• Wed. Jan 26th, 2022

刑務作業品のオンライン即売会が年明けまで開催! 元女囚がオススメする「刑務所良品」

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

人気は横須賀刑務所の強力洗剤「ブルースティック」

 あっという間にもう今年も終わりですね。来年はコロナ問題が100パーセント片づくといいですね。

 緊急事態宣言が解除になって、瑠美のお店も再開していますが、まだ様子見のところはあります。ライブや動物園めぐりなど、いろんなイベントがオンラインに切り替わるなんて、ちょっと前は想像できませんでしたよね。

 刑務作業品の展示販売会も、ずっとやっていないと聞いていましたが、2021年12月16日から年明け1月14日まで「ネットDE全国刑務所作業製品即売会2021」が開催されるそうです。

 オンラインやのに日程を区切る意味がようわからんのですが、どんな商品があるのか見るだけでもおもろいので見てみてください。

 瑠美の母校である和歌山刑務所は意外にしょぼくて、エプロンとお手玉しかないんですが、もうひとつの母校の岩国刑務所も、ガラス細工以外はやっぱりしょぼいです。

 人気は横須賀刑務所謹製・強力洗剤の「ブルースティック」や函館少年刑務所の「マル獄」シリーズですね。

 普段はほとんど「在庫切れ」状態なのですが、「ネットDE全国刑務所作業製品即売会2021」の時にはガッツリ納品されるちゅうことなのでしょうか。

 あと瑠美は全然知りませんでしたが、国会議員の河野太郎さんが徳島刑務所謹製の革靴をご愛用やそうで、人気が出てるんですね。

 このほか「くまモン」や「ハローキティ」などキャラクター系も人気やそうです。

 販売はされてないですが、100円均一ショップの下請けをしている施設も多く、ティッシュケースとかツケマとかも作られているのは以前も書いてますね

 瑠美は、バラバラで輸入されてくる中国製クリップをきれいに箱詰めする作業が得意でしたね。ちゅうかヒマやからほかにすることがなくて、ひたすら集中するだけなんですが。

 オンライン即売会はカタログもありますね。

 まな板とかキッチン用品もいい感じですし、変わったところでは仏壇(大阪刑務所)やお神輿(富山刑務所)、墓石(高松刑務所)なんかもあります。ちなみに棺桶も作っていると聞いたことがありましたが、今ググったらないですね。都市伝説なんでしょうか……。でも今は木製でなく段ボール製の棺桶もあるそうですね。

 オンラインでは買えませんが、瑠美的には、やっぱりお弁当とかパンがオススメです。旭川刑務所のAランク牛肉を使ったプリズン弁当のほか、府中刑務所のコッペパンは2時間待ちもザラやそうです。ホットドッグのパンみたいなアレじゃなくて、かなりもっちりして、最近のいわゆる「高級生食パン」に近い味です。

 あと、これも会場限定ですが、「性格検査体験コーナー」もおもろいです。収容される時に、どんな刑務作業が向いているかとか調べるために、実際に使われています。カッとなりやすい人に包丁やハサミなどは持たせられないですからね。ヘタな占いより当たると評判です。知り合いのライターさんは「細かいことにこだわりすぎる」との結果が出たそうで、「余計なお世話です」と怒っていました。

 戻る気はないですが、思えばムショもおもろいところですね。いつか販売会の会場にも来てくださいね。