• Fri. Oct 29th, 2021

2021年版「月見バーガー」格付け! マクドナルド・ケンタッキー・ロッテリア、プロが勧める“No.1”は?

「おいしいごはんが食べたい、でも自炊するのはめんどくさい!」そんなズボラ女子の救世主といえば、コンビニ・ファミレス・ファストフード! 毎日の食事をおいしく楽チンにするため、管理栄養士・猪坂みなみ先生に、さまざまなテーマに合わせた「おすすめメニュー」を聞いちゃいます。

マクドナルド・ケンタッキー・ロッテリア、2021年版「月見バーガー」格付け!

 ファストフードで“秋の味覚”といえば、各社がこぞって発売している「月見」メニュー。卵を満月に見立てたバーガーが中心ですが、人気のファストフード店では、ソースや具などを変化させながら、個性を出しています。そこで今回は、管理栄養士の猪坂みなみ先生に、人気ファストフード店「マクドナルド」「ケンタッキー」「ロッテリア」の月見メニューを栄養面から比較してもらい、おすすめNo.1の店舗を発表。また、健康に気を使いながら楽しむための「セットメニュー」も紹介しちゃいます!

マクドナルド

――各社の「月見」メニューに使われている主な食材、カロリーなどを教えてください。

月見バーガー エネルギー:408kcal、脂質:22.9g、炭水化物:28.4g
チーズ月見 エネルギー:458kcal、脂質:26.9g、炭水化物:29.0g
濃厚とろ~り月見 エネルギー:515kcal、脂質:30.8g、炭水化物:32.9g

猪坂みなみ先生(以下、猪坂) まず、マクドナルドの「月見」メニューは、白ごま付きのバンズに、100%ビーフのパティと目玉焼き、スモークベーコンがサンドされています。ソースは濃厚なトマトクリーミーソースですが、マクドナルドのほかのメニューや、ケンタッキー、ロッテリアの月見メニューと比べて、最も低カロリーで炭水化物量も少なめなのが特徴です。

 「チーズ月見」「濃厚とろ~り月見」は脂質の多いチーズがプラスされている分、普通の「月見バーガー」よりはエネルギーが高めになっています。

ケンタッキー

とろ~り月見チキンフィレサンド エネルギー:458kcal、脂質:22.6g、炭水化物:39.0g
とろ~り月見和風チキンカツサンド エネルギー:520kcal、脂質:26.8g、炭水化物:45.1g
とろ~り月見チーズチキンフィレサンド エネルギー:499kcal、脂質:26.0g、炭水化物:39.2g
とろ~り月見チーズ和風チキンフィレサンド エネルギー:562kcal、脂質:30.2g、炭水化物:45.3g

猪坂 11種類のハーブ&スパイスでジューシーに仕上げたチキンフィレとレタス、目玉焼き風オムレツを全粒粉バンズではさんだバーガー。ソースは風味豊かなオリーブオイル入りマヨソースが使われています。チキンフィレはヘルシーなイメージのある鶏肉ですが、油で揚げているため脂質が多く、高カロリーなので要注意。

ロッテリア

和風半熟月見 絶品チーズバーガー エネルギー:446kcal、脂質:24.9g、炭水化物:35.4g
和風半熟月見 エビバーガー エネルギー:548kcal、脂質:33.1g、炭水化物:45.9g
和風半熟月見 リブサンドポーク エネルギー:562kcal、脂質:31.9g、炭水化物:42.4g

猪坂 「和風半熟月見 絶品チーズバーガー」は、粗挽きの牛肉に2種類のナチュラルチーズをトッピングしたパティに、半熟タマゴをのせてバンズで挟んだメニュー。ソースは和風しょうが醤油で、マクドナルドやケンタッキーと比較しても、より和風テイストの強い味に仕上げられているのが特徴です。

 「和風半熟月見 エビバーガー」のエビパティは揚げられている上に、脂質の多いタルタルソースが使われているため高カロリー。「和風半熟月見 リブサンドポーク」は、レタスやスライスオニオン入りで野菜も摂れますが、ポークパティは脂質が多いため、その分高カロリーになっています。

