• Fri. Jan 28th, 2022

『SHOCK』イズムにじむキンプリ・岸優太のポーズ、「もっさりしてる」Snow Man・目黒蓮は希望の星!? ジャニーズ貴重写真

――ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中!

B美……永遠の29歳。人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……永遠の35歳。デビュー組からジャニーズJr.に降りた月刊誌編集者。好きなアイドルはフレッシュな子。

B美 あっという間にもう年末だね~。今年は12月30日に総勢13組が出演する『Johnny's Festival ~Thank you 2021 Hello 2022~』の開催があったり、大みそかは2年ぶりに東京ドームから生中継する『ジャニーズカウントダウン 2021-2022』(フジテレビ系)の放送があったり、ジャニーズファンにはうれしい年末になりそう。元日も、KinKi Kidsが東京ドームで『KinKi Kids Concert 2022』を開催するね。

C子 テレビも元日から大忙しだよ。日本テレビ系ではTOKIOの『ウルトラマンDASH』(午後5時~9時)を皮切りに、関ジャニ∞・村上信五出演の『月曜から夜ふかし~2022元日スペシャル~』(同9時~11時)、『King&Princeる。元日SP』(11時~午前0時25分)と、ジャニーズの番組が続く。個人的には『King&Princeる。元日SP』が楽しみだな〜。King&Princeにとって初の初冠番組で、第1弾は今年5月23日に放送されたんだよね。前回も評判がよかったから、今回の内容次第ではレギュラー化も狙えそう。

B美 「大先輩への楽屋挨拶…絶対バレずに○○するには!?」っていう企画、面白そうじゃん! 「大先輩」にはジャニーズ事務所の誰かも登場するだろうね。キンプリといえば、「J-GENERATION」2022年1月号(鹿砦社)に「King&Prince CONCERT TOUR 2021 ~Re:Sense~スペシャル・フォトレポート!」が載ってたよ。これは今年7月25日~9月19日にかけて行われたコンサートだね。

C子 表紙もキンプリなんだ! 全員黒いジャケットを着ているけど、装飾が豪華でアイドルオーラがスゴい。今号は、King&Prince・永瀬廉となにわ男子・道枝駿佑のオリジナル両面ポスター付きなんだ。っていうか、なんで2人のソロ写真なんだろう?

B美 れんれんはやっぱり、今年前期の連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)で、“りょーちん”こと及川亮役を好演したからじゃない? 放送中はTwitter上で視聴者がりょーちんの話題で盛り上がったり、ジャニーズファン以外の人にも認知された1年だったから、個人的には納得の人選。

C子 そう言われると、みっちーもドラマや映画に出演したり、大活躍だったね。今年の活躍を称えた人選ってことかな。ところで、7ページに載ってるファンのうちわを見てよ。一部隠れてるけど、たぶん「これからも廉くんだけ見てる」みたいなことが書いてあるみたい。こういう光景、久しぶりな感じがする。

B美 ホントだ! なんかこういうの見ると、胸が熱くなるわ~。うちわでメッセージを伝えるのって、有観客コンサートならではの交流だもんね。新型コロナウイルスの影響で、以前よりもコンサート自体に飢えているから、グッときちゃった。

立ち読みはこちら

C子 キンプリも、有観客での単独ライブはこれが約1年9カ月ぶりだったとか。コンサートによって、直でファンとコミュニケーションを図ることができてよかったよね。あと、その上の写真も気になる。いつも元気な岸優太の顔が、ちょっとお疲れ気味じゃない? バックダンサーのジャニーズJr.とKing&Princeが肩を組んでる場面だから、コンサート終盤あたりっぽいけど。

B美 岸くんだけじゃなくて、今年のキンプリは個々でもドラマや映画の公開があったり、大忙しだったもんね。でもやっぱり、久しぶりの有観客ってことで、メンバーは楽しみでしょうがなかったみたい。8ページのMCレポートを見ると、高橋海人と平野紫耀は「あまり眠れなかった」と話しているよ。

