• Mon. Dec 6th, 2021

ジャニーズの釣り好きは、嵐・大野智とWEST・濵田崇裕!? 大物釣り上げ「カッコいい」!

 ジャニーズWESTの冠番組『パパジャニWEST』(TBS系)。11月16日の放送回では、「あの顔が見たい!クレイジーハッピー大作戦」という新企画が始動した。

 同企画は、ジャニーズWESTメンバーが子どもにサプライズを仕掛け、狂喜乱舞させることを狙う内容。今回はお寿司が好きな男の子のために、メンバーが男の子の自宅に“巨大回転寿司”を用意することになった。

 メンバーごとの役割り分担は、藤井流星、重岡大毅、中間淳太がプラレールで作った寿司レーンを設置し、神山智洋と桐山照史は回転寿司チェーン「スシロー」で握る技術を学ぶことに。また、小瀧望と濵田崇裕はネタとなる魚を釣るために海へ向かった。

 “釣り組”の2人は、集合時間の深夜3時に合わせ、この日はなんと深夜2時起き。午前5時半に漁港に着いた時点では、2人とも「早すぎますわ」「眠い」と訴えていたが、WEST随一の釣りマニアで釣り雑誌にも登場したことのある濵田を、小瀧が「釣りといえば、濵ちゃん!」と囃し立てると、濵田も「そうです!」とドヤ顔を見せて元気になっていた。

 そんな2人はプロの釣り師に船を出してもらい、マダイとカンパチを狙うことに。小瀧は「釣りたい、釣りたい!」と無邪気にはしゃぎ、濵田は「そんなすぐには釣れない」と達観していたが、開始から10分で小瀧がヒットし、あっさり本命のマダイが釣れた。

 実は濵田、「釣りが得意」と公言しておきながら、これまでテレビの撮影中に釣れたことがないのだとか。小瀧のヒットを前に顔を硬直させていた濵田は、すぐに「来るがな! まあ、待っときな!」と余裕の表情に切り替えていたが、ようやく掛かったフグに仕掛けを切られてしまい、1時間経過しても釣れず仕舞い。その後も小瀧がイナダを釣り上げると、濵田は口では「ナーイス!」と祝福していたものの、目は笑っていなかった。

 しかし、最終的に、濵田にこの日一番大きなヒットがあり、カンパチの釣り上げに成功。これには「でかいぞ! これが俺のカンパチだ!」と大はしゃぎし、その後もアジ、イナダ、カツオを順調に釣り上げ、小瀧と合計で15匹もの魚をゲットしていた。

 この放送に、ネット上では「釣りしてる濵ちゃん、めっちゃカッコよかった!」「ビジネス釣りヤロウからの脱却、おめでとう!」「ジャニーズの釣り好きといえば、嵐の大野智くんと、文句なしで濵ちゃん!」などの声が相次いだほか、新企画に対して「面白かった。メンバーが一緒だとイキイキしてる!」「いつもの孤独な料理対決より、こういうのがいいなあ」「『パパジャニ』に子どもと絡む企画が戻ってきてくれてうれしい!」といった声が上がり、ファンは歓喜したようだ。