• Sat. Jan 29th, 2022

7 MEN 侍の神企画にHiHi JetsやSixTONES登場! HiHi Jetsは生田斗真の“名乗り”問題に本音【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。

 現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。

そこで、ジャニーズウォッチャー・中村チズ子が内容を解説&ツッコミ! 今回は、12月16日~22日公開の動画を注目度順にチェックします!

7 MEN 侍、HiHi JetsやSixTONES登場の神企画!

 17日にアップされたのは「7 MEN 侍【デビュー組の先輩に…】ブルブルマシーンでバレずに電話せよ!?」。今回からオープニングトークが導入となり、サイコロを振った結果、記念すべき第1回は本高克樹がトークを披露することに。10月~11月まで舞台『Rock Reading「ロビン」~「ロビン・フッドの愉快な冒険」より~』で共演していたメンバー・今野大輝に関するエピソードを明かし、現場を温めていた。

 そして、本題は佐々木大光の持ち込み企画「ブルブルマシンに乗って電話してみよう!」。6月配信の「【作間に龍我もターゲット】大光チャレンジ大予想!?」でも行ったもので、ブルブルマシンに乗った状態で、“バレずに電話できるのか”を検証する。全員で挑戦するといい、矢花黎は「スリルを味わってみたいと思う節はあるよね」と意欲的。

 企画のポイントは、電話相手に「何をしてるか聞く」「伝えたいことを伝える」「うんちくを話す」の3つの項目で、それぞれに点数がついている。最終的に獲得ポイントが高かった人の勝利となる。

 トップバッターの中村嶺亜は同期のHiHi Jets・井上瑞稀を選択。ブルブルマシンはレベルMAXでスイッチを入れ、電話をかける前の「瑞稀出るかな~」という一言ですら、すでに震え声だ。当然、井上はすぐに異変に気づき、途中で「何やってんの?」と中村に質問。ここでゲームオーバーとなったが、企画趣旨を聞いた井上は「気づくよね。俺もそこまでバカじゃないしさ」と冷静に返していた。

 そんな中、筆者が特に笑ってしまったのは、菅田琳寧のチャレンジ。「1つ気をつけなきゃいけないのは今、瑞稀にいったということはHiHi Jetsはもしかしたら知ってる可能性がある」(本高)「現場が一緒かもしれないから」(中村)と電話をかける相手選びのアドバイスを受けるも、菅田はHiHi Jets・橋本涼を選んだのだ。

 なぜか「バレない!」と強気な菅田だったが、ブルブルマシン効果で息が上がり、声が裏返るなど明らかに“様子のおかしい人”になっている。メンバーも声をひそめて大爆笑していたが、果たして橋本は見破れたのか……? ぜひ今動画で確認してほしい。また、個人的には会話に付き合う橋本の優しい声色にも好感を抱く場面だった。

 さらに、Jr.SPの和田優希が「Jr.チャンネル」に初出演したほか、デビュー組の先輩・SixTONESの田中樹、少年忍者、美 少年メンバーもターゲットになっている。田中のリアクションや的確なツッコミは爆笑必至であり、全編を通して抜群に面白い1本。正直に言うと、「Jr.チャンネル」の動画を見てここまでおなかを抱えて笑ったのは、初めてのことかもしれない。

 7 MEN 侍以外にさまざまなジャニーズタレントが参加したためか、再生回数は32万台(24日時点)と、高数字を記録していた。

 19日に更新されたのは「HiHi Jets【総決算】振り返れば先輩がいる…感謝」。「2021年を振り返る」というトーク企画で、HiHi Jetsが1年間の仕事をさかのぼりつつ、ジャニーズの先輩たちとの交流についても触れている。

 ドラマ『やっぱりおしい刑事』(NHK BSプレミアム)で風間俊介と共演した橋本涼は「現場だと全然しゃべらないから、和ませてくれてた。俺、しゃべらない。まったく。経験がないから、ドラマの。だから、どうやったらいいのかわからないから、めっちゃ現場で台本読み込んだりとか、書いたりしてたから。話す余裕がなかったの。で、風間さんがそれを見かねて、『普段何してるの?』とか言ってくれたの、俺スゴいうれしかった」と裏話を披露。

