• Sat. Jan 29th, 2022

【ネタバレ注意】4代目バチェラー・黄皓さん、「僕の脳内CPUがフル稼働してた」シーンを告白! 波乱呼んだ「キス」のワケ

ByAdmin

Dec 11, 2021

 現在、絶賛配信中の、Amazon Prime Video独占配信リアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4。4代目バチェラーを務めるのは、『バチェロレッテ・ジャパン』に参加していた実業家の黄皓さんとあって、同シリーズファンから歓喜と驚きの声が続出。史上最高の注目を集めています。

 前回は『バチェロレッテ』と『バチェラー』の違いや、1~2話の裏話をうかがいましたが、今回は2~3話と婚活バトルが徐々に核心へと近づいていくシーンや加速するスキンシップ(キス)の裏話を、またもグイグイ聞いてみました!

※本記事は一部ネタバレを含みます。

――2~3話では2ショットデートで必ずサプライズローズを渡していますね。自信満々で強烈な印象がある、嘉瀬美月(かせ・みつき)さんに渡した理由とは?

「僕にとって、旅の序盤のローズは“もう少しこの後も一緒にいたい”と思った人に贈っていたので、後半と比べると割とカジュアルに渡していましたね」

――確かに旅が進むに連れて、サプライズローズが少なくなってきてます。

「嘉瀬さんに関しては、運動会も頑張ってくれたし、過去の恋愛のトラウマを話してくれたことや、僕を次の恋愛相手としてみてくれていたこともうれしかったからですね」

――しかし、3話では脱落……その理由は?

「ほかのいろんな女性たちとコミュニケーションを取っている中で、僕と嘉瀬さんは歩み寄ろうと努力はしていたと思うのですが、お互い力んだような関係になってしまっている気がして、“彼女が彼女らしくいれる人はほかにいるんじゃないか?”と思ったからですね」

 サプライズローズをもらったからとて、次も残れる保証なんてないッ! バチェラーはいつでもシビアなのです。

「歴代バチェラーでベストデートだと思う」お相手は?

――2話では、休井美郷(きゅうい・みさと)さんにもサプライズローズを渡していました。

「あんなデートをして渡さない理由なんてないと思いません(笑)!? あれで渡されなかったら人間不信になりますよ笑。無人島に連れて行って、ペイントしてギュッと抱っこして、“それじゃまたねッ!”って渡さないなんて考えられます(笑)!?」

――確かにそうなんですけど(笑)!

「楽しかったし、可愛かったし、大好き! 本当にありがとうって感じのローズでした」

――本当に楽しそうでしたね。

「そうですし、1回目のデートでこれだけ楽しめるってことは、2回目3回目のデートはどれだけ楽しんだろう!? って思いました。僕の中では歴代バチェラーでベストデートなんじゃないかなって思ってます」

――スタジオのMC陣も「ドラマみたい」って言ってました! 2話では3名の女性とお別れし、いよいよ、女性とのスキンシップが大胆になり話題となった3話へと突入します!

――3話では、赤髪でキャラも個性的な桑原茉萌(くわはら・まほ)さんにサプライズローズがありましたね。

「桑原さんは自分と近いタイプだと思っいて、人には見せないけど努力家で繊細な子だと思います。カクテルパーティーとかでも、全体を見て、周りにめちゃくちゃ気を遣っていたので、超素敵な子だなと思っていました」

――そうだったんですね! 上から目線の強気発言がフィーチャーされていたので意外でした。

「可愛いし、若いし、スタイルいいし、最高に良い子だと思ってます(笑)。ですが、僕は彼女の表面だけではなく内側の良いところにも気づけたと思っています」

――そして、ここでついに、これまでの『バチェラー・ジャパン』シリーズでは御法度とも思われていたマウストゥーマウスのキスもありました! ぶっちゃけ、桑原さんから花びら越しのキスがなかったら、「おかわり」でキスすることはなかったでしょうか?

