• Mon. Dec 6th, 2021

人気カップルYouTuber・夜のひと笑い、破局直後にそれぞれ炎上! 「性格悪い」「デリカシーない」と批判のワケ

 チャンネル登録者数161万人を誇る人気カップル系YouTuber・夜のひと笑いの“こう”と“いちえ”が11月9日、自身のチャンネルで破局したことを報告。併せて、これからも変わらず2人で活動を続けていくと発表したが、そんな矢先、別の動画が引き金となり「こうくんが痛々しい」「いちえちゃんが苦手になった」などと、それぞれバッシングを浴びている。

 5年ほど交際し、約2年にわたってYouTubeで活動してきた2人は、今月3日配信の動画で「無期限活動休止」を発表。この時点で理由については伏せられていたが、9日公開の動画で「お別れすることになりました」と破局を報告した。

「こういわく、破局の原因は浮気やケンカではなく、『最近、カップルというよりかは、親友に近い関係になってきた』からだとか。別れても“仲良し”であることを強調した上で、こうは『いちえと一緒にどんどん面白い動画を作って、いろんな人を笑顔にしたい』と、これからも変わらずYouTuberとして活動を続けていくと宣言しました。コメント欄には、『お互いを思ってお別れできるなんて、すごく素敵』『2人で活動を続けてくれるのが何よりうれしいです』など、2人を応援する書き込みが寄せられています」(芸能ライター)

 今後の活動が期待されている2人だが、破局報告から2日後の11日に同チャンネルで公開された動画「別れたばっかりやから際ど過ぎる質問コーナーしてみたw」が物議を醸している。

 同動画では、視聴者から寄せられた「やってみたい企画は?」との質問に答える形で、こうが「彼女オーディション」を挙げ、「俺に見合う女性を、いちえが今度チェックしてくれます。まず、体の相性が合うかどうか、まず第一審査」と発言。これに、いちえが「じゃあ、一回ヤるってこと?」「嫌や、そんな。最悪や!」と驚くも、こうは気にせず「まず全員とヤります」「全員とエッチをする。俺のことを好きな人が来るから」「チューしたいから、虫歯検査(もする)」などと続けている。

「コメント欄には『2人がこれでいいなら全然いい!』という意見も見られますが、暴走気味のこうに『こうくんの発言がキツイ』『形が変わっても応援していこうとは思ったけど、冗談でもファンとどうこうするみたいな発言は引く』『元カノになったとはいえ、いちえちゃんの前でデリカシーない発言多すぎない?』『別れてるとしても、お互いのこと思いあった発言してほしい』『元カレがあんな発言してたら普通に嫌だ』などと、拒否反応を示す書き込みも相次いでいます」(同)

 この動画の公開時、「いちえちゃんがかわいそう」と同情的な声が集まっていたが、この数日後、今度はいちえが“別の場所”で炎上する事態となってしまった。

「人気YouTuberコンビ・スカイピースのチャンネルでは12日、コムドットや中町兄妹など人気YouTuber10組が参加した“大運動会”企画の様子を公開。夜のひと笑いも参加しましたが、この際、いちえの発言や行動に批判が相次いだのです」(同)

 特に問題視されているのは、くれいじーまぐねっと・UraN(ウラン)をバカにしたような場面と、スカイピース・テオくんに勢いよく抱きついたシーンだ。

「いちえは、UraNの胸が揺れた際に大笑いしながらジェスチャーで再現したり、UraNがいない場面で彼女をイジったりしていたため、ネット上では『UraNちゃんがかわいそう』『いちえちゃん好きだったのに、性格悪くてガッカリ』『運動会の動画で、いちえちゃんがかなり苦手になった』などと、不快感をあらわにする視聴者が続出。また、『テオくんに抱きつくだけじゃなく、いつも横にいるのが気になる』『いちえ、絶対テオくんのこと好きじゃん』などと、スカイピース・テオくんに“アピール”しているとの指摘も相次ぎましたが、これに関しては後日、いちえが自身のインスタグラムで『テオくんの事は好きではありません! 人として心から尊敬してるし先輩として大好きです!』(原文ママ)と釈明していました」(同)

 破局直後に、それぞれが好感度を下げてしまった夜のひと笑い。“カップル系YouTuber”から、“炎上系YouTuber”にならないといいのだが……。