• Tue. Oct 26th, 2021

King&Prince・高橋海人、メンバーの“パンツ”事情を初告白! 「みんなこれです」「武器ですから!」と豪語のワケ

 朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)内で放送されている“暮らしにまつわる悩み”を解決するコーナー「解決!King&Prince」。10月4日の放送回では、高橋海人が家事アドバイザー・毎田祥子先生の指導で「いろんな物のたたみ方」に挑戦した。

 毎田先生は、高橋が出演していたドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)を熱心に視聴していたようで、リモートで対面するなり「高橋くんの名演技素敵でした」と大興奮。ドラマで高橋は、実家のラーメン屋を一人で切り盛りする姉を手伝いながら、偏差値28の学年最下位から東大を目指す瀬戸輝を演じていたが、「ラーメン屋さんも無事元に戻ったし、大学も合格できたし」と先生は感極まった様子で、しかし他局のドラマとあって、高橋は「あ、それ以上はちょっと……あぶない」と、暴走する先生を慌てて制止していた。

 そんな今回は、洗濯物をスッキリ収納できるたたみ方を教わることに。シワシワのパンツを見た高橋は「パンツは武器ですから! たまにパンツが(ズボンから)チラっと見えたときにシワシワだったら、ファン2~3人は減ると思うんですよね。パンツ大事です」と独特のこだわりを告白。さらに、スタッフから「高橋君、パンツは何派?」と聞かれると「本邦初公開ですよ。ボクサーパンツです」と回答し、「メンバーみんなこれです」とメンバー全員が“ボクサーパンツ派”であると明かした。

 その後は、縦収納ができる「四角たたみ」を基本にした靴下やTシャツ、ジーパンのたたみ方を教わり、すべて収納すると再び「パンツは武器です」と強調。さらに、雑然としていたタンスが見違えるほどキレイになったのを見て、「以前とは見違えるほど“変わり果てた”姿」と言葉を誤用したまま説明し、スタジオで見ていた風間俊介らから爆笑されてしまった。

 そして最後は、かさばりがちなレジ袋を“小さなトートバック風”にたたむ方法を教えてもらうことに。「小学校の頃に折り紙が上手すぎて、女子が周りに集まってきてた」という高橋は、器用な手先で綺麗にレジ袋を折りたたむと、「これめちゃくちゃいいこと教わったな」と感動。そして、衣装のオーバーオールの肩紐のボタン部分にレジ袋を引っ掛けると、店員に「レジ袋いります?」と聞かれた際に、すぐに取り出せて「いらないっす。これで!」と返事できるとアピール。スタジオの水卜麻美アナウンサーから「かっこいい!」との声が上がっていた。

 またこの放送にファンかは「キンプリは全員ボクサーパンツ派なの海人くんにバラされた(笑)」「パンツは武器なんだね(笑)」「キンプリって、無自覚でお互いの情報を惜しみなく教えてくれるよね」との声が多く寄せられていた。