• Sun. Dec 5th, 2021

サッポロ一番のバズレシピ【ラー飯】作ってみたら、想像超えるウマさだった!! 絶妙すぎる味付けにハマる、ガッツリいける!

 10月23日放送の『ジョブチューン』(フジテレビ系)で、サッポロ一番 塩ラーメンのアレンジレシピが紹介される。サッポロ一番といえば、誰もが知る定番のインスタントラーメン。そんな国民的ラーメンを、有名ラーメン店の店主がアレンジするという。

 一方、ネット上で話題の料理人といえば「バズレシピ」こと「リュウジ@料理のおにいさん」だろう。簡単においしくできるレシピが数々のヒットを飛ばしているが、サッポロ一番のアレンジレシピも、もちろん発表している。いくつかあるアレンジレシピのうち、実際に作って「日本中に全力でオススメしたい!」と感動したものをあらめて紹介したい。

****************

料理がまったくできない主婦の私。料理は夫担当になっていますが、子どもが大きくなるにつれ、私も作らなアカンときに見舞われるように。まずはツイッターで人気の簡単レシピから料理にチャレンジ!

今日のレシピ:【ラー飯】

 ラーメンを砕いてご飯と炒めるという発想の素晴らしさに感動して、今回張り切って挑戦してみた。先に言っておく。完全な男飯でマジうまい! 調味料は一切使ってないのに、ラーメンの中に入ってる付属のスープなどで完璧な味付けが完成する。市販のラーメンを使って、こんなに簡単においしいソバメシができるなんて。これは日本中に全力でオススメしたい!

 料理手順はこちら。

1)フライパンに油大1入れ豚肉60g入れ炒め、砕いた麺と水150cc入れ蓋し2分
2)水分が飛んだらご飯200gと付属のスープ炒め、卵入れ蓋をし半熟にし黒胡椒、小葱で完成

(レシピ考案者:リュウジ@料理のお兄さんバズレシピ

 実際に作ってみましょう!

 ご飯の200gを計るものがなかったのでお茶碗1杯分を用意した。しかし、料理のできる旦那に「200g言うたらそれの倍やな」と言われたので、実際に使ったご飯はこの画像の倍でした。豚肉を簡単に刻みました。

 サッポロ一番を袋の上から、手でしっかりと砕きます。しかし……思ったより硬いラーメンが袋越しに私の手をことごとく攻撃してきて手が痛い。包丁の裏で袋の上から叩くことにしました(正解かどうかはわからない)。

 炒めた豚肉に、砕いたラーメンを入れて、水150cc加えたら蓋をして2分待ちます。

 2分経過し水分が飛んだか確認。大丈夫そうだったのでご飯200gと、ラーメンについていた付属のスープ(3種類)を一緒に炒めました。

  そして「卵入れ蓋をし半熟に」をやりたかったのですが、待てど暮らせどなかなか卵が半熟というか白っぽくならない! 焦げそうやけど混ぜたら卵潰れるし、「どうしよ……」となっていました。

 「あ〜!! これ以上待ったらお焦げを通り越して完全に焦げそうや!」とギリギリ、卵が半熟になりだしたかなぁで、仕上げのネギをトッピング。

 完成! 焦げてないのか? 結構長い時間(弱火で5分くらい)、卵が半熟になるのを待っていたので、底が焦げていないかとっても心配でした。しかし! 完成した「ラー飯」は卵も半熟、砕いたラーメンとご飯が軽く「お焦げ」状態。勝利の予感……。

 お焦げの様子もみてみましょう。

 ジャン! わかるかしら伝わるかしら。ラーメンとご飯がちょっと「お焦げってる」のが!

 これ絶対おいしいはず。もうすでにラーメンのような、チャーハンのようないい匂いがしている。食べてみましょう!

 夫と一緒に唸ったよね……。「この味、センスある〜!」って。リュウジさんのセンスなのか「サッポロ一番」にセンスがあるのか、そこはよくわかりませんが、ラーメンについていた付属のスープだけでここまでしっかり味付けできる!? と衝撃。醤油味にうっすらごま油風味が漂って、食欲そそる。ガッツリいける。

 面倒臭くても、卵とネギは絶対あったほうがおいしいよね~とも思いました。香ばしいソバメシならぬ「ラー飯」のレシピ考案者であるリュウジさんも言っていましたが、この「お焦げ」が本当に香ばしくてマジおいしいです!

 ちなみに、今回はネギすら切るのが面倒だったのでスーパーに売ってる刻んであるネギを使った。つまり私は今日、豚肉を切っただけ、なんなら豚肉も細切れ買ってきたらもう包丁もいらんやん! 次はそうしよう。

 半熟卵に少し時間がかかったものの、この味に出会えるならば、何回でも作りたいと思った1品でした。

【総評】
もう一度作りたい度:★★★★★(ハマる。私はハマりました)
ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★☆(半熟卵の工程をマスターできれば私でも再現可能)
子どもウケまたは夫ウケ:★★★★★(男の好きなガッツリ飯といった感じです)

※2020年7月1日初出の記事を再編集して掲載しています