• Mon. Dec 6th, 2021

Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、『めざまし』で苦手な○○にチャレンジ!? ジャージで登場するも「うわ~」とボヤき!

 Hey!Say!JUMP・伊野尾慧が木曜レギュラーを務める『めざましテレビ』(フジテレビ系)。11月11日の放送では、メンバーの知念侑李と伊野尾のツーショット写真が公開された。 
 
 伊野尾がオフショット写真などを紹介する「いのおピクチャー」では、今月28日に始まるコンサートツアーのリハーサル中に撮影したという、知念とのツーショットを披露。腕を伸ばして自撮りする伊野尾と、屈みながらピースをする知念が寄り添いあって写る1枚だった。

 この写真を見ながら、伊野尾は「有観客でのライブが久しぶりなんで、みんな『楽しみだね~』なんて話もしながら毎日リハーサル頑張ってるので、ぜひ楽しみにしていただけたらなと思います」とファンにメッセージ。知念との“密着具合”には触れなかったが、スタジオの永尾亜子アナウンサーからは「恋人同士に見えますね」とコメントされていた。 
 
 その後の「イノ調」では、「ゆるスポーツ」を伊野尾が調査。誰でも楽しめる“ゆるいスポーツ”のことで、ジャージで登場した伊野尾は、昨年開発された「ARゆるスポーツ」に挑戦した。

 しかし、番組スタッフから「やりましょう」と声をかけられると「うわ〜運動苦手だわ……」と小声でボヤく伊野尾。とはいえ、「ARゆるスポーツ」はビデオチャットでつながった相手とパソコン越しに行う競技で、体を動かすような内容ではないとのこと。まずは「まゆげリフティング」という、20秒間まゆげを上げ下げし、回数の多い人が勝利する競技に挑戦したところ、伊野尾は「ARゆるスポーツ」開発者に17対13で勝利していた。 
 
 その後は、制限時間内に変顔を連発し、その回数を競う「フェイスビルディング」にも挑戦。伊野尾は20秒間、アイドルらしからぬ変顔をしまくって75回というスコアを収めたものの、開発者は102回を叩き出したため敗北。しかし、「“スマイル・チャージ”いつもやってるからね、『めざましテレビ』で!」と、番組内のエクササイズコーナーの名前を出し、うれしそうな姿を見せていた。 
 
 さらに、寝転がった状態で行う「イモムシラグビー」や、プレイヤーの「トントン」という声に合わせて土俵が振動する仕組みを使った「トントンボイス相撲」などを楽しみ、最後には「この競技をする中で、障がいがある方々の大変さやスゴさとかを感じることができるのが、ゆるスポーツの魅力ですね」と伝えたのだった。
 
 この日の放送にファンからは、「伊野尾ちゃん、ジャージ姿似合ってる!」「ガチスポーツは苦手だけど、ゆるスポーツは得意なんだね」「変顔しててもかわいい伊野尾ちゃん、さすが!」といった声が集まっていた。