• Mon. Nov 29th, 2021

校内暴力、最も多いのは神奈川県 前年比で減少も予断許さぬ状況…加害層が低年齢化

ByAdmin

Oct 18, 2021 ,

 2020年度の小・中・高等学校における暴力行為の発生件数が。前年度比で16.0%も減少した。ただ、20年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校活動が制限されていたため、予断を許さない状況だ。特に、加害生徒の低年齢化は大きな問題だ。

 文部科学省は10月13日、「令和2年度の児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」を発表した。それによると、小・中・高等…

続きを読む