• Mon. Aug 8th, 2022

キズナアイほか、人気VTuberが続々活動休止! 「うつに近い症状」訴える人も

 チャンネル登録者数300万人を誇るバーチャルYouTuber(以下、VTuber)のキズナアイが12月4日、2022年2月26日に開催されるオンラインライブ『Kizuna AI The Last Live “Hello.world 2022”』をもって無期限の活動休止期間に入ると発表。これを受けて、ネット上では過去の炎上騒動を引き合いに出し、同情的な書き込みも寄せられている。

 「世界初のバーチャルYouTuber」として2016年12月にデビューし、VTuberシーンのパイオニアとして、ネットのみならずテレビや広告など多方面で活躍してきたキズナアイ。所属するKizuna AI株式会社は、休止理由を「キズナアイがより成長していくことを目標としたアップデートをするため」としており、今後については「キズナアイとサポートチームで準備を進めているいくつかのプロジェクトがあります」と説明した。

 突然の休止発表に、ネット上では「正直、悲しい。休止っていつまでなんだろう?」と惜しむ声が相次ぐ一方で、「キズナイアイは、最初の人で終わらせるべきでしたね。何号も作りすぎだよ」「昔は見てたけど、中の人が4人に増えてから見なくなった」「ファン心理を無視した展開が多すぎた」といった、冷ややかな声も目立つ。

「キズナアイは19年6月、『より私の可能性を広げていくため』との理由で、初期から活動するキズナアイのほか、2人目のキズナアイであるloveちゃん、3人目のあいぴー、主に中国で活動する4人目・アイガーの4人に“分裂”。これにはネット上で大ブーイングが起き、ファン離れを引き起こしたともいわれています。その後もたびたび炎上騒動を起こしていて、アイガーの“中の人”のものと思われるSNSの裏アカウントに暴言が見つかった際には、中国動画共有サイト・bilibiliの公式アカウントで、10万人規模の“チャンネル登録解除祭り”が起こったこともありました」(芸能ライター)

 ただ、そんなキズナアイを切り捨てず、「このジャンルのパイオニアであるがゆえに、失敗もあった」などと、冷静に分析するファンも少なくない。

「今回の活動休止発表を受け、ネット上では『演者の入れ替えがファンに受け入れられないことを、身を持って示してくれた』『キズナアイがいろいろな前例を作ったから、ほかのVTuberが安心して活動できてると思う』と評価する声や、『急激に伸びたコンテンツだから、利権者が寄ってたかって搾り取ったみたいな感じがある』『キズナアイの運営側も、手探りで大変だったと思う』といった、同情的な声も散見されます」(同)

 今回、キズナアイは「アップデート」という前向きな理由を挙げたものの、近頃、人気VTuberの活動休止が続いたことから、ネット上では彼らのメンタルを気遣う声も増えている。

「今月3日には、バーチャルライバーグループ・にじさんじ所属の黛灰が、来年1月末まで活動を休止するとTwitterで発表。1カ月ほど前から『中等度のうつ状態に近い症状』があったそうで、『配信自体は楽しいしもっとやりたいけど、どうしても解決できず負担になり続けることがあって、配信に至る気力を保てないことが多くなり、今回の決断を取ることになった』などとつづっています」(同)

 同じくにじさんじ所属のラトナ・プティも、10月11日にTwitterで活動休止を発表。うつ病ではないと否定しつつ、「半年くらい前からいろんなことが不安になってしまう病気になってしまいました」「お医者さんや家族と話し合いもして、病気を少しでも治すには時間が必要と判断しました」と伝えている。

 さらに、チャンネル登録者数173万人を誇るホロライブ所属の戌神ころねも、11月9日に“2週間ほど”配信活動を休止すると発表。しかし、同23日には「病院の先生や運営さんとの話し合いの結果、まだ復帰には時間がかかりそうです…必ず元気になって戻るからね」とつづっており、12日7日現在まで完全復帰には至っていない。

「戌神ころねは、配信による睡眠不足などが原因になり、『些細なことでストレスが溜まっている』『自律神経がやられています』と病院で診断されたそう。先月30日には、YouTubeに活動休止前に収録したとみられる“歌ってみた動画”を投稿しており、コメント欄には『また、ころさんの配信見られるの楽しみにしてます!』『休止期間でもころさんを感じられて、うれしい』と国内外のファンから温かいコメントが寄せられています」(同)

 キズナアイのブレーク以降、数多くの人気キャラクターが誕生しているVTuber界隈。彼らにも、体調第一で活動してほしいものだ。