• Thu. Jan 20th, 2022

Month: November 2021

  • Home
  • Snow Man向井康二、デビュー間近のなにわ男子に“ライバル心剥き出し”!?の理由

Snow Man向井康二、デビュー間近のなにわ男子に“ライバル心剥き出し”!?の理由

 10月29日に放送された『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)は「生放送スペシャル2021」。番組としては3年ぶりとなるNHK101スタジオからの生放送ということで、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者、IMPACTorsといったジャニーズJr.勢が歌にトークにゲームにと盛り上がったり、デビュー組のSixTONESやSnow Manなどの生ラ… 続きを読む ...

唐田えりか復帰報道の裏で…東出昌大は“年下彼女”A子さんなしでは生きられない?

 不倫相手の復帰タイミングで新カノ発覚とは、やはり奇縁で結びついているのだろうか。  昨年1月に東出昌大との不倫が発覚し、表舞台から姿を消した唐田えりか。彼女が映画で復帰する予定があると「NEWSポストセブン」が10月28日付けで報じた。 「記事によると、死体役ばかりを演じる冴えない俳優が主人公の映画『死体の人(仮題)』の撮影に参加しているといい、唐田は主人公の恋… 続きを読む ...

田原俊彦、妻と別居し男性とタワマン暮らし! 娘と母に暴露された驚くべき私生活

まだ続く眞子さん&小室系さんバッシング! 女性週刊誌は無理やりでテキトーな報道の繰り返し 下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!  めでたい! 結婚を機に疎遠になっていた小林麻耶と“義弟”市川海老蔵が交流を再開、もちろん甥姪の勸玄くんと麗禾ちゃんとも仲良し復活したらしい。よかった、よかった。次は正式な離婚だな。 第576回(10/28〜11/2発売号より) 1位「田原俊彦 妻子と『5年別居』『音...

マヂラブ野田クラファンで4000万円超え資金獲得!リターンもおもしろすぎ

 ゲームと言えばシリーズものやAAAタイトルと呼ばれる大作がメディアを賑わすことが多いが、少人数や個人で制作するインディーゲーム… 続きを読む

ZOC・巫まろとBiSHプロデューサーの不倫に、「大森靖子はどこまで知ってた?」と困惑の声……“パワハラ音源”流出の原因疑うファンも

 10月28日、ニュースサイト「文春オンライン」が、アイドルグループ・ZOCの巫まろと、音楽プロダクション・WACKの代表を務める渡辺淳之介氏の不倫をスクープ。同日中に両名や、ZOCのプロデューサー兼メンバーである大森靖子も謝罪コメントを発表したが、一部ネット上では「大森はどこまで把握していたのか」と物議を醸している。  2020年3月にZOCへ加入した巫は、15年11月までハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルムに「福田花音」名義で在籍していたため、古くからのファンも多い。なお、彼女を...

佐久間宣行「本質をしゃべるトーク番組が増えすぎた」 テレビの中の本音のようなもの

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(10月24~30日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。 ヒコロヒー「『緊張してます~』っていう、あの変なやつはしないようにしてる」  急激にテレビでその姿を見ることが増えたヒコロヒー。そんな彼女が27日の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演していた。オードリーの若林正… 続きを読む ...

【11月21日(日)15時配信】北村紗衣×飯島弘規オンライントークイベント「『批評の教室』 ホームカミングデー~実践と裏話」開催!

 大人気連載「お砂糖とスパイスと爆発的な何か」の筆者・北村紗衣さんの『批評の教室 チョウのように読み、ハチのように書く』(筑摩書房)刊行を記念して、オンラインイベントを開催します。  発売からわずか2カ月で4刷となった『批評の教室』では、小説や映画、舞台などの作品をいかにして読み、分析し、そして批評するか、非常にわかりやすく、なにより楽しく書かれています。ライターさんだけでなく、より作品を楽しみたいという方にぜひ手にとっていただきたい一冊ですが……「でも実践するのはたいへん」という方もいらっしゃるの...

同性愛を“不毛な恋”として扱う描写も…TBSドラマ『ハンオシ』の価値観は古すぎる?

 現在放送中のTBS系火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』のとある描写が波紋を呼んでいる。  『婚姻届に判を捺しただけですが』、通称『ハンオシ』は、有生青春(ゆき・あおはる)による同名マンガを原作としたラブコメディ。おひとりさまを謳歌していた主人公・大加戸明葉(清野菜名)が、ひょんなことからイケメンエリート広告マンの百瀬柊(坂口健太郎)と“偽装結婚”を申し込まれ、同居生活… 続きを読む ...

伊集院光、パワハラ報道以前からTBSでは「降板スレスレ」だった!?  ニッポン放送へ「“奇跡の復帰”の可能性も十分」か

 11月2日、伊集院光がパーソナリティを務めるラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ、以下『らじおと』)の“来春終了説”を、ニュースサイト「東スポWeb」が伝えた。伊集院をめぐっては、今年9月に「女性セブン」(小学館)が、同番組で共演していた新井麻希アナウンサーへの“パワハラ問題”を報じており、この報道が番組終了の一因になったとみられているという。しかし、「伊集院の降板は、パワハラ報道以前から議題に上がっていた問題ではあった」(TBSラジオ関係者)との声も聞こえてくる。  「女性セブン」によ...

『ザ・ノンフィクション』かき揚げでケンカする介護のリアル「愛する人、見送る私 ~看護師僧侶と3つの家族~」

 日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。10月31日の放送は「愛する人、見送る私 ~看護師僧侶と3つの家族~」。 あらすじ  「看護師僧侶」の玉置妙憂(57歳)。もともと事務の仕事をしていたが、息子のアレルギーをきっかけに看護師になった。47歳のときに夫に末期のすい臓がんが見つかり、最期を自宅で迎えることを希望したため、休職して夫を看取る。その後、僧侶となり、現在は緩和ケア病棟や自宅で最期を迎える人やその家族の話を聞き、寄り添っている。  精神的に不安定な状況のある患者や家族...