• Mon. Aug 15th, 2022

小室眞子さん「鉄の意思」夏目三久「愛を貫き引退」瀬戸内寂聴「偉大な99年の生涯」……2021年の“女”を斬る!

「女性週刊誌ぶった斬り!」を連載中の、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク・神林広恵が、今年世間を騒がせた女たちを斬る!

 年末に神田沙也加の急死という衝撃ニュースで幕を閉じた感のある2021年の芸能界。そして新型コロナ感染拡大の今後も、まだまだ予断を許さない状況だが、今年もさまざまな女性たちが話題に。ということで恒例、年末番外編として極私的に「2021年の女」3人を選んでみた。

1位 小室眞子さん

 2021年、世間の注目と心配と話題をかっさらったのは、何と言っても小室眞子さんだろう。すったもんだの末に小室圭さんとついに結婚を果たし、念願のニューヨーク生活を始めたが、ここにたどり着くまでには紆余曲折、波乱万丈の連続だった。

 その根本的原因は、17年に発覚した圭さんの母親・佳代さんの金銭問題にあった。“金”を巡って、貸し付けたとする元婚約者と贈与と主張する佳代さん側とで意見の対立があったことで、長い間解決がなされなかった。そして世間やマスコミは小室親子を大バッシング、“眞子さまにふさわしくない”“結婚なんてありえない!”といった批判の声が多数を占めたのだ。そんな状況が長らく続いたわけだが、今年事態は大きく動いた。4月、圭さんが28ページもの釈明文書を発表、そして2人が結婚することが公表されたのだ。

 10月には2人そろっての結婚会見が行われたが、ここでも大きな衝撃が。世間が小室親子バッシングの根拠としてきた金銭問題、そして圭さんの18年の“突然の留学”だが、それは圭さんというより、眞子さんの意思が大きく働いてきたことが眞子さんの口から語られたから。

「婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした」
「圭さんのお母様の元婚約者の方への対応は、私がお願いした方向で進めていただきました」
「圭さんの留学については、圭さんが将来計画していた留学を前倒しして、海外に拠点を作ってほしいと私がお願いしました」

 まさに眞子さん主導であり、そして“鉄の意思”を貫いた末の結婚だということを改めて印象付けた言葉だった。そして皇室という特殊な世界から逃亡したいという強い意思も。

 今後の皇室、天皇制のあり方にも一石を投じた形になった眞子さんの結婚だが、さらなる問題が控えている。そう、妹ぎみの佳子さまの結婚問題だ。年末には小室家の金銭問題をスクープした「週刊女性」が、佳子さまの恋人の存在を報じるなど、その身辺が騒がしくなる予感。22年は佳子さま結婚問題が本格的に浮上する、かも!?

 そして2位は夏目三久。16年に勃発した謎のスキャンダルの決着が、5年の年月を経て結婚という形で“決着”したのだから、大きな驚きでもあった。

 発端は16年8月、「日刊スポーツ」がスクープした夏目三久と有吉弘行の熱愛、妊娠、そして結婚報道だった。夏目と有吉が熱愛関係にあり、さらに妊娠、結婚へという大スクープ。しかし事態は異様な展開をたどる。ワイドショーはこれを一切無視、「日刊スポーツ」の誤報説が取りざたされ、結果、11月になって「日刊スポーツ」が “おわび”記事を掲載する事態になった。

 その間「週刊文春」(文藝春秋)などが、夏目を寵愛する所属事務所・田辺エージェンシーの田邊昭知社長が有吉との熱愛に激怒したことを報道、さらに田邊社長と夏目の関係を意味深に記すなどしたが、結局は2人の結婚はおろか、熱愛、妊娠もすべてが“なかった”かのような収束を見たのだ。「日刊スポーツ」の大誤報として。

 芸能史上まれにみる、謎に満ちた熱愛スキャンダルであり、芸能界の闇、恐ろしい力学を垣間見た一件だったが、しかし21年に予想外の展開を見る。4月に2人の結婚が発表され、夏目は芸能界を引退したから。

 いやーすごいな。びっくりした。この間、2人は密かにその関係を育み、そして芸能界の力学を跳ねのけ、かつて2人の関係を潰した田邊社長をも説得し、結婚したということだ。眞子さん同様、夏目もまた相手を信じ、愛を貫いた“強い女”だった。

 そして今年は偉大な女性が逝去した。瀬戸内寂聴。99年間のその生涯は波乱万丈であり、慈悲にも満ちたものだった。20歳で見合い結婚し、女児を出産するも、夫の教え子と不倫→子どもを置いて出奔→離婚という事態に。その後も作家・井上光晴との不倫が世間を騒がせ、官能スキャンダル作家と批判され、文壇からパージされた。そして井上との関係を断つための出家――。

 女性の業、豊かな人生経験、そして戦争経験から繰り出されるユーモアある法話は多くの人々を魅了し、数多くの著名人との交友も話題になった。そして晩年は若い秘書との掛け合いがマスコミを賑わし、また最後まで旺盛な執筆意欲を見せていたという寂聴。

 改めてすごい女性だったと思う。