• Wed. Dec 1st, 2021

夜のひと笑い、炎上を謝罪! 「悪気なかった」くれまぐ・UraNイジリを釈明も賛否

 男女2人組YouTuber・夜のひと笑いのいちえが、11月17日に自身のチャンネルで謝罪動画を公開した。いちえは、YouTuberコンビのスカイピースが公開した動画の中で、女性3人組YouTuber・くれいじーまぐねっとのUraNへの態度をめぐり“炎上”したことを受け、動画の中で「悪気はなかった」などと釈明。同席したUraN本人も彼女をフォローしていたが、「結局、ネット上ではUraNの株が上がっただけで、夜のひと笑いには厳しい意見も少なくない」(芸能ライター)ようだ。

 いちえはもともと、彼氏のこうとカップルYouTuberとして活動していたが、9日に公開した動画で破局を報告し、同時に夜のひと笑いとして「今後も2人で活動を続けていく」と報告したばかり。一方、くれいじーまぐねっとはUraN、エア、浅見めいという女性メンバー3人で活動しており、スカイピースが同12日に公開した『【激闘】遂にチャンネル登録者数大運動会で決着!!!!!』という動画で夜のひと笑いと共演している。

「スカイピースはテオくんと☆イニ☆という男性2人組で、熱狂的な女性ファンも大勢います。同動画の中で、いちえはテオくんに抱き着くなどしていたことでもネット上のファンから批判を浴びていましたが、これに関しては後日、いちえが自身のインスタグラムのストーリーズ(24時間限定公開)で『テオくんの事は好きではありません! 人として心から尊敬してるし先輩として大好きです!』(原文ママ、以下同)『勘違いさせてしまって申し訳ありません』などと、テオくんに恋愛感情はないことをアピールしていました」(同)

 なお、運動会動画ではいちえが、小走りした際に胸が揺れたUraNを見て大笑いし、さらにジェスチャーで真似してからかうような姿も映っていたため、ネットユーザーから「いちえちゃん、UraNちゃんをイジって面白がってるなら性格悪すぎ」「ああいうことされたら気分悪いよね。UraNちゃんかわいそう」と厳しい指摘が寄せられた。

「さらに、UraN不在の場で彼女の“全裸”を想定してネタにするような会話が出た時、やはりいちえが大爆笑していたことにも、『ゲラゲラ笑ってるのは引く』『いちえは同じ女性として止めろよ』などと苦言が噴出しています」(同)

 こうした声が届いたのか、いちえは17日に夜のひと笑いのチャンネルで「今回の炎上について。」というタイトルの動画を公開。隣にはUraNが座り、こう、エア、浅見も同席する中、いちえは「このたびは、くれまぐさんのファンの皆様、運動会の動画を見ていた皆様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

■「仲良しアピールしてたけど、やっぱりいちえは調子に乗りすぎ」

「いちえは、UraNと仲良くなったことで『あのイジり方をしてしまって、悪気はなかった』と釈明しつつ、『見てる方に不快な思いをさせてしまったことは事実』として、謝罪を重ねました。一方のUraNは、『(いちえと仲が良いから、炎上の件は)なんでって思ったよね』と笑い飛ばし、自分がいない場で話題にされていたことも『ウチ的にはうれしかった』と主張。その後、いちえを褒める流れになると、浅見が『まだ出してない動画で質問コーナーやって、“付き合いたいYouTuber、女子でも可”(という質問)で、めい(が)「いちえちゃん」って言った』と明かす場面もありました」(同)

 同動画を視聴したネットユーザーからは、「UraNちゃんは心が広くて素敵だね」といった声のほか、「めっちゃ仲良しアピールしてたけど、やっぱりいちえは調子に乗りすぎたよ。UraNちゃんが優しいから助かっただけ」「UraNちゃんがイジりに寛大なだけであって、やっぱりいちえには誰かを不快にさせるような言動には気をつけてほしい」という意見も。

「ひとまずいちえの炎上は落ち着いたようですが、実はこうも、いちえとの破局を報告後、11日に公開した動画の中で“やってみたい企画”に『彼女オーディション』を挙げ、『俺に見合う女性を、いちえが今度チェック』『まず、体の相性が合うかどうか』『全員とエッチをする。俺のことを好きな人が来るから』などとデリカシーのない発言をして物議を醸していただけに、一部で『こうも謝罪すべきでは』と指摘されています」(同)

 UraNの明るいキャラクターに助けられた形のいちえだが、これに続いてこうも謝罪動画を出すのだろうか。