• Wed. Dec 1st, 2021

NEWS・小山慶一郎、V6解散ライブで「ファンの皆さんが26年を支えたんだな」と偉大さに感動! 「ファンとの空気が一番感慨深かった」と告白

 NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)。11月16日深夜の放送回では、11月1日をもって解散したV6のライブを見に行った感想について語った。

 この日、V6の解散ライブを見に行ったというリスナーから「ライブに行くと話していた小山さん。印象に残る演出やメンバーの姿、心に響いた言葉などありますか? またまっすー(増田貴久)とシゲさん(加藤シゲアキ)も、それぞれ参加されていたようですが、3人で話したりしましたか?」と質問が寄せられた。

 小山は「3人でよく話します」と言うと、NEWSのメンバーでV6のライブについて「セットはああだったよね。ファンの人との空気はこうだったよね。やっぱりあの曲聞けてうれしかったよね」と語っていると告白。

 また小山にとってV6といえば、ジャニーズ事務所入所オーディションの課題曲がV6の「愛のMelody」だったり、初めて出演した20th Centuryのライブで踊った楽曲が「Believe Your Smile」だったりと、ジャニーズJr.時代の思い出がたくさん詰まっているようで、「この2つの曲がかかったときに、本当はめちゃくちゃ踊りたかったの。客席で」と感情が溢れ出したとのこと。

 しかし、小山が見に行った幕張メッセの席は、「ファンの皆さんから割と丸見えなところの席だったんで。僕はね、みなさんに見えるか見えないかの手だけで一生懸命踊ってました」と説明。

 コンサート見ている間は、「走馬燈のように昔のことを思い出して、V6さんに育ててもらったところもあるし、自分たちもV6さんの背中を追いかけてたんだな、とあらためて感じた」と、V6への思いに包まれていたようだ。

 その中でも小山は特に、V6のメンバーが「ファンの皆さんとともにこの26年間を過ごしてきたんだっていう空気が、一番感慨深かったというか感動したというか」と、目には見えない空気感に感動したという。

 続けて、「やっぱり『いつまでもファンの人がいたから、ここまでやってこれたんだ』っていう感謝を節々で伝えている(V6)メンバーの皆さんの表情とか、様子・言葉っていうのが残りましたね」と語り、「メンバーの皆さんの思いとか努力はもちろんのこと、やっぱりファンの皆さんがこの26年を支えたんだなっていうのをね、見て感じました」と、あらためてファンの力の偉大さを感じたようだ。

 そのうえで、「僕らもこれから20周年を迎えていきますけど、あらためてファンの人とともにそこから先に向かって進んでいきたいな、と思わせてくれるライブでした」と語り、「V6のみなさん本当にお疲れ様でした。そしてこれからも背中を追いかけていきます」と、グループとして区切りをつけた先輩たちをねぎらっていたのだった。

 この放送には、「3人でV6さんたちのライブについて話すNEWS、いいなあ」「V6兄さんのラストライブの話、NEWSの間でもよくするんだね。3人とも行けて本当に良かった!」「V6の空気感、素敵よね。誰一人欠けずに活動しきったこと、本当にすごい!」などの声が多く寄せられていた。