• Sun. Oct 17th, 2021

DaiGo、2カ月ぶり復帰で「攻撃的な雰囲気なくなった」!? YouTubeでのアンケートには「シナリオ通り」疑う声も

 生活保護受給者やホームレスへの差別発言で批判を浴び、YouTubeやSNS投稿を自粛していたメンタリストのDaiGoが10月5日、約2カ月ぶりにYouTubeの動画投稿を再開した。ネット上では「お帰りなさい」と復帰を喜ぶファンがいる一方で、同4日に実施したアンケートが物議を醸している。

「DaiGoは、8月7日にYouTubeで行ったライブ配信で、『自分にとって必要のない命は、僕にとって軽いんで。だから別にホームレスの命はどうでもいい』などと発言をしたほか、12日のライブ配信でも『残念ながら僕を叩いている人よりも、僕は彼らのことを保護してますよ』『なんでかっていうと、税金めちゃくちゃ払ってるから』などと話し、ネット上で大炎上。この騒動を受け、DaiGoは14日のライブ配信で『僕と同じような考えを、ひとりでも減らせるように活動をあらためていきたい』と謝罪し、活動を自粛していました」(芸能ライター)

 謝罪動画公開から約2カ月後の今月5日、DaiGoは「断食の科学~細胞レベルで人生変わる15のメリット」と題した解説動画を公開。動画内で騒動に触れる場面はなく、通常運転に戻った印象を受けるが、視聴者からは彼の“異変”を指摘する声が相次いでいる。

「これまでの動画は、DaiGoが話している姿を定点カメラで撮影し、発言を書き起こした質素なテロップが表示されるシンプルな内容でした。しかし、今回の動画では、愛猫のアップから始まったほか、装飾が施されたテロップや効果音がふんだんに使われ、より凝った作りに。解説のポイントや専門用語などがわかりやすくなったため、コメント欄には『音楽と文字でよく編集してあって、前より見やすくなりました』『編集版動画、めっちゃかっこいいですね』『ポップになってすごくイイ感じです』といった書き込みが寄せられ、おおむね好評のようです」(同)

 さらに、動画の概要欄には、解説する上で参考にしたネット記事のリンクが貼られているが、これまでは1~2個程度だったのに対し、今回の動画では30以上ものURLが掲載されている。

「参考文献が増えたことに対し、『うさんくささが薄れた』『これまでは1つの研究結果を例に挙げることが多かったけど、広く調べるようになったのは良いこと』などと好意的に受け止める視聴者も多いようです。加えて、以前のDaiGoの様子と比較して『物腰が柔らかくなった』『攻撃的な雰囲気がなくなった』との指摘も散見されることから、騒動をきっかけに本人の意識に大きな変化が生じた可能性もありそう」(同)

 そんなポジティブな声が相次ぐ一方で、ネット上では「あれだけの差別発言をしておいて、しれっと復帰?」「騒動にまったく触れないし、反省したのかわからない」と厳しい意見も見られる。

 また、動画公開前日の4日に、自身の復帰時期を探るようなアンケートを行っていたことに対する疑問の声も少なくない。DaiGoはYouTubeチャンネルのコミュニティ欄でアンケートを実施。「そろそろYouTubeチャンネル再開しましょうか?」とファンに質問し、「Yes」「No」の2つの選択肢が用意されている。

「このアンケートに対し、『“そろそろ”とか言ってる時点で反省してなさそう』『信者に肯定してもらおうとしないで、自分で判断すればいいのに』と違和感を覚える人もいるようで、中には『YouTubeのコミュニティ欄なんて、信者しかチェックしてないでしょ』『Twitterのアンケート機能を使ったら、結果は違ってくるのでは?』という指摘も。メンタリストという肩書ゆえに、『DaiGoのシナリオ通りにことが進んでいる?』と邪推する人も少なくないようです」(同)

 炎上後の“変化”が話題になっているDaiGo。空白の約2カ月間に、一体何があったのだろうか。