• Sun. Nov 28th, 2021

日曜劇場『日本沈没』第4話、視聴率15.5%を記録も登場人物の“不倫”に「最悪」「胸糞すぎ」と批判噴出!

 小栗旬主演のTBS系「日曜劇場」枠ドラマ『日本沈没―希望のひと―』の第4話が、11月7日に放送された。世帯平均視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、依然高い数字を記録しているが、ネット上では、とある登場人物の行動に批判が集まった。

 第3話のラスト、国家機密であるはずの関東沈没の可能性を大手新聞が報道。さらには、総理大臣・東山栄一(仲村トオル)がこの件について会見をする予定だとも報じられたことで、日本中は混乱をきたすこととなった。政府の諮問機関である「日本未来推進会議」メンバーの1人で、経済産業省の官僚である常盤紘一(松山ケンイチ)は、環境省の官僚・天海啓示(小栗)が新聞社に情報を流したのではないかと疑う。

 そんな中、官邸は記事を書いた人物が週刊誌記者・椎名実梨(杏)であることを突き止め、東山は彼女を呼び出すが……といった内容だった。

「いよいよ“日本沈没”が現実となり、関東在住の国民は地方へと避難を始める中、天海が椎名に情報をリークしたことが発覚し、彼は日本未来推進会議の中での立場をなくすことに。また、別居中の妻・香織(比嘉愛未)との離婚を決意し、福岡に避難しようとする彼女と娘に会いに行くと、そこにはすでに、香織の新たなパートナーがいたのです」(芸能ライター)

 この場面について、ネット上では「妻が不倫してたってこと? まだ離婚前だよね?」「すごいサラッと流されたけど、離婚してないのに男を作るって最悪でしょ……」「展開が胸糞すぎて見る気失せたわ」など、香織の不倫に批判が噴出。

 なお、公式サイトによれば、パートナーは「野田満」という人物で、暴走族の総長を務めた経歴を持つ落語家・瀧川鯉斗が演じる。瀧川はこれが地上波ドラマ初出演となるが、ネット上ではキャスティングも物議を醸している。

「瀧川は出演に先駆けて、『TBSの看板ドラマでの地上波ドラマデビューはうれしかったです』『17歳の頃に「俳優になりたい」と思っていた夢がこうして叶うなんて』などと、各メディアに喜びのコメントを寄せていました。ファンからは『落語家の時と雰囲気が全然違う。名優かも』と評価する声もありますが、『俳優はたくさんいるんだから、プロを出してほしい』『なんで落語家? 若手俳優とかでよかったのでは』といった疑問や、『元暴走族とかじゃなく、普通に頑張ってる人に日が当たりますように』など、経歴に絡んだ批判も見受けられます」(同)

 はからずも、本筋とは離れたところで批判を浴びた『日本沈没』第4話。今後は、ストーリーそのもので視聴者を釘付けにし、挽回してほしいものだ。