C子 あと、平野が「最近『プロポーズして』ってうちわをめっちゃ見る」って、うちわについて触れてるわ。やっぱり、うちわの文字までちゃんと確認してくれてるんだね〜。打って変わって、海人のソロページ(15P)の写真に笑った。移動中だから仕方ないけど、髪の毛が扇状に広がっていて、かなり躍動感のあるヘアスタイルになっちゃってるの(笑)。

B美 本当だ、キンプリには珍しいトンチキショット(笑)。あと、17ページ左上の岸くんは、1人だけ舞台『DREAM BOYS』か、KinKi Kids・堂本光一主演舞台『Endless SHOCK』のエンディングで三方礼をしている場面みたいに見える。片手を挙げて、真剣な眼差しで遠くのほうを見つめてるの。岸くん、デビュー前の13~15年は『SHOCK』に出ていた経験があるし、舞台人の雰囲気が出ちゃうのかも。

立ち読みはこちら

C子 光一さんイズムが染み付いてるのは胸アツだわ~。神宮寺勇太は、19ページ右下の写真の立ち姿が美しいね。襟を立ててキザな感じが往年のアイドルっぽい。白シャツにベストを着て、ポケットに手を突っ込んでクールに佇む姿がサマになってる。

B美 20~26ページは平野の個人特集もあるよ。「平野紫耀ハマりごとから恋愛観まで、その素顔に迫る!“頭の中”を大解剖!」という企画で、平野が好きなものや、仕事、美容やファッションのことまで、過去の発言をまとめているの。

C子 へぇ~。これなら、平野ファンだけでなく、過去の発言を知りたいKing&Prince初心者でも楽しめそう。この特集だと平野は前髪をおろしたサラサラヘアーだけど、さっきのコンサートレポートに戻ると、ヘアスタイルの変化が新鮮だわ。前髪が長くて、黒髪のセンター分けだからなのか、少し大人っぽくなった印象を受けるね。

B美 キンプリに関しては、今ツアーの厳選ショットや、『DREAM BOYS』などの未公開カットを収録したフォトレポート『BEAT YOUR HEART』(鹿砦社)も出てるんだって。こっちも気になる~。あとは舞台写真だと、ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanが主演を務める『虎者ーNINJAPANー』のページも要注目だよ。

立ち読みはこちら

C子 今年は10月~12月にかけて京都、愛知、東京、広島で公演が行われて、12月12日に広島で千秋楽を迎えたね。「Jジェネ」は19年の秘蔵フォトを蔵出ししてるんだって。

B美 74ページ上の写真から、ステージの熱量が伝わってくるね。出演者が切ない表情で、何かを訴えかけるように歌っているシーンかな。あと個人的には、78ページの七五三掛龍也がオススメ。天使のようなアイドルスマイルと、鋭い眼光でカッコいい表情のギャップが最高だよ。

C子 79ページ右下の川島如恵留は、ずいぶんと涼しい顔してるね~。結構激しいダンスをしてる瞬間っぽいけど、全然顔が崩れてない“奇跡の1枚”なの。如恵留はアクロバットにも定評があるから、自分の体を支えるような動きでも、スマートにこなせちゃうのかな? それと、78~79ページでしめちゃんと如恵留が着ている青い衣装、ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』の登場人物が着てそうな衣装じゃない?

B美 確かに、旅をしていそうな衣装だわ(笑)。首にスカーフを巻いていたり、ガッチリとしたベルトを着けていたりと、冒険家とか探検家っぽさがある。「Jジェネ」を見る限り、宮近海斗、松田元太、松倉海斗は赤かオレンジっぽい色違いの衣装だね。

C子 81ページの元太は、役に入り込んでてスゴくいい表情してる。全員それぞれベストショットを載せてるのがわかるし、写真も全部キレイ。公演が終わって寂しい人は、この特集を見て振り返ってほしいな。

立ち読みはこちら

B美 あっ、今回も「ジャニーズ王子様図鑑」特集があるよ! 第3弾はSixTONES・京本大我とSnow Man・目黒蓮だって。えっと……正直なこと言っていい? きょもが「王子様」なのは納得だけど、目黒って王子様キャラなんだ!?

