけど」と答えつつも、番組の企画などで「小さい頃の写真を使わせてほしい」と依頼されたときは、見返すことがあると発言。この直後、「あ!」と何かを思い出した相葉は、「VHS(ビデオ・ホーム・システム)がようやく出てきたの」と、なくしていたビデオを最近、実家で発見したことを報告した。

 そこには、渡辺徹などが司会を務めていたゲーム情報バラエティ番組『スーパーマリオスタジアム』(テレビ東京系、1993~96年放送)の映像が収められているといい、相葉が一般人時代の小学6年生当時、友人とともに出演したものだという。このビデオを大喜びで家に持ち帰り、その後、自身のレギュラー番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系)でこの映像を放送する話が進んでいたとか。

 しかし、断念せざるを得なかったといい、その理由を「その時の制作会社さんとかがもうなくて、連絡がつかなくて。許可が下りなくて使えなかったの」と告白。なお、相葉は2017年放送の『VS嵐』(フジテレビ系)にて、『スーパーマリオスタジアム』に出演した際、ゲーム対決でたけし軍団のラッシャー板前に負けてしまったことを明かしている。

 加えて、相葉が中学2年生のときに二宮、松本、生田と共に出演した舞台『スタンド・バイ・ミー』のVHSも発見したそうで、「あれ発売してないんだけど、たぶん資料用で撮ってるやつで。それが出てきて、2本」と報告。かなり貴重な映像ではあるようだが、VHSが見られる機材を持っていない相葉は、「(テレビに)出す予定もないから家にあるんだけど……それを見たいのよ、自分で!」とジレンマを語った。

 続けて、興奮気味に「これ(『スタンド・バイ・ミー』)を4枚(DVDに)焼いて、みんな(二宮、松本、生田)に『これ出てきたよ!』って送ったら、相当喜ぶんじゃないかな?」と想像しながらも、資料用映像であるため「遠目なのかもしれない、1カメで」と映りの悪さを懸念していた。

 また、9月15日でグループ結成から22周年を迎えた嵐だが、エンディングで番組スタッフから「毎年、9月15日って日付けを見ると(結成日だと)思いますか?」と問われると、相葉は「思いますね」と即答。かつては地元のお祭りが9月15~17日にあったといい、嵐結成前までは「9月15日って見ると『よっしゃー、お祭りだー!』」と思っていたというが、「やっぱり嵐がデビューしてから、9月15日はお祭りっていうよりも『嵐の結成日だ!』っていうふうに変わりました。いつぞやからか」と明かした。

 この放送に、ネット上のファンからは「小6の相葉ちゃん見たかった!」「お宝映像、『相葉マナブ』で見たかったな~。絶対見たい!」といった要望のほか、「9月15日がお祭りから嵐の結成日に変わった相葉ちゃんの話、感動した」「相葉ちゃん、22周年おめでとう!」といった声が多く集まっていた。