• Tue. Oct 26th, 2021

HiHi Jets・橋本が“腰の限界”を明かしファン「大丈夫?」、7 MEN 侍はSixTONESコラボで「おとなしい」!?【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、9月23日~9月29日公開の動画を注目度順にチェックします!

HiHi Jets・橋本、腰の不調を告白し「大丈夫?」と心配の声

 HiHi Jetsの動画は、通常回の「【THE FIRST TAKEプレゼン版】10秒で説明せよ!」(26日)と、プロモーションである「【挟まれろ~】サンドされたら勝ち!」(27日)の2本が配信されている。1本目は、ミュージシャンによる一発撮りのパフォーマンスを公開するYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の世界観から着想を得た“一発勝負”にチャレンジ。別スタジオに1人ずつ移動し、モニターに表示されたお題について、「10秒で説明」するという企画だ。

 お題は「ウサイン・ボルト」「本能寺の変」など絶妙に解説が難しいテーマばかり。特に作間龍斗の場合は“人はパニックになるとこうなるんだ……”という見本のようなリアクションで、動揺した末に「うわ~~~」と叫び出してしまった。2本目はモンデリーズ・ジャパン株式会社の商品「リッツサンド」とのコラボレーション動画。ミニゲームに挑戦し、「リッツサンド」の「サンド」にかけて、中間にあたる2~4位の人しか同商品を食べられないという1本だ。

 チーズサンド、チョコサンド、バニラサンドが定番だが、橋本涼は「リッツ、塩合うぜ」と、普段から食べていることをアピール。猪狩蒼弥が「かかってますよね? (リッツに)塩、そもそも」と確認すると、橋本は「“追い塩”する」と明かしたが、モンデリーズ・ジャパンの担当者は「初めて聞きました」とのこと。ちなみに、橋本はお塩をまぶすのではなく、「つけて」味わっていたとか。

 その後は紙ヒコーキ飛ばし、頭脳バトル、スクワットの回数で勝負。本来なら筋肉自慢の橋本がスクワットは有利そうだが、「腰を実はやっちゃっています。非常に激痛が走っています」と告白し、高橋優斗は「あ、そうなんだ!」と驚嘆。早々と終えた橋本は「右腰が限界なんです」と明かしていた。

 当時、彼らは舞台『少年たち 君にこの歌を』に出演しており、この動画も公演後に収録されたもの。それだけに、ファンからは「はしもっちゃん、腰を痛めてたんだ……スクワットやめたのは賢明な判断」「橋本さん、腰は大丈夫? もう治ってるといいな……」「腰が痛いことをメンバーにも言わずに舞台に立ち続けたのは、覚悟と優しさなんだろうな」「橋本さん、腰を痛めてる中で舞台に立つのはスゴい。どうぞお大事に」と、橋本のプロ意識を称える声が相次いでいる。再生回数は1本目が19万台、2本目は18万台(10月1日時点)。

 24日の動画は「7 MEN 侍【SixTONESとコラボ】連想ゲームでガチバトル!」。先輩であるSixTONESとのコラボレーション企画で、「オノマトペ連想ゲーム」で対決している。「オノマトペ」とは、物事や事象を表す時に用いる擬音語と擬声語を指す。それぞれのチームから代表者1名がオノマトペでヒントを出し、残りのメンバーがそのお題を考えるというゲームだ。

 1問目は見ている側も一緒に回答を想像できるものの、それぞれ2問目は“本人たちにしかわからないのでは?”といったヒントになっていたため、視聴者にとっては難問だろう。ちなみに、後輩の7 MEN 侍は緊張気味で、いつもよりおとなしかったが、SixTONESのほうは足を組む、椅子に浅く座るなど終始リラックスしていた。また、同日アップのSixTONESのチャンネルにも7 MEN 侍が登場しており、「SixTONES -7 MEN 侍と2年ぶりコラボ!」では「誰が一番ロックか決めてみた!」という企画を行っている。

 コメント欄などでは「SixTONES兄さんとのコラボ、最高すぎる!」「SixTONES先輩とのコラボうれしい。おとなしい7 MEN 侍を見れる貴重な回だね」「SixTONES×7 MEN 侍は神! SixTONESの無茶ブリについてく7 MEN 侍が面白かった」「SixTONESさんの受け答えが本当に面白かった! 侍たちがおとなしくて可愛い」と、ファンが盛り上がっていた。