 風間は、同時期に井上瑞稀も出演した月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)と、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』も掛け持ちしており、「めちゃくちゃ大変そうだった」(井上)と、多忙ぶりを目の当たりにしていたそう。井上は「風間さんの連絡先を知っているんですよ。俺、“風間一派”なんです、実は。風間くん認定の風間一派になってる」と自慢するも、「ほかに誰かいるの?」(高橋優斗)と聞かれると、「ちょっと今のところ俺しか入会してない」とこぼしていた。

 Sexy Zone・中島健人と女優・小芝風花主演のドラマ『彼女はキレイだった』(フジ系)にレギュラーで出ていた高橋は「健人くんと仲良くさせていただいてますね。HiHiのコンサートとか見てめっちゃ褒めてくれて」と報告。猪狩蒼弥によると、中島はしきりに「HiHiおもろいわ」「期待だわ」と声をかけてくれたといい、高橋も「めっちゃありがたかった」と感謝の思いを口に。「(ドラマの撮影)現場とかでも、みんなといる時とかはスッゲー、そんなイジります? ってぐらいイジりがあるんだけど。いちいち(1対1)だとスッゲー優しいのよ。その出会いは結構、大きかったね」とも述べていた。

 また、作間龍斗は「気になってるのはさ、生田斗真くんがさ、僕たちの知らないところで『HiHi Jetsの生田斗真です』って言ってるっていう」と、ジャニーズファンの間でも話題になっていた一件に言及。このところ、生田は直筆メッセージを書く場面などで、まるでHiHi Jetsに所属しているかのような署名を残していたのだが、こうした先輩の行為はメンバーの耳にも入っていたのだろう。猪狩が「最初はね、ジャニーズのファンクラブ動画みたいなところから始まって。今じゃもう地上波で……」と実例を挙げれば、高橋は「超うれしいよね」とコメント。彼らにとって、大先輩が自分たちのグループ名を出してくれることは、純粋に光栄だと受け止めているのだろう。

 さらに、井上は「斗真くんと会う機会がありまして。それでお話させてもらったけど。スゴい気にかけてくださってて」「僕のことを唯一、斗真くんは『井上』って呼ぶの。だいたい、遠い先輩って意外とさ、年下の子たちを“くん付け”で呼ぶじゃん。『井上くん』とか『瑞稀』って呼ばれやすいんだけど。斗真くんは『井上』って。めっちゃうれしい。新鮮。優斗のことは『高橋』って呼んでます」と明かし、高橋は「えー!? 俺、高橋って呼ばれることあんまないんだけど! まぁ、ありがたいですけど」と驚いていた。

 このほか、ジャニーズWEST・濵田崇裕、中間淳太、SixTONES・松村北斗の話も出てくるため、デビュー組のファンも必見の動画となっている。再生回数は24日時点で22万台。

 21日の動画は「Aぇ! groupとLil かんさい【初コラボ】X’masプレゼント交換会」(再生回数は24日時点で35万台)。関西Jr.のAぇ! groupとLil かんさいが初めて「Jr.チャンネル」でコラボレーションし、クリスマスプレゼント交換会を実施している。

 今回はメンバー11人がそれぞれ“もらってうれしいもの”をプレゼントとして持参。進行役のAぇ! group・小島健は「普通に(プレゼントを)取っていってもおもしろくない」と前置きし、「今からゲームをして勝った人から順に好きなものを選んでいく」と発表した。

 なお、そんな小島は2グループをきっちりとまとめるタイプのMCではなく、自らボケを繰り出すなど大はしゃぎ。SixTONES・森本慎太郎が「Jr.チャンネル」に出演していた頃のプレゼント交換会を彷彿とさせるような、カオスな空気感を楽しんでいるようだ。定期的にLil かんさい・嶋崎斗亜が小島にツッコミを入れて軌道修正を図るが、年下に指摘されても険悪な雰囲気にならないあたり、関西Jr.の仲の良さが伝わってきた。

