• Mon. Nov 29th, 2021

『Mステ』なにわ男子への“口パク疑惑”に、「何か迷惑なの?」「歌より武器の顔のほうが大事」とファン擁護

 11月12日にCDデビューするジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子が10月15日、音楽番組『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』(テレビ朝日系)に生出演。デビュー曲「初心LOVE(うぶらぶ)」をテレビ初披露したが、ネット上では「あのダンスで口パクはない」「なんで口パクなの?」と口パク疑惑が浮上している。

 司会のタモリらとのスタジオトークでは、メンバーの西畑大吾が「テレビ初披露ということで、一番うぶな『初心LOVE』になるんじゃないかなと思います。うぶでかわいらしいなにわ男子を、ぜひご覧ください」とカメラ目線でアピール。その後、ピンクの衣装に身を包んだメンバー7人が、終始キラキラとした笑顔を見せながら歌い切った。

「記念すべきテレビ初披露にネット上のファンが沸く中、『初披露なのに口パクで残念だった』『なにわ男子、口パク丸出し。口パクするなら、もっと練習してほしい』『ダンスが激しいならわかるけど、そうじゃないのに口パクは理解に苦しむ』『難易度の低いダンスで口パクするんだったら、もっとパフォーマンスで頑張ってるグループに枠を譲ってあげて』といった厳しい声が噴出。多くの視聴者が『音と口の動きがズレてる』などと違和感を覚えたようです」(同)

 実際、口パクだったかどうかは不明だが、特にリーダー・大橋和也の歌唱パートをめぐり、「大橋くん、歌い忘れた?」「歌ってるのに、口にマイク近づけるの忘れた?」などと物議を醸しているようだ。

「グループ内では歌唱力が高いことで知られている大橋は、ソロパートを任される機会が多く、コンサートやジャニーズの音楽番組『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)では、伸びのある美声を響かせています。そんな彼が今回、口パクでパフォーマンスしていた可能性があるため、『生歌で聞きたかった』と残念がるファンは少なくないようです」(同)

 口パクを疑問視するような声が一部で上がる中、なにわ男子ファンと思しきネットユーザーからは「口パクだとしても、表情とか動きとかで十分表現されてる」「口パクがどうこう言ってる人いるみたいだけど、こんなに顔が美しいメンバーがテレビにアップで映るだけでも十分でしょ」「デビュー前にファンを増やすためには、マイクを下に持ってお顔を見せてくれることが重要。歌より武器の顔のほうが大事」「口パクだとしたら何か迷惑なの? 部外者がストレス発散のために誹謗中傷しないで」などと擁護する書き込みが相次いでいる。

「ジャニーズのテレビ歌唱時における口パク疑惑は今に始まったことではありませんが、最近は生歌で勝負するジャニーズグループも増えていることから、なにわ男子に苦言が集中してしまったようです。ただ、まだデビュー前ということもあり、今回のMステ出演はなにわ男子を知らない視聴者に“顔を売る”ことが最重要という考え方もできるため、ジャニーズ事務所サイドがメンバーに対し、あえて表情作りやカメラアピールに専念させた可能性もあるのでは」(同)

 今回、歌唱力やダンススキルは十分にアピールできなかったかもしれないが、ネット上では「全員顔整ってるな」「みんなキラキラしててかわいい」などと絶賛する声も上がっており、外見を売り込むことは成功していたといえるだろう。『Mステ』をきっかけに、ますますファンが増えそうだ。