• Mon. Aug 15th, 2022

ラーメンの粉末スープでシャカシャカポテトを作るならコレ! 業務スーパー商品、大胆アレンジレシピ3つ

――「節約」と「料理」をこよなく愛する俳優・布川隼汰が、業務用スーパーのありとあらゆる食品を本音でレビュー&「ほぼ100円」の節約レシピを大紹介!

 こんにちは! 業務スーパーなしでは生きられない体になってしまった、業スー俳優・布川隼汰です! 業務スーパーには本当にさまざまな種類の商品がありますが、長く通っていると、だいたい購入品のパターンが決まってきます。すると、作る料理もワンパターンになりがち……ということで、今回は普段のヘビロテ品を一風変わった使い方で調理します。アレンジを利かせて普段の食卓に変化をもたらしましょう!

本日の戦利品はこちら

1.「明星 チャルメラ 宮崎辛麺 96g×5袋」275円

 普通においしい袋麺。ネットで買うと500円近くしますが、業スーなら半額近い275円! 辛さも本格的で、ラクしたいお昼ご飯に最適! 今回は粉末スープを利用したアレンジレシピをご紹介します。

2.業務スーパー「肉肉焼売 30個入り」198円

 冷凍庫にあるだけで助かる業務スーパーの超定番商品。500wのレンジで2分温めるだけで頂ける優れもので、名前の通りお肉もたっぷり入っています。今回はそこにひと手間加えて、別の中華料理風にアレンジ!

3.業務スーパー「チキンナゲット 1kg」498円

 業務スーパーの人気商品。安くておいしいので毎回買うのはいいものの、揚げ油を用意するのが億劫なのと、毎度同じ調理方法になって少し飽きてしまいがち。そこで今回は発想を変えて、ご飯のお供に変身させちゃいます!

 では、これらの戦利品で実際に100円以下のメニューを作っていきます!

(材料)
フライドポテト(シューストリングカット)……250g 50円
「明星 チャルメラ 宮崎辛麺」の粉末スープ……1/2袋 約20円

合計70円

1.フライドポテトをフライパンで揚げ焼きする
2.揚げてよく油を切ったら、ポテトを大きめのボウルに入れ、粉末スープとよく混ぜたら完成!

◎ワンポイント
粉末スープが塊になりやすいので、なるべく大きなボウルで混ぜましょう

◎感想
これ、今まで食べたシャカシャカ系のポテトフライの中で一番ウマいです。味といい、辛さといい、完ぺきでした。自信を持ってお勧めします! 余った麵は、鶏ガラスープと醤油、砂糖でスープをつくればチキンラーメンに早変わりです!

(材料)
「肉肉焼売」……10個 66円
青ねぎ……30g 9円
マヨネーズ……大さじ2 8円
しょうゆ……小さじ1 1円
砂糖……小さじ1 1円

合計85円

1.焼売を解凍し、180度の油で皮がカリッとするまで揚げる
2.ボウルに青ねぎと調味料を混ぜ合わせ、揚げた焼売に絡ませたら完成!

◎ワンポイント
焼売は凍ったまま揚げると跳ねやすく、中まで火が通りづらいので解凍してから揚げるようにしましょう!

◎感想
エビマヨが好きなんです。でもエビは少し割高なんです。そこで焼売の登場です! 皮のカリカリがうまく衣の役割をしてくれて、食感最高! 肉のジューシーさとマヨネーズのコクが合わさって、ご飯がモリモリ進みます。調理も簡単なので、おやつや夕飯のもう一品にも最適!

(材料)
チキンナゲット……6個 66円
卵……1個 10円
玉ねぎ……1/3個 8円 

●しょうゆ……大さじ2 2円
●酒……大さじ2 2円
●みりん……大さじ2 2円
●砂糖……小さじ1 1円
●水……50g 0円

一味唐辛子……少々 1円
黒ゴマ……少々 1円

合計93円

1.●の調味料を鍋で沸騰させ、カットした玉ねぎと冷凍したままのチキンナゲットを入れて、フタをして弱火で5分ほど煮込む
2.溶いた卵を半分回し入れ、フタをして弱火で1分加熱。その後、残った卵を入れ、火を止めて1分蒸らす
3.ご飯に盛り付けて、一味と黒ゴマをかけたら完成!

◎ワンポイント

・卵は2回に分けて入れたほうがトロトロ感が出ます
・甘めが好きな方は、●の調味料に「砂糖小さじ1」を追加しましょう

◎感想
まさかのチキンナゲットカツ重! ナゲットの衣がいい具合に出汁を吸ってくれています。揚げる手間がなくカツ重が作れるのはうれしい! 自分でも「これアリ!?」と驚いたレシピでした。お好みで一味と黒ゴマをかけると七味唐辛子風になります。もちろん七味唐辛子をかけてもOK!

【布川隼汰の近況報告】
所属ユニット『生きることから逃げないために、あの日僕らは逃げ出した』が2度のライブ中止を経て待望の復活公演を開催! 12/28、29日、布川隼汰の渾身の叫びを浴びにきてください!! 日頃のモヤモヤ、悩み、吹っ飛ばします。エンタメの力を、ナメるな。
https://ikinige.therestaurant.jp/