「ど~だろう!? タラレバ的なことは、その時の空気感もあるので、わからないですが、その時は彼女に『目を閉じて』って言われたので、これは来るなとは思ってました。ただ、最初横を見ていたので“ほっぺかな?”と。でも、顔を正面に持ってかれたので“口か!?”と(笑)。僕の脳内CPUがフル稼働してました(笑)」

――花びらを挟んでのキスは見ててもドキドキしましたッ!

「バラの花びらを唇にあてられてた瞬間、“これは花びら越しチュウやな”ってすぐわかりました(笑)。キュンキュンしましたね~! 僕みたいなオジサンにあんな可愛い子が頑張ってくれたので、シンプルに“おかわり”したいって思いました(笑)」

――確かにあれは反則級の技です(笑)。

――さて、2話では料理対決がありましたが、あれは黄さんの提案でしょうか?

「そうです。タイにいてタイ料理ばっかりだったので、ほかのおいしいものも食べたかったので」

――青山明香里(あおやま・あかり)さんの作った料理が女性たちからも酷評でしたが、実際のシチューのお味は?

「味はおいしかったですよ。食感が変なだけで(笑)。僕は普段だったら結構、女の子をイジるんですよ。もし彼女と2人だったら『(野菜が)バッキバキやん』ってイジってたと思います」

――「カレーの具はゴロゴロが好きなほう」など、無理したコメントだったのでは(笑)?

「ほかの女性たちもいたし、ちゃんとTPOをわきまえて、彼女に配慮してのコメントでした」

――さすが、ジェントル黄さんです。でもやはりバッキバキに固かったんですね(笑)。その後は、料理対決で勝った中野綾香さんとのご褒美、ジャグジーデートでしたね。

「料理を食べた時に、バッキバキのシチューを作ったのは青山さんかなと、わかってました。見るからにオドオドしてたんですよね。でも、ほかは誰の料理かわかってませんでした」

――デートに来るまで、誰が相手になるのかわからなかったんですね!?

「はい。ジャグジー(に一緒に入る)デートなんて、結構すごいデートなのに、自分の意思じゃなくて“ご飯のデキで選ぶ”なんて危ない橋を渡っていると思うのですが、でもその相手が中野さんで、彼女も楽しんでくれて良かったです」

――そして彼女ともキス……。

「キレイなビーチ、最高なサンセット、バラの花びらが浮いたジャグジー、時折あがる花火……この状況下、絶対チューしませんか(笑)!?」

――(笑)。雰囲気に酔うことありますよね。

 最後にあざとい女性やローズを渡す順番等、戦略について聞いてみました。

――休井さん・中野さんがあざとさ2TOPとネットでは騒がれていますが、黄さん的にどうですか?

「(あざとさは)わかりますよ。わかっていて楽しんでいます。“あざとさ”は“愛される努力をしていること”だと思うので、大歓迎です」

――ほかにあざといな~って思う女性はいますか?

「計算してあざといっていう子はいない印象だなぁ~。桑原さんはあざといというより、愛される努力はしていると思います。天然で男を落とすあざとさを持っているのは、その2人(休井さん・中野さん)だと思います」

――世間の見解は間違えていないようですね。毎回ヒヤヒヤするローズセレモニーですが、ローズを渡す順番は考えていますか?

「考えていますよ。それが全てではないですが。安心しきってたら“ちょっと意地悪してやろうかな”とかはあります(笑)。桑原さんも『試したから試された』って言ってましたが、あれはその通りです(笑)」

――そういう心理戦もあるんですね!

「押して引いての駆け引きって恋愛でもよくあるし、楽しいじゃないですか!」

――さすが戦略的な実業家の黄さん!!!

 若かりし、キラキラしていた時代は、そんな“恋愛の駆け引き”を楽しんでた自分もいたなぁ~なんて、感傷にひたりつつ、想定外の急展開に目が離せなくなる4話以降も見逃し厳禁です!

 はたして黄さんは、今度こそ運命の女性を射止めることはできるのでしょうか!?

『バチェラー・ジャパン』シーズン4

2021年11月25日(木) 22時よりPrime Videoにて独占配信中(全10話)
1~8話まで独占配信中
12月16日(木)22時 第9話-第10話

製作:Amazon
(C)2021 Warner Bros. International Television Production Limited

番組URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B09KN5Q19K