• Fri. Jan 28th, 2022

『SATC』続編『And Just Like That…』1・2話にファン激怒! 大荒れ展開に……【ネタバレ注意】

ByAdmin

Dec 13, 2021

 1990~00年代に世界中で絶大な支持を得たアメリカドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下、『SATC』)。現地時間12月9日、そのリブート版となるドラマ『And Just Like That…』(以下、『AJLT』)の第1・2話が動画配信サービス「HBO Max」で同時配信された。

 ところが、主人公キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)と “ミスター・ビッグ” (クリス・ノース)との恋愛を20年以上応援してきた熱狂的ファンが最も恐れていた展開となり、Twitterには怒りと悲しみのツイートが続々と投稿されている。

 テレビドラマとしては実に17年ぶりの続編となる『AJLT』。配信前から多くのファンが注目していたのは、『SATC』終了後に公開された映画版1作目で結婚し、2作目では倦怠期を迎えていたキャリーと、ビッグことジョン・ジェームズ・プレストンの関係の変化だった。

(以下、ネタバレ注意)

 第1話の序盤では、キャリーとビッグは幸せな婚姻生活を送っていた。性生活も順調で、週末には2人でニューヨーク郊外のリゾート地ハンプトンにプチ旅行に行く計画も立て、幸せそのもの。

 しかし、第1話が終わると同時に、『SATC』全6シーズンを通してキャリーが強く欲していた幸せも、あっさりと終わってしまう。ビッグが死んでしまったのだ。

 ビッグは、第1話の終わりまでは健康そのもの。キャリーがシャーロット(クリスティン・デイヴィス)の娘リリーのピアノリサイタルを鑑賞するため外出している間、オンラインフィットネス「Peloton」のエアロバイクエクササイズを行っていたが、その内容が彼には激しすぎて、終了後にシャワーを浴びようとした瞬間、心臓発作に見舞われてしまった。

 帰宅したキャリーは、シャワールームに座り込んで意識がもうろうとしているビッグを見てキョトンとするが、すぐにおかしいと気がつき、名前を叫びながら駆け寄り、必死に抱きしめるが、ビッグは息を引き取ってしまう。

 第2話では、キャリーとミランダ(シンシア・ニクソン)が会話をする後方で、死者を覆うボディスーツに入れられたビッグが運び出される様子や、喪主となったキャリーが葬儀を気丈に執り行う姿が描かれた。

 そもそも『AJLT』でキャリーとミスター・ビッグの関係がどのように描かれるのかについては、撮影が本格化した今夏から、いくつかの臆測が流れていた。米ニュースサイト「Page Six」では、「2人は脚本上、離婚協議中だという設定になっている」と報道。英紙「デイリー・メール」が「第1話で誰かが死ぬ」「ミスター・ビッグの可能性が高い」とリークした時には、ネット上は騒然となった。

 しかし、ビッグを演じるクリスが報道後も撮影現場に姿を現していたことから、ファンは「まさか彼が死ぬわけはない。キャリーとビッグの破局を見るために、このドラマのファンになったわけではない」と気を取り直した。そして、死ぬのは「もう『SATC』に出演しない」と宣言しているキム・キャトラルが演じてきたサマンサだと推測されるように。

 そんなことから、この展開にファンは激しく動揺。第2話では葬儀まで執り行われ、『AJLT』では今後、2人のロマンティックなやりとりが見られないのだという現実を突きつけられ、Twitterにはファンの悲しむ声、制作者への批判、応急手当てもせず救急車を呼びもせず、ただビッグを抱きしめるだけのキャリーへの怒りなどが交錯する、大荒れ状態になっている。

 今回配信された第2話には、9月に膵臓がんで亡くなったウィリー・ガーソン演じるキャリーの大親友スタンフォードがたびたび登場。ショーランナー(現場責任者)のマイケル・パトリック・キングは、ウィリーの死を受け、作中でもスタンフォードが死ぬのではないかというウワサに対して、「誰も死なない」と発言していたが、第1話でビッグが急死したため、ファンは今後のキャラクターの生死をめぐり疑心暗鬼になっている。

 なお、キャリーの親友の1人だったサマンサは、『AJLT』では「自分を広報の職から外したキャリーに対して怒り、新しい仕事を見つけてロンドンに引っ越してしまった」という設定に。ただ一方で、ビッグの棺の上に飾られた美しい花を贈るなど、登場はしないもののキャリーに影響を与える存在として描かれており、「ビッグを殺したからには、サマンサをドラマに復帰させてほしい」と望む声も出ている。



 ビッグの心臓発作のきっかけとなった「Peloton」もTwitterで大バッシングされたが、その後、ビッグを演じるクリスがドラマに登場した実在の女性インストラクターとソファーに腰掛け、「新しい始まり」「もう1クールやろうか。人生は短すぎるから、やらなくちゃ」と会話を交わすCMが放映に。それと同時に、ナレーションを務めた俳優ライアン・レイノルズが、「ネタバレ“じゃない”注意」というツイートと共にTwitterやYouTubeなどにCM動画を投稿。ビッグの死を悲しむファンに「彼はプレイボーイとして永遠に生き続けるのだという希望を与えてくれた」と話題になっている。



 あまりにドラマチックな始まりとなった『AJLT』は、毎週木曜日に「HBO Max」で配信される。今後は1話ずつ配信され、最終話となる第10話は来年2月3日に配信される予定となっている。