 なお、新型コロナウイルスに感染し、9月10日に復帰を果たした菅田琳寧は前週の「7 MEN 侍【世界のスープ】味だけで国名を当てろ!?」(17日更新)には不在だったが、今回は全員で出演。そのため、「6人が揃っている時にSixTONESとコラボしてくれてうれしい!」「直近の撮影ですか? 琳寧くんがいてうれしい」との感想も上がっている。再生回数は7 MEN 侍が前週より大幅アップの55万台、SixTONESの動画は70万台を記録していた(10月1日時点)。

 28日の動画は「Aぇ! group【ラストはガチ寝坊!?】ニセ心霊スポットで1泊2日~4/4~」で、7日より始まった“ニセ心霊スポットドッキリ”の最終回だ。今回、いかにもお化けが出そうな怪しい屋敷に1泊することとなったAぇ! group。スタッフがメンバーにウソの情報を吹き込んだため、すっかり騙されている一同はビクビクしながら一夜を過ごした。そんな中、寝る場所が決定し、「目覚まし時計ナシで朝日を見よう!」と題したゲームに挑んだ。

 携帯電話なども使わずに起床し、朝5時~から15分の間にかまどの前に集合できればセーフ。午前1時30分から順番にそれぞれの寝床につくと、最年少の佐野晶哉は日本人形の部屋に1人、福本大晴は“外で寝袋”と、過酷な環境に置かれていた。さらに、スタッフが女性の声などを流して脅かし、「こっわ!」(佐野)「これ放送できる?」(草間リチャード敬太)「マジでやばくないですか?」(正門良規)と恐怖心MAX。

 果たして、6人全員で朝日を見ることはできたのかどうか、さらにネタバラシの過程はぜひ今動画をチェックしてほしい。個人的な注目ポイントは、小島健が末澤誠也に抱きついて寝ていたシーンだ(10分35秒頃~)。

 手の込んだドッキリだったため、コメント欄などでは「スタッフさんが人形とか用意したり、音出してくれたりしたからこそ盛り上がった企画。スタッフさんに感謝」「笑いあり、怖さあり、Aぇ! groupの仲の良さ、優しさを感じることのできる最高の企画だった。スタッフさんもお疲れ様でした」「メンバーを怖がらせるための仕掛けを考えてくださったスタッフさん、ありがとうございました」と、スタッフへの感謝の言葉も多く見受けられた。再生回数は10月1日時点で27万台。

 23日の動画は「Travis Japan【アポなし旅】仙台から東京へ…1泊2日のドライブ旅~爆睡で起きない朝編~」。宮城県・仙台から東京まで、撮影交渉や車の運転もすべて自分たちで行うアポなし旅の第6回だ。栃木・ホテルニュー塩原に到着後、先方のご厚意でボウリング、吉澤閑也による舞踊ショー、卓球大会、夕飯とさまざまなイベントを楽しんだ一行。今回は「波乱のベッドタイム編」として、まずは貸切風呂で旅の疲れを癒やした後、寝所の争奪戦へ。

 場所の希望を募ると、宮近海斗&中村海人が挙手。すると、松田元太は中村に向かって「お前は聞かなくても(わかるから)好きにして。あそこでしょ?」と促し、本人もすんなりと奥の寝室に消えていった。順調に振り分けが決まる中、プライベートの旅行かのようにリラックスしていたのか、七五三掛龍也が私物の携帯電話を操作し、注意される一幕も。ちなみに、松倉海斗は中村と同室になったが、「俺、結構、寝相悪いからさ。寝相が悪くて蹴り入れちゃうのもマジで怖いし……」と、なぜか恐れている様子。中村は「お前の中で俺は何なの? 悪魔なの? 別にそんな怒ったことないじゃん」とあきれていた。

 翌朝、午前6時に集合するはずが、全員が大寝坊。起こされたメンバーたちは最後に松倉と中村の寝室を訪れ、ハケを使ったくすぐり攻撃、バズーカ型クラッカーをお見舞いするも、反応はなし。ようやく事態に気づいた中村は大きく息を吸った後に、「チッ!」と舌打ちする有り様だった。そして、お世話になったホテルをチェックアウトし、久しぶりに松倉が運転を担当。この段階で中村はすでに目を閉じており、車内でも眠る気満々だった。

 そんな中、中村以外の6人の会話は弾み、松田が松倉に「情報を得たんだけど、今、おパンティー穿いてないんでしょ?」と振ると、「そうなんですよ。パンツ穿いてないで、アクセル踏んでる。マジ俺カッケー!」と衝撃告白。彼らはコンサートツアーのため仙台に宿泊していたが、用意する下着の枚数を間違えてしまったとか。その前の3分25秒頃、浴衣を着た松倉が立ち上がった瞬間、周囲が「パンツ穿いてない」「危ない、危ない」と止めていたため、前夜の時点で“ノーパン”だったのだろう。

