• Sun. Aug 14th, 2022

『SATC』の“ビッグ”に性的暴行疑惑! 女性3人が被害告発、事務所も契約打ち切る

ByAdmin

Dec 20, 2021

 世界的大ヒットドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(1998~04)で、主人公キャリーの運命の相手“ミスター・ビッグ”を演じていた俳優のクリス・ノース(67)。現地時間12月9日に配信された、同作17年ぶりとなるリブート版ドラマ『And Just Like That…』第1話でも、昔と変わらぬセクシーかつチャーミングな中年男性を演じきった。“ビッグ”がエピソードの終わりで衝撃的な死を遂げたためにネット上で大炎上したが、その騒ぎも冷めやらぬ16日、米大手業界誌「The Hollywood Reporter」電子版が、クリスの性的暴行を告発した女性たちの特集記事を掲載。世間を騒然とさせている。

 告発した女性は、40歳のゾーイと31歳のリリー(共に仮名)。互いに面識はなく、ゾーイは今年10月、リリーは8月に告発したいと「The Hollywood Reporter」に連絡を取り始めたとのこと。

 メディア関係の仕事に就いていたゾーイは、22歳の時にウエスト・ハリウッドにあるクリスの自宅マンションに呼ばれ、性的暴行されたという。いきなりキスをされ、あれよあれよという間に着ていたショーツを剥ぎ取られて強姦されたという。「とても痛くて、『やめて!』と叫んだ。でも、彼はやめなかったから、『せめてコンドームだけでもつけて』とお願いしたら、笑われた」と明かしている。

 直後、友人に連れていってもらった病院では、傷口を縫う処置を受けたそうで、かなり乱暴に暴行されたよう。その後、上司に被害を打ち明けたものの、キャリアに影響が出ることを懸念し、「口外しないでほしい」と口止めされて以来、ずっと秘密にしていたという。

 もう一人の女性、リリーは、25歳の時に、当時60歳だったクリスとニューヨークのナイトクラブで出会ったとのこと。クリスからレストランに誘われ、酒を飲んだ後で自宅マンションに招待された彼女は、「『ウイスキーを飲みながら、彼のこれまでのキャリアについて話を聞かせてもらえるんだ』と甘く考えてついていった」という。

 しかしクリスにしつこく迫られ、必死にかわそうとしたが、無理やりフェラチオをさせられた挙げ句、強引にセックスされたという。リリーは行為の間ずっと泣いていたそうで、直後「レイプされた」と感じ、とても惨めな気持ちになったと明かしている。

 これ以上傷つきたくないと沈黙を守ってきた2人だが、『And Just Like That…』のプロモーションのため、さまざまな媒体に登場していたクリスの姿を目にして、告発を決意したという。

 告発報道があった日、クリス側はすぐに声明を発表。「何十年も前に会ったという女性たちの告発内容は、まったくの虚偽。それが30年前の話であれ30日前の話であれ、ノーはノー。私は、このような一線は越えない。合意の上でしかしない」「今回、なぜこのタイミングで表沙汰になったのか、疑問を感じざるを得ない。なぜ今、このような話が出ているのかは定かではないが、これだけは絶対に言える。私は彼女たちに性的暴行を加えてはいない」と、その内容を強く否定した。

 世間が困惑する中、同日夜、クリスの出世作である国民的刑事ドラマ『LAW & ORDER』で共演したゾーイ=リスター・ジョーンズが、インスタグラムのストーリーで、「クリスが私に顔を近づけてきて、首元をクンクンして『いい香りだね』ってささやいたことがある」「(飲酒が禁止されている)撮影所に22オンス(約650ミリリットル)のビールを持ち込んで、撮影の合間にコソコソ飲んでいた」と暴露。

 さらに「先週、友達から『ミスター・ビッグの死についてどう思う?』と聞かれたけど、正直ホッとしている」と明かし、「私が経験したことは今回告発した女性たちの受けた仕打ちに比べるとちっぽけなこと」とした上で、人間性を疑うようなことを平気でする、とんでもない男なのだと批判した。

 その後、米「FOXニュース」は、クリスが芸能事務所「A3アーティスト・エージェンシー」から契約を打ち切られたと報道。ネット上は、「告発だけで契約を打ち切るなんて、やりすぎじゃない? これでは強姦魔扱いだ」「まだ事実かどうかもわからないのに……」などとクリスに同情する人、「リブート版でクリスの顔を見てフラッシュバックに見舞われるなど、トラウマがひどくなったのでは……」などと告発した女性に同情する人が現れ、「真実はどこにあるのか?」と大混乱している。

 クリスは12年に、01年から交際していた28歳年下の女性と結婚。08年に長男、20年には次男が誕生し、「65歳を過ぎても現役だ」と話題になった。今回告発したリリーは、クリスが「一夫一婦制は現実的じゃない」と言っていたとも明かしており、仮に告発が事実でなくとも、これまで幸せを築き上げてきた家庭にヒビが入りそうだ。

 有名人が関わる性的暴行事案は、告発が次の告発を呼ぶケースが多い。最新情報によると、3人目の告発女性も現れ、「酔っぱらったクリスは、勃起した性器を私に押し付けた」と明かしている。また、今回は事務所からの契約打ち切りという処置がとられたことで、告発女性はもちろん、クリス側も訴訟に持ち込む可能性があり、今後の展開に注目が集まっている。