C子 わかる、私もこれには異議アリ! Snow Manの王子様といえば、“ダテ様”こと宮舘涼太でしょう!? ダテ様はファンから「国王」「貴族」とか呼ばれていて、気品のある振る舞いがまさに王子様なのに。

B美 ただ「Jジェネ」では、みっちーとともに主演を務めた10月期のドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)の第2話で、目黒が“王子様役”を演じたことを紹介してる。ほかには、雑誌の表紙を飾るとサイトのサーバーがダウンしたり、重版が決定したりっていう人気ぶりや、ファンサに関するエピソードも含めて「王子様」と位置づけたみたい。

C子 なるほどねえ〜。二世タレントであり、華やかな世界で生まれて、若くして品の良さや王子の風格があったきょもと、露出が増えたことで注目されて、磨きがかかった目黒……。そういう意味では対比が楽しめるかも。

B美 86~87ページなんて、その最たる例だよね。2人ともJr.時代の写真が載ってるけど、きょもはすでにスターのオーラをまとってる。一方で目黒は、まだ垢抜けてないし、もっさりしてる感じなんだよね。これが、89ページ、91ページの写真みたいにどんどんと輝きが増していくんだから、目黒はまだ埋もれているJr.にとって“希望の星”なんじゃないかな。

C子 最初は「なんで王子様特集で目黒?」なんて思ったけど、特集をちゃんと読んでみると、選ばれた理由がわかった気がする。ただ、やっぱりダテ様も「ジャニーズ王子様図鑑」に載せてほしい。次こそお願いします!

立ち読みはこちら

B美 あと、巻末の「懐かしMC プレイバック!」はKAT-TUNだったよ。06年4月29日に行われた『Spring Tour '06 Live of KAT-TUN “Real Face”』の北海道・真駒内屋内競技場公演(第2部)だって。KAT-TUNは同年3月22日に1stシングル「Real Face」をリリースして、今年は15周年の節目を迎えたから、これはデビュー直後のMCってことか。

C子 そもそも、デビュー当時のデータが残ってるのがスゴくない? 15周年でこのMCレポを持ってきたのもさすがだわ~。当時のKAT-TUNは、まだ赤西仁、田中聖、田口淳之介もいる6人体制だね。個性的な人たちの集まりだったけど、この時は何を話してるんだろう。

B美 内容はかなりとっちらかってるよ(笑)。北海道にちなんだトークなんだけど、「北海道の人はじゃがいもに対して執着心がすごい」(赤西)「親が殺された時より、じゃがいも盗まれた時の方が悲しい」(田中)とか、赤西&田中による北海道とじゃがいもに関する知識が謎なのよ。

C子 94ページでも、「さっきカレーライス食べたけどじゃがいも入ってましてね」(田口)「まるまる一個入ってたよね」(亀梨和也)とじゃがいものトークが続くと、赤西が「ハ? さっきカレーよそったら北海道のくせにじゃがいも入ってねえって思ったの。下に埋まってたんだ」とブチ切れてて。むしろじゃがいもに執着してるのは、北海道の人じゃなくて赤西なのでは(笑)。というか、食べ物の話ばっかりなのも笑えるポイントだね。

B美 そうなのよ。途中でNEWS・加藤シゲアキについて、赤西が「加藤……鮭みたいな顔したやつ?」とか意味不明なたとえ方してるし、もうカオス(笑)。赤西、このMCレポ内でもあと2回ぐらい「鮭」と言ってるから、北海道=じゃがいも&鮭というイメージしかなかったのかな。

C子 赤西、シゲの顔ちゃんと認識してたのか怪しいな? マジでどこが鮭なのよ、「鮭」って言いたいだけじゃん(笑)。文字に起こすとかなり突拍子もないトークになっているけど、6人が会話している様子が目に浮かぶくらい、いいMCレポだね。後半は、プライベートでご飯に行ったエピソードとか、当時のメンバー同士の関係性が見える部分もあるし。

B美 そんなKAT-TUNも、現在は亀梨、中丸雄一、上田竜也の3人グループになって、大みそかは『NHK紅白歌合戦』に初出場するんだもんね。『紅白』ではどんなパフォーマンスでお茶の間を沸かせてくれるのか、今からドキドキだよ。年末年始のジャニーズの活躍はもちろん、来年の「Jジェネ」も楽しみだね!

立ち読みはこちら