 くじ引きの順番を決めるじゃんけんを経て、くじ引きからのあみだくじ、果てはAぇ! groupのドライブ企画で生まれた「正門ゲーム」まで満喫。ワイワイ・ガヤガヤと騒いだ後、動画内ではようやく7分50頃からプレゼント交換会がスタートした。

 Lil かんさい・當間琉巧は当たった品物を見て「絶対使う!」とすぐに気に入った一方で、Lil かんさい・大西風雅は明らかに浮かない表情を浮かべていた。実用的なアイテムから趣味に沿ったプレゼントなど多種多様で、視聴者側もクリスマス気分が味わえる1本だろう。

 ネット上のファンからは「プレゼント交換は大盛り上がりだったし、正門ゲームも賑やかで最高」「関ジュのファミリー感いいな。楽しいコラボだった!」「小島くんが終始楽しそうで良かった! コラボは盛り上がるので、どんどんお願いします!」「普段あまりないメンバー同士の絡みも見れて、新鮮で面白かった。これからも2組のコラボを定期的にやってほしい」「Aぇとりとるの可愛い絡みが見れてうれしかった! これからのコラボも楽しみにしています!」と、今後の共演にも期待の声が上がっていた。

 16日の動画は「Travis Japan【虎コスプレ】気配斬りでカオス!!」。体育館を貸し切り、7人が気配斬りで真剣勝負を繰り広げている。今回は、メンバー全員が目隠し&両腕両足に鈴を装着し、それぞれ散らばった状態からスタート。耳からの情報と気配を頼りに、周囲の人を斬撃するというゲームだ。

 また、「真の虎王決め」と銘打っているため、一同は虎のコスプレを持参してきたそう。七五三掛龍也はモコモコとした王道の可愛い気ぐるみを用意していた一方、吉澤閑也は生地が薄めの黄色い全身タイツ姿をお披露目。下着が透けており、一時的にモザイク処理が施されていた。そして、「やっぱり松松かよ!」のフレーズでおなじみの松倉海斗&松田元太コンビは、愛らしいおそろいのコスプレ姿で参戦。過去回に何度も登場している黄金タイツマン(中村海人)は、「がおがおVer.」にグレードアップしている。

 気配斬りは、各々の行動が見えていない分、予期せぬ展開が続く。淡々と互いに探り合う時間が流れるかと思いきや、後半は松倉&松田による“お邪魔隊”の活躍もあり、終始賑やかな試合となっている。ちなみに宮近海斗は、かなりリアルな虎のマスクを装着していただけに、途中からほぼ顔が見えていない。しかし、ファンは特に問題にしておらず、満足のいく内容だったようだ。

 ネット上では「虎コスプレ、個性が出ていて最高。松松が可愛すぎる~。大爆笑した」「松松が可愛いすぎる! こんなぬいぐるみが欲しい」「みんなで楽しんでいる姿に癒やされた」「楽しすぎた。自前のコスプレ最高!」「スタッフさんが用意したものではなく、各々が用意したコスプレってところが効いてる! めちゃめちゃ笑った」と絶賛のコメントが多く見受けられた。

 なお、「Jr.チャンネル」公式Twitterは16日午後8時16分に「本日のTravis Japanの動画ですが、YouTubeさん側の不具合により正常にアップされておりません。申し訳ございませんが、もうしばらくお待ち下さい」とツイート。約30分後に更新報告していた。再生回数は24日時点で32万台。

 18日の動画は「美 少年【X'masにいかが!?】ホロ苦初恋と本気で作ったステンドグラス」(再生回数は24日時点で12万台)。今回は美 少年がステンドグラス体験をする模様を公開。

 素材選びを皮切りに作業がスタートし、佐藤龍我&那須雄登は懐かしのハンダゴテに興奮したり、クリスマスの食事に関するメンバーの習慣などを語りつつ、手を動かしている。彼らの自然体の会話が楽しめるため、美 少年ファンにとってはうれしい動画だろう。

