• Fri. Jan 28th, 2022

岡田准一、主演映画『燃えよ剣』興収10億突破も……関係者から不満噴出のワケ

 岡田准一主演映画『燃えよ剣』の公開から1カ月以上が経過した。司馬遼太郎による同題小説を実写化した本作は、岡田以外にも豪華キャストが多数起用された超大作時代劇だが、「一部関係者からは、岡田に対して不満が噴出しているようだ」(芸能プロ関係者)という。

「新選組副長・土方歳三の生涯を描いた『燃えよ剣』は1966年にも映画化しており、連続ドラマや舞台も制作されてきました。最新映画では岡田が土方を演じ、ほかにも近藤勇役を鈴木亮平、沖田総司役にHey!Say!JUMP・山田涼介、芹沢鴨役は伊藤英明、松平容保役を尾上右近、徳川慶喜役には山田裕貴、ヒロイン役に柴咲コウと、主役級の役者が勢揃いしています」(映画誌ライター)

 10月15日に全国363スクリーンで封切られた同作は、公開初週の土日2日間で観客動員15万4,000人、興行収入2億1,400万円を記録し、映画動員ランキングで初登場1位を獲得(興行通信社調べ/以下同)。公開2週目では2位と順位を下げたが、累計動員45万人、興収6億円を突破し、公開からちょうど1カ月(5週目)となる11月15日の発表では、動員77万人、興収10億円を超えたと伝えられていた。

「とはいえ、そもそも時代劇というだけでも制作費がかかりますし、『燃えよ剣』は出演陣のギャラだけでも、国内映画ではトップクラス。興行収入は20億円どころか30億円、40億円と目指していきたいのが制作サイドの本音でしょう。しかし、肝心の岡田が宣伝活動に消極的らしく、一部関係者はヤキモキしているようです」(前出・関係者)

 映画の公開前後には、キャスト陣がPRを兼ねてバラエティ番組にゲスト出演していたが、主演の岡田は不在で、ほかの出演者だけで宣伝を行っていた番組も多い。

「映画公開直後の10月21日、岡田はNHKの音楽番組『SONGS』に出演していましたが、11月1日にV6の解散を控えていたタイミングだけに、映画のPRを目的としたものではありませんでした。岡田はもともとバラエティ出演に積極的なタイプではなく、業界内では『だから俳優に転向した?』とまで言われているほど。俳優として主演作の宣伝をすることも大事な仕事の一つですが、本人は『そこまでやらなくていいんじゃない?』というスタンスだそう。そんな岡田の姿勢に、『燃えよ剣』の制作関係者や一部出演者は、納得していない様子だといいます」(同)

 V6解散により、岡田はなおさらバラエティと距離を置きたい気持ちが強くなっているのかもしれない。映画のヒットを願う関係者のためにも、打開策が見つかればいいが……。