• Tue. Oct 26th, 2021

小室圭さんバッシング記事で、“弱い庶民いじめが大好き”と自ら暴露した「女性自身」

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 休養中だった深田恭子が、都内で行われた映画『劇場版 ルパンの娘』の完成披露舞台あいさつに登場した。思った以上に元気そう。よかった! だってドラマの『ルパンの娘』(フジテレビ系)、超面白かったから。ゲラゲラ笑えた。映画も見たい。元気でセクシーな深キョンや、脇を固める役者たちの過剰な怪演ぶり、そして、ありえない展開のこの物語を楽しみたい。

第571回(9/22〜9/28発売号より)
1位「小室圭さん 『会見には出ない!』『呆れた逃避癖で』眞子さま単独釈明」(「女性自身」10月12日号)
2位 「松本人志 大晦日特番『もう限界』還暦直前の驚変身!」(「女性自身」10月12日号)
同「『笑ってはいけないシリーズ』 完全終了のピンチ」(「週刊女性」10月12日号)
3位「尾身茂氏理事長務める医療機構の職員&看護師が怒内部告発 『天下り経営陣の暴走コストカットで命が救えない!』」(「女性自身」10月12日号)
※女性セブンは合併号休み

 小室圭さんへのバッシング報道が、またまた大加熱状態になっている。帰国が決まり、ニューヨークでちょんまげ姿がキャッチされ、そして無事帰国と事態は動いたから。もちろんマスコミは大フィーバー、またしてもバッシング報道を繰り広げている。

 その内容もなんでもありだが、急先鋒の「女性自身」も小室さん叩きに余念がない。まず眞子さまと小室さんの年内結婚に関し「まったく説明のないまま結婚に向けた準備が進んでいることに、違和感」だってさ。そもそも宮内庁から正式に発表がないんだから、小室さんが説明できるはずがない。

 さらに結婚が既成事実として報じられたことで、世論も“諦め”ムードなどと嘆いているが、既成事実として報じたのは「自身」も、だろう。さらにニューヨークでフジテレビの直撃を受けた小室さんの髪型を嘲るようにこう批判する。

「浪人のようなポニーテール姿――。いったい、どういうつもりなのか」
「髪型のチョイスだけでなく、常識破りの行動はとどまることを知らない――」

 そしてフジテレビ記者の直撃に一言も答えなかった小室さんを非難する「自身」。しかし、もし小室さんが何か言葉を発していたら、その内容がなんであれ、揚げ足をとってバッシングするのは、どこのどいつだ?

 要するに小室さんは現在、何をやっても叩かれるのだ。しかも気の毒なことに、こうしたマスコミの一方的な報道に反論することが事実上不可能な立場なのが今の小室さん、そして母・佳代さんだ。それをよーくわかった上で、バッシングを繰り返すマスコミ。まさに卑劣であり、お得意の弱いものいじめの典型だろう。

 そもそも本欄でも何度か指摘したが、小室叩きの発端となった母親の金銭問題にしても、摩訶不思議なものだ。婚約していた男性から約400万円の金銭を援助してもらっていたシングルマザーとその息子。その後、男性から一方的に婚約破棄され、にもかかわらず女性側は援助の清算を打診する。しかし男性は「返してもらうつもりはなかった」と答えたため、女性は「解決済み」と理解した。

 だが、その1年後、男性が金銭の返金を手紙で求めてきたため、女性は返事を書いた。それから4年以上がたったが、同じマンションに住む男性からは金銭について何も話はなかった。が、その後、息子は高貴な女性と婚約が内定。すると男性は週刊誌に金銭問題について暴露した――。

 怖い。さらに問題解決をしようとする母子に対し、別れた女性と直接合うことを条件にする男性。怖い。

 しかしマスコミは、そんな“事実”はお構いなし。この男性から会って話を聞いた記者は、ほんの一握りにもかかわらず、である。

 そしてマスコミの卑怯、卑劣っぷりを示すこんな一文が「自身」に掲載されていた。

「記者たちも小室さんに対して出あれば疑惑を追及できますが、皇族でいらっしゃる眞子さまに対して厳しい質問はできません。眞子さまも小室さんを守るために、単独釈明も辞さないご姿勢だといいます」

 高貴な方には弱腰だが、弱い庶民いじめはすっごく得意で大好きだと自分で暴露してしまった「自身」だった(笑)。

 年末恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない』(日本テレビ系)が今年の放送を休止することが発表された。その理由を「女性自身」では、“松本人志の体力の問題”とともに、“後輩芸人が活躍できる環境作り”と松本の“美談”として解説、また「週刊女性」では広告費の減少で制作費が大幅に削られたこと、コロナ禍で収録が難しくなったことが指摘されている。

 そして2誌ともに今年8月、番組に対しBPO(放送倫理・番組向上機構)が審査に入ったこととの関連を強く否定するのだ。

 おいおい、何を言っているんだ? BPOと関係ないわけないじゃない。この問題は8月、BPOが「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」に対し、審議入りを決め、公表したというもの。出演者に痛みを伴う行為を仕掛けて、それを笑うという「苦痛」を笑いのネタにする番組に対し、「不快だ」「いじめを助長する」などの意見が継続的に寄せられているため審議入りしたというものだが、これはテレビ局に激震をもたらした。

 しかし、テレビ局が恐れたのはBPOだけではなかった。それがダウンタウンの存在であり、吉本興業の存在。BPO審査が理由で番組が休止になったとなれば、ダウンタウン、特に“天皇”とまで称されるようになった松本に傷がつく。是が非でも守らねば! ってな感じで、今月27日には日本テレビは定例社長会見で「(番組休止BPO審議と)まったく関係ない」と否定。

 さらに、その会見内容を御用マスコミも大々的に報じる事態となっていた。「自身」も「週女」もそのひとつ、というわけだ。まさに松本・吉本による大本営(笑)。

 月明けには緊急事態宣言が全面的に解除されるようだが、「女性自身」が興味深い記事を掲載している。政府分科会会長の尾身茂会長が理事長を務める地域医療機能推進機構(JCHO)の組合書記長と、この機構の傘下病院の看護師が、コロナ患者受け入れや補助金、そして労働環境についてなどを内部告発しているから。しかも注目すべきは、この組合書記長は実名を出して告発しているということ。この告発を重く受け止めたい。