• Mon. Aug 8th, 2022

藤原紀香、40万円の私物が6000円査定! 「NO~!」英語の悲鳴連発で「ノリノリ」?

 藤原紀香が、12月13日放送の『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)に出演。「NO~~!」と英語で悲鳴を連発する展開に、視聴者からさまざまな声が上がっている。

 この日は、藤原のほか、釈由美子、劇団ひとり、料理愛好家・平野レミの次男の妻である和田明日香という4人が、自宅から不用品を持ち寄り、いくらで買い取ってもらえるか検証する企画が行われた。舞台は、さまざまなジャンルの中古品を買い取る人気リサイクルショップ「トレジャーファクトリー」の東京・練馬店など。

 和田、釈、そして劇団ひとりの順に、私物3点を査定してもらったが、なかなか目標金額を上回らない結果が続く。高額査定を目指してそれぞれが必死に商品のPRを行い、特に劇団ひとりは合計約20万円もしたという、トレーニングアイテム「SIXPAD」7点を査定に出したが、保証書がないとの理由で買取不可を食らってしまった。

「そんな中、最後に査定に臨んだのが藤原。『旅行先でつい買ってきちゃう』と話し、ハワイで買ったウクレレ、イギリスの老舗メーカー・グローブ・トロッターのスーツケース、そしてオーナメント付きのクリスマスツリーを出品しました。目標の合計買い取り価格は『25万ぐらい』と強気で、MCのKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔は『そんなに!?』と驚き、劇団も『見てましたよね? 今の流れ?』と、紀香の感覚に驚いていました」(芸能ライター)

 ハワイで買ったというウクレレは、もとは13万円だという。藤原は買取価格3万円に設定したが、劇団ひとりは「俺のSIXPAD見てました? 0ですよ。1〜2,000円で十分だと思いますよ」と指摘。すると藤原は「NO~~~!!」と絶叫し、藤ヶ谷が「ビンテージとかね」と元値より高くなっている可能性を口にすると、一転して「オ〜ウ!」と大喜び。結果、ウクレレの査定金額は2万円で、「ハワイでぼられたかもしれない」と藤原は落ち込んでいた。

 続いて持ってきたのが、10年前に50万円で購入したという、グローブ・トロッターのスーツケース。これは英・エリザベス女王やチャーチル元首相も愛用したブランドだとか。藤原は、この買取金額を「20万円!」と予想。スタッフから笑いが起き、劇団ひとりも「ウクレレから何も学んでないですね」と苦笑いした。

 さらに、このスーツケースについて藤原は「カギ失くしました」とのこと。その結果、査定額は2万円に終わり、藤原は顔を覆い、「えーーーー!? ウソ~~~!? NO~~~~!」と動揺を隠せない様子。

 最後の3品目は、 高さ170センチのクリスマスツリーとオーナメント。値段は全て合わせて40万円するという。藤ヶ谷が「これ、いくらぐらいになったらうれしいですか?」と聞くと、「23(万)ぐらい」と返答したが、劇団ひとりは「もう、ヤケになってません? そんなワケないでしょ、さっきのカバン見れば」と、あきれた様子だ。

「この査定金額は、わずか6,000円。ツリーは販売できる期間が限られており、しかも査定に出したタイミングがシーズン真っ盛りの12月ということもあったそう。この結果を聞いた瞬間、紀香は『ああ〜!』と頭を抱え、『ちょっと、めまいがします』と意識がもうろうとしてきたとコメント。ただ 合計の査定額は4万6,000円と、先の3人中でトップで終わりました」(同)

 視聴者からは、スーツケースをカギを紛失したまま査定に出したことについて、「鍵の紛失は笑える」「鍵ないのはアウトだろ(笑)」「それってスーツケースの意味あるんか」「鍵なしで出すなんてチャレンジャーだよ」とのコメントが続出。

 さらに、「NO~~!」と英語で感情を表すシーンが多かったことに、「なんでちょいちょい英語挟むの?」「関西人なのに、時々ネイティブっぽい発音で英語しゃべるのはなんで?」と疑問の声も。

 しかし、ネット上のコメントのほとんどは「査定は残念だったけど、リアクションが最高です」「最高のコメントをありがとう」「紀香さんノリノリで面白い」といったもの。今回の結果に落ち込むことなく、藤原には『10万円でできるかな』でリベンジを期待したい。
(村上春虎)