 そんな中、岩崎大昇が「どういうことだったのか、みんなに一緒に考えてほしいことがある。小2(小学校2年生)の時にさ、みんなだいたいそのへんの好きな子いるじゃん」と切り出した。ジャニーズ入所前の淡い恋の思い出に言及するかと思いきや、岩崎は「席、隣になったのよ。ヤッターと思うじゃん。その子にさ、『消しゴム貸して』って言われて。『いいよ』って貸したの。一時間目の授業が終わって『ありがとう』って返ってきた消しゴムがスゲー、ボロボロにちぎれて。スッゲー、なんかもう意図的にちぎったエグい形してて。あれは一体どういうことだったんだ!?」と、悩みを相談し始めたのだ。

 那須が「消しゴムがもろかったんじゃない?」と想像するも、「じゃない! 俺の新品の消しゴムが、まず爪でたぶんガガガガって押して。跡がついてるの、もう。角がボロボロになってるのよ」(岩崎)と主張。さらに、藤井直樹が「その後、その子とはどうだ?」と問いかけると、「小3の時に転校しちゃったから特に何もなかった」と打ち明けていた。

 善意で貸した消しゴムがボロボロになって戻ってくるという出来事は、相手が男友達であっても、わだかまりが残ってしまうはず。この場でメンバーに意見を求めていただけに、おそらく当時の岩崎は問題の女の子に「どうしてこうなったの!?」などと、キツく追及できなかったのだろう。その女の子はちょっとしたイタズラでやってしまったのか、それとも悪気はなく、不慮の出来事だったのか……?

 一方で、こうした不憫なエピソードを明かした岩崎が「人生での大きな失敗」について、「ホワイトデー、返す人間違えるっていう思い出が。もらってない人に返して……あれはホントにね、ゴイゴイスーでヤバかった」と、ぶっちゃける一幕も。「受験生がんばれトーク」では現役の立教大学生・浮所飛貴のアドバイスもあり、内容の濃い1本だった。

 22日にアップされたのは「少年忍者 美 少年 【初コラボ】クリスマスプレゼント交換会~前編~」(再生回数は24日時点で21万台)。前日のAぇ! groupとLil かんさい同様に、こちらも少年忍者と美 少年が「Jr.チャンネル」で初コラボレーションしている。

 司会は少年忍者・深田竜生と美 少年・岩崎大昇が担当するが、台本を読む深田は早々に言葉に詰まってしまった。ここで、美 少年・浮所飛貴が「本当に進行で大丈夫?」と確認を入れたところ、少年忍者メンバーは「深田の進行、こんな感じだから」(川崎皇輝)「うちのエース!」(元木湧)とフォロー。深田は物怖じすることもなく、「今日は俺がMCなんで、文句とか一切受け付けない」と強気に言い放っていた。

 一方、深田のMCに不安を抱いていた様子の浮所は、美 少年・藤井直樹が自前のサンタコスプレを用意してきた点や、岩崎が収録前日にプレゼントを買ってきたという情報を付け加えるなど、随所で“裏回し”の役割を担っていた。

 2組はくじ引きを行った後、古今東西ゲームを開始。お題はジャニーズに関するもので、前の人が言ったワードを暗記し、自分の解答を重ねていくといったルールだ。最初のテーマは「デビューしているジャニーズメンバーの名前」で、長瀬結星が舞台『ABC座 ジャニーズ伝説2021 at IMPERIAL THEATRE』(12月7日~21日まで東京・帝国劇場で上演)にて共演していたA.B.C-Z・戸塚祥太に謝罪する場面も。

 さらに、問題は「嵐のシングル曲」「KinKi Kidsのシングル曲」「ここにいるメンバー以外の『Jr.チャンネル』のJr.の名前」と続くため、少年忍者&美 少年にさほど詳しくないジャニーズファンも考えながら一緒に楽しめるだろう。20分の今動画は丸々ゲームの模様を大公開。プレゼント交換のやり取りは、25日配信回へ持ち越しとなっていた。