• Sun. Aug 14th, 2022

嵐・櫻井翔、『news zero』で戦争経験者に「殺してしまった感覚は」と質問……ネットでさまざまな意見

 12月6日に放送された報道番組『news zero』(日本テレビ系)で、月曜キャスターを務める嵐・櫻井翔が80年前の真珠湾攻撃に参加した男性に取材。その中の“ある発言”をめぐり、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。

 同特集の冒頭、スタジオの櫻井は「戦争は絶対にしてはいけない……太平洋戦争を経験した方を取材するたびに、必ず出てくる言葉です。今回はちょうど80年前の12月8日、アメリカ・ハワイの真珠湾攻撃に参加した現在103歳の元搭乗員の方にお話しをうかがいました」と取材VTRを紹介。

 映像では、櫻井が23歳当時に魚雷を投下する電撃機の搭乗員として真珠湾軍港への奇襲攻撃に参加した男性と共に、茨城・小美玉市の日本立体を訪れ、攻撃機の初期型のレプリカを見学する様子が流れた。さらに、男性の自宅で戦争当時の話を聞いていた。

「櫻井は『真珠湾の攻撃というのは、どういう攻撃でした?』『そういうとき、どういうお気持ちなんですか?』などと質問。男性は、『アメリカと戦争するとは思わなかった』『戦いに参加させてくれてうれしいなと思ってた』『23歳の若造が死ぬということを決心することは大変なこと』などと当時の思いを丁寧に語り、櫻井は真剣な眼差しで話を聞いていました」(芸能ライター)

 また、櫻井が「戦時中ということはもちろんなんですけれども」と前置きした上で、「アメリカ兵を殺してしまったというような感覚というのは、当時は……」と直接的な言葉で質問を投げかける場面も。

 これに対し、男性は7秒ほど考えてから、「私はですね、『航空母艦と戦艦を沈めてこい』っていう命令を受けてるんですね。『人を殺してこい』ということは聞いてないです。従ってですね、命令通りの仕事をしたんだ。もちろん人が乗っていることはよくわかっていますけど、しかし、その環境というのは私も同じ条件です。ですけれども、後からはですね、それとは切り離すと、『戦争はしちゃいけない』ということをですね、一番身をもって知っているのは、私たちだと思っています」とコメント。

 なお、櫻井が「殺してしまったというような感覚というのは」と質問したシーンは、同番組の公式Twitterなどで事前に公開された番宣VTRでもピックアップされていた。

「放送後、ネット上では『もっと言葉を選んでほしい』『酷な質問。櫻井キャスターの言葉なのか、台本なのか気になる』『「国から命令を受けた時の思いは?」でよかったのでは?』などと疑問視する声が噴出。一方で、『櫻井キャスターが聞きづらい質問をしてくださり、心に強く響きました』『あえてストレートな言葉で質問をしたことで「二度と戦争をしてはならない」の意味が強く伝わってきました』『あの質問が物議を醸してるようだけど、聞く側にも答える側にも覚悟があった。戦争は上滑りなきれいごとで語るもんじゃない』という肯定的な意見も飛び交っています」(同)

 櫻井といえば、6月21日放送の『news zero』でも、太平洋戦争末期に特攻部隊と共に過ごした女性に電話で取材していた。さらに、2015年8月放送の同局『戦後70年特別番組 櫻井翔&池上彰 教科書で学べない戦争』でMCを務めるなど、以前から戦争に関する取材に注力してきたことで知られている。

「櫻井が表紙を務めている今月7日発売の『ニューズウィーク日本版』(CCCメディアハウス)には、2週連続特集として『櫻井翔と戦争の記憶』前編が掲載されるとか。櫻井は、11月15日に更新したジャニーズ事務所公式モバイルサイト『Johnny's web』内の個人連載コラム『オトノハ』で、『取材…というか、もはや研究というか』とつづり、机に資料を広げて何かに取り込んでいると明かしていたため、ファンの中には『戦争について勉強していたのでは?』と予想する人もいるようです」(同)

 戦争経験者に踏み込んだ質問をしたことで、その姿勢が注目されている櫻井。NHKの東京五輪キャスターを務めた際には、一部メディアで「一字一句カンペ頼り」などと揶揄されていたが、今回は彼自身の言葉だったのだろうか。