――健康を考えながら「月見」メニューを楽しみたい人に、おすすめのセットを教えてください。まずはマクドナルドから。

猪坂 月見メニュー3種の中では一番脂質が少ない「月見バーガー」をメインに選び、「えだまめコーン」をプラスするといいでしょう。生野菜を摂れるという点では「サイドサラダ」を選ぶのもアリですが、実は「えだまめコーン」のほうが食物繊維が圧倒的に多いので、こちらを選びました(えだまめコーン:2.9g/サイドサラダ:0.8g)。

 食事の最初に食物繊維を摂ると、糖質の吸収をゆるやかにして血糖値の急上昇を防止してくれるため、糖質や脂質を多く含むファストフードを食べるときは、特に意識して摂取しましょう。また、バーガーだけでも糖質や脂質が多く高カロリーなので、ドリンクは糖分を含まないものを選んで、カロリーオーバーを防ぐのがおすすめです。

――続いて、ケンタッキーのおすすめセットを教えてください。

猪坂 月見メニュー4種の中で一番脂質が少ない「とろ~り月見チキンフィレサンド」をメインにしましょう。ケンタッキーのメニューはどれも塩分が多めなので、ポテトを一緒に食べると、過剰摂取が気になります。バーガーのソースを半分にしてもらったり、前後の食事は薄味にしたりと、調整してほしいですね。

 また、野菜が足りないので、サイドメニューを合わせるなら「コールスロー」がおすすめ。ドリンクはマクドナルド同様、糖分を含まないものを選んでください。

――最後に、ロッテリアも解説をお願いします。

猪坂 メインは、月見メニュー3種の中で一番脂質が少ない「和風半熟月見 絶品チーズバーガー」が良さそう。とはいえ、ロッテリアはほかの2店よりも高脂質なメニューが多いため、ポテトを合わせるのはあまりおすすめできませんね。

 足りない野菜を補うために「カップサラダ」を追加して、野菜から先に食べて血糖値の急上昇を防止しましょう。ちなみに、「カップサラダ」のドレッシングはコールスロードレッシングとごまドレッシングのどちらかを選べますが、栄養価的にはそこまで大差ないため、好みのほうを選んでOK。ただし、脂質や塩分のとり過ぎを避けるため、ドレッシングは全部かけずに半分だけにするなど、自分で調節すると良いですね。ドリンクはほかの2店と同様に、糖質を含まないものを選びましょう。

――ズバリ、3店の中で最も健康的に「月見」メニューが楽しめるのはどこですか?

猪坂 ポテト以外のセットメニューを選びやすい点から考えて、マクドナルドが一番かなと思います。ケンタッキーとロッテリアの場合、セットメニューには必ずポテトが付いてくるので、サラダなどを追加するにはバーガーを単品で選ぶ必要があり、ちょっと面倒ですよね。また、マクドナルドの「月見バーガー」は、他店の「月見」メニューも含めて全ての中で最も低カロリーなので、サイドメニューも合わせやすいでしょう。

 ハンバーガー系のメニューは、ひき肉や揚げる際の油、ソースなどで脂質が多くなり、野菜の量も少ないため、どれも「健康に良いメニュー」とは言いにくいです。しかし、毎日食べるわけでなければ、そこまで神経質にならなくても大丈夫だと思いますよ。

 その他、不足しがちな野菜類を前後の食事でしっかり摂るようにしたり、脂肪蓄積が進みやすい夜ではなく昼に食べたりと、いろいろな工夫をしながら、おいしく健康に「月見」メニューを楽しんでください!
(文:佐藤真琴)

猪坂みなみ(いのさか・みなみ)
管理栄養士。大学卒業後、大手食品メーカーにて商品企画や研究開発などに従事。ダイエットアドバイザー、料理研究家助手、医療ヘルスケアベンチャー企業の商品企画職等を経て、現在はLINEで気軽に取り組めるパーソナルダイエットプログラム「ダイエットナビ」の運営や、ヘルスケア領域の新規事業開発アドバイザリー、法人向けの健康経営サポート等を行う。
HP「Diet Solution Lab