• Mon. Aug 8th, 2022

男性版『Nizi Project』に「盛り上がらなそう」「J.Y.Parkブームとっくに終わってる」の声

 9人組ガールズグループ・NiziUを輩出したオーディションプロジェクト『Nizi Project』。第2弾となるグローバルボーイズグループオーディション『Nizi Project Season 2 Global Boys Audition』が現在エントリーを受付中だが、このほど企画の目玉となるアメリカおよび韓国でのオーディション日程と会場が発表された。

 2019年2月に始動したシーズン1は、日本の8都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄)に、アメリカのハワイ、ロサンゼルスを加えた10カ所でオーディションを開催。今回のシーズン2では、3月19日の愛知会場を皮切りに、福岡、広島、北海道、沖縄、東京、宮城、兵庫で選考審査を行うほか、4月15日にニューヨーク、同17日にロサンゼルス、5月5日に韓国・ソウルでもオーディションを行うという。

「シーズン1の模様は、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で放送されたほか、動画配信サービス・HuluやYouTubeで配信されました。しかしアメリカのオーディションシーンは一瞬しか映らず、参加者もほとんど明かされなかったため、当時、ネット上で不信に思った視聴者から『めぼしい参加者がいなかった?』『そもそも参加者が集まらなかったのでは?』と疑念の声が上がることに。今回は前回と異なり、応募条件に『少しでも日本語でコミュニケーションが取れる方』とあることで、現地からどれほどエントリーが集まるか不安がよぎります」(芸能ライター)

 ネット上でも「日本語でコミュニケーションが取れるアメリカ人って、かなり限られると思う」「BTSが人気な韓国はともかく、日本で活動したいって思う物好きのアメリカ人なんている?」と懸念されている。

 さらに、デビュー後の活動について「NiziUもピークアウトしてる印象なのに、また新しいグループ作るの?」「男性版NiziUなんてジャニーズ勢力に押されて苦戦しそう」という否定的な声や、プロデューサーを務めるJ.Y.Parkに関して「日本ではJ.Y.Parkブームがとっくに終わってるのに、大丈夫?」という指摘も。

 ちなみに今月、「サイゾーウーマン」で「『紅白』連続出場者、ぶっちゃけ『なんでこの人、出られるの?』と思う歌手は?」(2020年&21年に連続出場しているアーティストを対象)と題して行った読者アンケートでは、総投票数1万299票のうち、NiziUが970票を獲得して不名誉な1位に選ばれた。

「今年のNiziUといえば、昨年に引き続き大手企業のCMに複数起用されていたほか、9月に開催された音楽フェス『SUPERSONIC 2021』でファンの前で初ライブを行ったり、先月リリースした1stアルバム『U』のプロモーションで数々のテレビ番組に出演するなど、十分活躍していた印象。しかし、世間一般では『ゴリ押し』のイメージが定着していて、活躍をネガティブに捉える人は少なくない。そういった状況のため、『シーズン2は、シーズン1ほど盛り上がらなさそう』と、世間からの期待値は低いようです」(同)

 デビューから約1年がたち、英語や韓国語が堪能なメンバーがいながらも、いまだ海外デビューを果たせていないNiziU。男性版NiziUは、世界で活躍できるメンバーを集めることができるだろうか。