• Tue. Oct 26th, 2021

「無印良品」のお菓子、○○はお弁当の保冷剤代わりに! 大人気“不揃い”シリーズに並ぶ「買い」アイテムは?

ByAdmin

Oct 11, 2021

 節約が大好きで、コスパがいいモノに目がない人は、一体どんなものを買い、どんなものを買わないのか――節約好きのFP/ライター・齋藤めぐみが、ありとあらゆるお店のオリジナル商品を独断と偏見でジャッジ! 今回は、定番からオリジナリティあふれる変化球まで幅広く展開する「無印良品」のお菓子の中から、「買い」&「買わない」を3商品ずつセレクトします。

無印良品のお菓子、「これが買い」3選!

不揃いバウムと不揃いスコーン各種(税込150円)

 無印良品のお菓子コーナーでひときわ存在感を放っていたのが、この「不揃い」シリーズ。私が訪れた店舗では、バウム・スコーンワッフルなどが実に20~30種類はあろうかというほどどっさり並んでコーナー化されており、そこを眺めているだけで思わず心が躍りました!

 今回は、その中から季節限定の商品を3点購入し、食べてみることに。「マロンバウム」は栗の甘みと香ばしさのバランスが絶妙で、濃い目のコーヒーや紅茶と相性抜群。「焼きりんごバウム」は、りんごの味がしっかり生きていてシナモンがアクセントになっています。「さつまいもスコーン」は、ごろごろとしたさつまいもが食べ応え120%! 不揃いというハンデを感じさせないほど、どれも最高でした!

ひとくちウエハース チョコクリーム(110g、税込99円)

 このウエハースは、2021年9月より価格が税込150円から99円に変更された大注目商品です。51円という大幅値下げを遂げてもなお、110gという容量は変わらないというのがすごい! 味のほうも価格変更前とまったく変わらず、その品質やおいしさはそのままでした。ひとくりサイズでつまみやすく、ウエハースの香ばしさと濃厚なチョコクリームが口の中で溶け合う瞬間はまさに至福の時。

 今回、私が購入したのは「チョコクリーム」ですが、もうつの「バニラクリーム」も同容量・同価格でおいしそうでしたよ! 150円でもすでにコスパの良いお菓子だと思っていましたが、それがまさかさらに安くなってしまうとは! 無印へ行って、見つけたら即買いをオススメします!

冷やしておいしい 果汁100%ゼリー 3種のフルーツ(18g×24袋、税込390円)

 こちらは、3種類の味が楽しめるフルーツ果汁100%ゼリーです。冷やしても凍らせてもOKということで、子どものおやつやお弁当の保冷剤代わりにぴったり! 試食すると、これがまた本当においしくて驚きました。濃厚なフルーツ果汁の味をしっかり感じる贅沢な逸品となっており、駄菓子のゼリーとは明らかにランクが違います!

 さらに、親目線としてはこのゼリーが袋入りというところも大変お気に入りです。よくあるカップ型の容器は幼児が一気に飲みこんでしまいやすく、喉に詰まらせてしまう危険性が高いので与えるのに躊躇することも。しかし、袋状なら封の口の広さを親が調節するだけで、子どもは簡単に少しずつ食べ進めることができて安心です。

■高たんぱくのお菓子 ミルクチョコバー(税込150円)

 このミルクチョコバーは、大豆パフで手軽にたんぱく質が摂れるお菓子になっています。大豆パフとは、大豆たんぱくとでんぶん粉からできている材料で、お菓子に入れるとサクッとした軽い食感になるのだそうです。食べてみると本当にサクサクと歯ごたえが良よく、それでいて縦約12cm×横約3cmという大きさが、重すぎず軽すぎず小腹が空いた時には最適なボリュームだと思います。

 しかし、気になる味は、当初私が想像していた以上にビターでした。オレンジピールの強い苦みがおいしくもありますが「苦手な人もいるかも!?」といった印象。甘さ控えめがお好みの人にはオススメですが、チョコの甘さを期待している人にとってはやや物足りないかもしれませんね。

■栗のプチケーキ(6個入り、税込190円)

 こちらは、甘栗のペーストが生地の中に入っているふわふわ食感のプチケーキ。ひとくちサイズなのでお家でのティータイムにはもちろん、ピクニックなどの野外でも食べやすそうです。季節限定なので気になったら早めに店舗へ行ってみて!

 しかし、食べてみて気になったのは、持ち手となるカップ紙の部分がどうしてもベタつくことでした。このご時世で衛生意識が高まっている中、このカップケーキをそのまま人に手渡したり、外で食べたりするのは心配なシーンもありそう。6個も入っていて190円とコスパはいいのですが、欲を言えば個包装になっていたり、少量でもいいのでカップ紙がベタつかないような入れ方になっていたら、なお良かったなと思います。

■プレーンクッキー(190g、税込350円)

 このプレーンクッキーは、直径が約5.5cmと大きめ。幼児でもデコレーションなどがしやすそうなので、アイシングクッキーの素材にぴったりですね! 容量は190gということですが、枚数で見ると私が買った袋には16枚も入っていました。これだけあれば、ホームパーティのようなイベント時でも1袋用意すれば足りそうです。

 ただし、近年は市販のクッキーミックス粉というものが200~300円ほどで売っており、簡単に30~50枚という大量のクッキーが作れてしまいます。子ども用に水だけで作れる粉もあって、コスパで考えれば手作りしたほうが断然お得に。無印良品のプレーンクッキーを買うのは、どうしても失敗が許されない場合に限るのかなと思いました。

【総評】
 無印良品のお菓子は、ちょっとした手土産にぴったりなものばかり! 特に不揃いバウムとスコーンは、今回紹介したものだけではなく、ほかにも何十種類とあるので、その日の気分や贈る相手に合わせて選ぶのがとても楽しいと思います。これまでは文房具や衣服の「ついで買い」感覚で無印良品のお菓子を買っていましたが、近年ますます他ジャンルに負けない充実ぶりが窺えます。まだまだ気になるお菓子があったので、近々また行かなくちゃ!