• Sun. Oct 17th, 2021

Sexy Zone・菊池風磨、父&弟がYouTubeチャンネル開始! 「息子に迷惑かけないで」「便乗商法」とグッズ販売で批判の過去も

 Sexy Zone・菊池風磨の父で、シンガーソングライターとして活躍する菊池常利氏。今年8月末よりYouTubeのサブチャンネル「TwuNeo」を始動したが、今後は次男・菊池音央氏と一緒に動画を配信していく方針のようだ。音央氏はこのほどモデルデビューも果たしており、今後の活動に注目が集まっている。

 菊池の父・常利氏といえば、「J&T」名義で嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」(1999年)の作詞を手がけた人物。ジャニーズファンにはおなじみの存在だが、一方で、今年に入ってから“風磨の弟”とされる男性が話題に。5月、常利氏がインスタグラムに「かぶせ過ぎだろ?双子コーデ」というコメントと共に掲載した写真に、音央氏と思われる人物が写っており、「風磨くんとそっくり!」などとファンが反応。さらに、同月末には常利氏が「息子に教えてもらってTikTokデビューしてみました!」と、動画投稿アプリ・TikTokのアカウントを開設。こちらにも音央氏が登場し、「弟が顔出ししている」と騒ぎになった。

 そんな中、音央氏は9月18日発売のファッション雑誌「おとこのブランドHEROES」(ダイアプレス)2021年11月号でモデルデビューしたという。同日、常利氏はTwitterで「次男も掲載~宜しくー」と宣伝し、同誌のWEBマガジン「HEROES ONLINE」のサイトでは、「TWUNEさんの次男、菊池音央くんがついにHEROES ONLINEに初登場。本誌掲載に先駆けて、Produced by Liliによる先行イメージムービーを公開します!」と告知。同サイトのYouTubeチャンネルでは、同17日から「菊池音央くん先行イメージムービー Produced by Lili」なる動画も配信されている。

「そして、常利氏はYouTubeチャンネル『TwuNeo』内の動画『これからのTwuNeoチャンネル』(19日配信)で『うちの次男を紹介します』と呼び込み、音央氏が犬を抱えて登場。動画内では“Neo”と名乗っており、モデル挑戦について『難しかったけど楽しかったです』と、緊張気味に話していました。さらに、常利氏はYouTubeに関して『2人でいろんなとこ行ったりして、いろんなことやったりして、楽しんでみようかな』『基本的にホント、2人で。2人だけでやっていこうかなと思いますけど』と語っています」(ジャニーズに詳しい記者)

 これを受けて、Twitterや動画のコメント欄では「音央くん、めちゃくちゃカッコいい! 動画楽しみにしてます」「これからの更新が楽しみ」「音央くん、風磨くんにそっくり! 一緒にテレビ出てほしい」「つねパパと風磨の弟が何かを始めるみたいなのでワクワクする」と、期待の声が上がっていた。これから音央氏がどんな活動を行っていくのか不明なだけに、Sexy Zoneファンも気にかけているようだ。

「しかし、常利氏については、一部ファンから“風磨に便乗してる”と指摘されたことがあります。というのも、自身のブログに風磨のプライベート情報や写真を掲載したほか、『息子も着用している』ことを匂わせてオリジナルグッズの販売をしていたのです。そのため、当時は風磨のファンから『これって便乗商法じゃない?』『息子に迷惑をかけないで』などと批判を受けていました」(同)

 常利氏と同じように、King&Prince・平野紫耀の弟で、アパレルブランド「RKS RICKY(リクスリッキー)」の代表・平野莉玖氏の活動にも、否定的な声が上がっていた。

「莉玖氏は自身が“平野紫耀の弟”だとは明言していないものの、紫耀がジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s webのブログに『RKS RICKY』のロゴ入りTシャツを着た写真をアップしたこともあり、彼らが兄弟であることは、ファンの間で周知の事実になっています。莉玖氏は過去に歌手活動をしていましたが、今年5月にSNSで『アーティストとしても復帰し、只今多くの曲を作成中ですので楽しみに待って頂けると嬉しいです』と予告。さらに、10月15日には『平野莉玖スタイル&フォトブック RIKU』(主婦と生活社)が発売となりますが、一部ファンの間では『兄のファンを相手に商売する気?』『平野の弟、さすがに勘違いしすぎでは?』などと言われていました」(同)

 ちなみに、9月2日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、弟の活動について見解を尋ねた際、ジャニーズ事務所は「弊社は関知しておりませんが、引き続き、平野紫耀を応援してくださる皆様に誤解を招くような表現のないようにして参ります」と回答したという。

 熱心なファンはジャニタレの家族にも興味を持って動向をチェックしているようだが、それが時に迷惑がられることも。元KAT-TUN・田中聖は、弟のSixTONES・田中樹のファンに噛み付いていた。

「今年6月、SixTONESファンのあるTwitterユーザーが、聖のタトゥーについてツイート。SixTONESのグループ名から連想できる“宝石の絵文字”に似たデザインのタトゥーが入っているのではないかとつぶやいたところ、聖本人が『いや、入ってるんだけど入ってると何?』『ファンが使ってる“絵文字”を隠せない手の甲にタトゥーで入れてると思ってるって事?』『しんどい』などとリプライを送ったんです。これだけでなく、何かと聖の言動を樹に結びつけて『匂わせ』などと反応する一部のSixTONESファンに対し、たびたび不快感をあらわにしています」(同)

 今のところ、期待の声が多い菊池家のYouTube活動。風磨にもその家族にも、悪影響が出ないことを願うばかりだが……。