• Mon. Nov 29th, 2021

関ジャニ∞・横山裕、“気遣いエピソード”に安田章大が困惑!? 過去に断れなかった「勝手なお願い」とは?

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)の10月18日放送回は、新企画「KTカード」を実施。横山裕の“気遣いエピソード”が明かされた。

 今企画は、関ジャニ∞イチ気を使う横山と、女性芸人随一の気遣い屋であるお笑いコンビ・蛙亭のイワクラが、テーマに合わせた自身の気遣いエピソードを披露。より気を遣いすぎだと思ったほうを支配人の安田章大が判定するというルールだ。

 まずは、イワクラが「電話・メール」をテーマとして、「連絡先を交換した人からメールをもらって返事をする時に“!”をつけるかどうか迷って3時間くらいかかってしまう」と告白。このエピソードに横山は「確かにちょっとわかるわ」と共感し、「例えばこっちから“今日はありがとうございました”みたいなのを送った時に、スタンプで返ってきたら、もうその人にはLINEできんわ」と、“返事が面倒なのでスタンプを返した”と思うのだとか。判定人の安田は「ちょっと待って。これ自分の見解じゃ追いつかんわ!」と困惑し、2人の会話は理解不能な様子。

 一方、横山のテーマは「食」ということで、焼肉屋に行ったときのエピソードを披露。店のサービスとして、自身が苦手な脂身の多い肉や、嫌いなキムチ、漬物を出されたものの、「お店の方のご好意なので、『ありがとうございます。めちゃくちゃおいしそうじゃないですか』って一応言うんですけど、(店員に)見えてない瞬間に弟に一気食いさせて……」と、店のサービスを断れないと告白。なお、この対決はイワクラの勝利となった。

 第2対決では、イワクラが「メイクさんに右眉を描いてもらって、左眉を描き忘れてるのに気を使って言えない」と告白。化粧道具を持っているのにもかかわらず、自分で描いたらメイクさんに失礼だと思い、左眉はそのままにしていたという。横山はまたしても「いやわかる、その気持ちわかる」と共感したが、やはり安田は「なんでわかるん? なんなんもう、異世界なんやけど」と戸惑うばかり。

 その後、横山は「電話・メール」をテーマとして、タクシーに乗った時のエピソードを披露。運転手の娘が横山のファンだったため、運転手が娘の携帯に電話して横山と話をさせようとしたが、「タクシー運転手からの勝手なお願いも断れない」とのこと。

 運転手の娘と話をした結果、「目的地着いて2,270円ぐらいだったんですけど、そしたらその運転手さんに『あーもう2,200円でいいです』って言われたの」と料金をおまけしてくれたものの、たったの“70円引き”だったため、「え、70円? と思って。言いたくないよ俺も。でもめちゃくちゃ悲しくなって……」と本音を吐露し、安田も「俺のメンバー横山を70円にすんなよ!」と笑いながらツッコんでいた。ちなみに、この判定は横山の勝利だった。

 この放送にネット上では、「横山くんも蛙亭イワクラさんも、意味がわからないほど気を使ってて疲れそう」「横山くんの優しいところ、大好きだけどね」「横山さんってめっちゃ気遣いの人なのに、メンバーにはほぼ気遣いしないの尊い」などコメントが寄せられていた。