• Mon. Aug 8th, 2022

『行列のできる相談所』見逃し配信が無音に!? 中居正広&松本潤の『金スマ』も同様の事態

 12月19日に放送されたバラエティ番組『行列のできる相談所』(日本テレビ系)。この回では「日本人が大好きな映画100」と題して、多数の映画作品を紹介したものの、一部視聴者から「イラつく」「ストレスになる」などと不満の声が上がってしまった。

 同局の『金曜ロードショー』とコラボレーションした企画で、4つの国内映画レビューサイトが出したランキングを総合し、番組オリジナルの結果を発表。実際の映画映像を流しながら、100位から1位まで順番に公開していった。

「1時間まるごと映画特集でしたが、ネット上では『知らない作品がいっぱいあって面白かった』『こういう企画、待ってました! 映画好きにはたまらない』といった喜びの声が続出。また、ちょうど年末年始の時期ということもあってか、『見てない映画、お正月休みにチェックしよう』『ランキングを参考に“見たいものリスト”作った』など、休み中に映画鑑賞をしたい人の参考にもなったようです」(同)

 一方で、番組終了後に見逃し配信サイト・TVerで同番組を視聴したと思われる人からは、「映画のシーンがほとんど見られないんだけど?」「なんで映像映らないの? イラついて見るのやめた」「『権利上の都合で配信できません』の連続で、ストレスがハンパない」などと指摘が上がることに。というのも、テレビでは放送されていたほとんどの映画映像が、TVerでは無音で「権利上の都合で配信できません」と表示される画面に差し替えられていたのだ。

「テレビでは放送されても、TVerのようなネット配信では放送されないという例は、実は結構多いようです。直近では、17日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)も同様に、視聴者から不満の声が上がっていました。この回には、嵐・松本潤がゲスト出演し、MCの中居正広とトークを繰り広げましたが、『NHK紅白歌合戦』の様子や嵐のライブなど、多くの映像が視聴不可に。ファンからは『楽しみにしていたのに残念』『映像がないとトークの内容もよくわからない』といった不満の声が上がっていました」(同)

 中には、「結局、録画するしかないと学んだ」「これじゃ見逃し配信の意味がない。もうTVer使うのやめる」など、TVer自体に不信感を持つような声も見られた。

 違法動画のアップロード防止などを目的として、2015年にサービスが開始されたTVer。テレビがなくてもスマートフォンで番組を視聴できる便利さが好まれる一方、『行列』や『金スマ』のように“権利上の都合”で視聴者にストレスを与えるようでは、「使わない」という選択をするユーザーも増えてしまいそうだ。