 一方、中村はほとんどカメラをお気にせず、うつむいておやすみモード。寝床は優先されるわ、起きたら舌打ちするわ、車に乗れば爆睡……と、かなり自然体だが、着飾っていないあたりが彼の魅力でもあるのかもしれない。七五三掛が私物の携帯をイジるシーンをはじめ、素のTravis Japanがたくさん見られる回となっていた。こちらの動画は約1時間20分遅れで更新され、再生回数は10月1日時点で46万台。

 25日に更新されたのは「美 少年【THE SECOND TAKE】同じドッキリでもう1度リアクション!!」(再生回数は10月1日時点で20万台)。前週は「THE FIRST HAIR MAKE」と題して、メンバーがヘアメイクする模様を公開していたが、今回はまったく別ジャンルの「THE SECOND TAKE」なる企画だ。スタッフが6人それぞれにプチドッキリを仕掛けた上で、さらにもう一度同じドッキリを実施。2つの映像を確認し、どちらが本当のファーストリアクションなのかをほかのメンバーが当てるというもの。ドッキリだとは知らずに引っかかった時の反応と、ネタバラシを受けた後の“演技”が楽しめる1本となっている。

 片方は“ヤラセドッキリ”になるため、VTRを見る本人たちにとっては恥ずかしいのか、1人目のメンバーは「やめて!」「今後、ドッキリかけられる時、やりにくいから!」と大照れ。とはいえ、彼らは日常的に一緒にいる仲だけに、「なんか、歩き方カッコつけてね?」「左向くの早くね?」「わかりやすい」と、メンバーならではの発見ポイントも多かったようだ。

 そんな中、1人だけ周囲を欺いたメンバーがいたほか、金指一世のVTRで、5人はこの日一番の大爆笑。最後は「俺らだからわかるんじゃない?」(那須雄登)「ほかの人はわからないと思う」(佐藤龍我)と話していたが、6人のウソのリアクションを見破れるかどうか、ぜひ動画で確かめてほしい。

 美 少年ファンからは「新鮮な企画で面白かった! みんな的確すぎて、さすがメンバーだなと思った」「お互いのドッキリを見ている時、みんなが細かい違和感にも気づいていて、さすがグループ5年目だなと感じた」「美 少年ってみんな仲良いんだなってあらためて思えた。最高の動画!」「何回見ても物足りないぐらい見応えがあって楽しい」「メンバーそれぞれのドッキリ、腹抱えて笑った」と、好意的なコメントが多く上がっていた。

 29日の動画は「少年忍者 【全てはドッキリのため…】最強お洒落コーデ選手権!」(再生回数は10月1日時点で14万台)。内村颯太、織山尚大、久保廉、黒田光輝、檜山光成、深田竜生の6人で行うのは「最強! オシャレコーデ選手権」。しかし、以前も私服をテーマにした回だったはずが、「【ドッキリ企画】たらいチャレンジで勝負服がびしょ濡れ!?」(今年3月31日配信)というドッキリだったため、メンバーは疑心暗鬼に。深田以外は前回と別のメンバーだが、今回も自分たちの勝負服がずぶ濡れになってしまうのではないかと危惧していた。

 洋服選びのテーマは「クリスマスにぴったりなコーデ」。おしゃれ番長・織山は「優勝候補」と目されていたものの、本人は「女の人に好まれる服を着ないんで」「絶対ダメですよ、僕は……」と、あまり自信がないようだった。そのままコーデ企画は順調に進み、各々があこがれのテートプランなども踏まえた上でセレクトした服を紹介。中でも、あまりオシャレを気にしたことがないという16歳・久保は大照れしてしまい、赤いパーカーと同じ色に見えるほど赤面していたのだった(可愛い)。

 こうして無事に6人分のファッションショーが終了したものの、最後にスタッフがカンペを出し、本題は「検証企画! 水が入ったビニール袋に鉛筆を刺しても水濡れしないって本当!?」だと発表。その模様は次回の動画で公開されるとのことだ。

 なお、コメント欄やTwitter上では「檜山くんのロングコートとサングラスがカッコいい」「オールブラックコーデの檜山くんは、いつもよりも大人っぽさが増していて、カッコよすぎ!」「織山くん、顔良すぎだしセンスも良すぎ!」「織山くんの“自分を持ってるファッション”が好き」「初のランウェイで恥ずかしがってる久保くんがめっちゃ可愛かった」と、メンバーのセンスを評価するコメントが続出していた。