• Fri. Jan 28th, 2022

すとぷり、『しゃべくり007』出演も賛否! 12分程度の登場で「面白い」「短すぎ」

 12月6日に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)。今回は、「ティーンがどハマり! ネット界のスーパースター6人組」として、ネット配信者グループ・すとぷりがゲスト出演したものの、ファンから不満の声が上がっていた。

 すとぷりは、2016年にグループのリーダー・ななもり。が発起人となって結成されたグループ。YouTubeなどでオリジナル楽曲を発表したり、ゲーム実況などの配信を主として活動中だ。番組内では、YouTubeチャンネルの登録者数がメンバー累計で980万人を超えたことや、投稿動画の総再生回数も47億回を突破したことが紹介された。

「その後、『しゃべくり』のレギュラーメンバーがバーチャルキャラクターに扮して芝居をする『しゃべぷり バーチャル芝居』という企画を実施。男子が女子に告白するというシチュエーションで、先にすとぷりが手本を見せたあと、レギュラーメンバーが挑戦したのですが、ほとんどギャグに走ってしまい、最終的にMCのくりぃむしちゅー・上田晋也が『終われ!』とツッコんでいました」(同)

 そんなすとぷりの出演について、ネット上では「『しゃべくり』に出られるなんてすごすぎ!」「めちゃくちゃ面白かった」などと満足の声が上がっている一方、彼らの出演時間は番組全体の4分の1程度で、およそ12分しかなかったため、「こんなに短い時間じゃ、すとぷりの魅力が伝わらない」「尺をもっと長くしてほしい」といった不満も噴出していた。

「この日のゲストはすとぷりのほかに、11月に北海道日本ハムファイターズの監督に就任した新庄剛志が登場。番組は新庄監督のトークがメインで、最後にすとぷりが登場したこともあって、ネット上には『ずっと出番を待ってたのに短すぎ!』『新庄監督が話題なのはわかるけど、すとぷりの扱いが悪くて悲しい』といった声も見受けられました」(同)

 同番組では、9月20日の放送回でも同様の意見が出ていた。この回では「超お試ししゃべくり007」というコーナーに、モデル・嵐莉菜と、女優・志田彩良が出演。モノマネなどを披露したものの、こちらも10分未満の登場だったため、「楽しみにしてたのに、短すぎてガッカリ」「尺合わせにしか思えない扱い」などと、ファンが嘆いていた。

 人気バラエティに出演すること自体は喜ばしくても、今回のような「扱いの悪さ」に、ファンはひっそりと傷ついているかもしれない。