• Tue. Oct 26th, 2021

KinKi Kids・堂本剛、「必ずしも意見が反映されるわけではない」ジャニーズへ複雑な思いを吐露……「やりたいことある」と本音も

 KinKi Kidsの冠ラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)が9月20日深夜に放送された。この日は堂本剛が登場し、ジャニーズタレントの写真やグッズを公式販売している「ジャニーズショップ」の移転について言及した。

 長年、東京・原宿で多くのファンを楽しませてきた「ジャニーズショップ原宿」。8月31日をもって約33年の歴史に幕を閉じ、9月9日に「西武渋谷店」へ移転して営業を再開している。そんなジャニーズショップについてリスナーからメールが届き、「剛くんは行ったことありますか?」と質問が寄せられた。

 これに剛は「すごい昔に行ったことありますけどね。めっちゃ昔に」と回答しつつ、移転については「勝手に急に変わっていくじゃないですか、いろいろなことが」と語り、購入システムが一新されたことにも言及。さらに「僕たちが『ファンの人はこうしたほうがいいんじゃないかと思ってるんだけど、こうしてくれないかい?』って(事務所に)言ったことはないからね」と明かし、「言えないし、言ったとて……ってなるからな」とボヤいた。

 さらに、剛のトークはより深い方向へと進んでいき、「僕が『ファンの人たちはこうしたほうが喜んでくれるだろうな』って思うことが、必ずしも反映されるわけではないからな」と、アーティスト側の複雑な思いを吐露。「ファンの人たちの声を聞いて、『ああしてあげたいな、こうしてあげていいですか?』っていうのが、(事務所側から)『ああ、そうやるならいいよ』ってなるわけではないから。それは時代の流れだと思うしかない」とのことで、自身の意見を通すのはかなり難しいよう。

 とはいえ、「もうちょっとこう、やりたいことあるけどな。僕は僕で。ファンの人と『あんなことできたらいいな、こんなことできたらいいな』っていうのは思うけど」と言い、なかなか実現できないものの、ファンのためにあらゆる構想があると本音を漏らしたのだった。

 この日の放送にリスナーからは、「ファンの人『と』やりたいことがあるっていうのが剛くんらしい」「剛くんはいつもファンのことを考えてくれてるよね。ありがとう!」「剛くんのファンで幸せだな~って思う放送だった」といった感動の声が集まっていた。