• Sat. Jan 29th, 2022

サイゾーウーマン編集部員が選ぶ、「今年読んでほしかった!」ベスト記事セレクション

ByAdmin

Dec 30, 2021

 2021年、サイゾーウーマンが公開した記事本数はざっと4800本。ジャニーズから芸能ニュース、料理レシピにマンガと日々いくつもの記事が更新されるため、よほどのサイ女マニアでも全記事完読は困難だったのではないでしょうか?

 実際、編集部員のほうも、記事を出したものの「あれ? 読まれてない……?」「ひょっとして、ブックマークしたまま忘れられている……?」など、あらぬ不安を抱いているものもあるんです。

 そこで今回は、いま一度読者の皆々様にお届けしたい記事を、編集部員のパワープッシュコメントとともにご紹介。芸能やゴシップだけではない、サイ女の“深層”を知る上でも、ぜひチェックいただけたら幸いです。

氷川きよしの覚悟に胸いっぱい

氷川きよしことkiiちゃんが「婦人公論」で語る! “演じてきた別人格”と“私”の2つの表現と覚悟

今年の下半期、サイゾーウーマン編集部では「kiiちゃん素敵!」ムードが同時多発で巻き起こったのですが、そんな事情を知るよしもないライターさんから、こちらの原稿が到着。やっぱり時代は今、kiiちゃんを求めてるのね!! と興奮しながら編集したものが、こちらの記事です。

 「男らしくあろうとさまざま努力もしました」と、これまでの葛藤を語るkiiちゃん。そこから「現実の私」を肯定して今に至る言葉に、胸がいっぱいになりました。生きる姿勢そのものがメッセージになっているkiiちゃんの来年のさらなる飛躍を祈り、またサイ女編集部のkiiちゃん元年を記念して選びました。

推しの「政治」的な言動に抵抗感があるのは、なぜ? K-POP・韓流ファンは避けられない『日韓のモヤモヤ』

K-POPアイドルが「独島は我が国」を歌ったというニュースや映像を見るたびに、モヤ〜とした気持ちになっていました。K-POPカルチャーを好きになるほど、裏からチクチク心を刺してくる「モヤモヤ」は大きくなるばかりなのに、その違和感を考えたりしませんでした。だって、日々更新されるキラキラした動画や写真や情報を見るのに忙しいし、モヤモヤしてたら応援できないし。……なんて調子で10年近くも違和感を放置していたんです。ひどい話ですね。

 でもBTSのブレークでいよいよモヤモヤの正体を見つめてみることにしたのが、この1本。20代の現役大学生の座談会トークなので、堅苦しさゼロ、友達と話してるノリで読めちゃうのでぜひ、読んでみてください!

ドラマ『アンという名の少女』副読本にオススメ! 斎藤美奈子『挑発する少女小説』氷室冴子『いっぱしの女』

『赤毛のアン』『若草物語』『あしながおじさん』といえば、小学生時代に夢中になった物語。アンやジョーやピッピから、自由に強く歩んでいくこと、自尊心を手放さず自分らしく生きる姿を教えてもらいました。そんな、少女を題材にした小説を解説した本『挑発する少女小説』をレビューした記事がこちら。

 ドラマの『アンという名の少女』は実は見ていないのですが、昨年には『若草物語』の映画版『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』が公開になるなど、少女小説がエンターテイメント分野でもにわかに盛り上がっているようです。エンタメ好きの人にも読んでもらいたい1本!

「ランドセルから宗教のアイテムを暴かれる」カルト宗教2世信者あるある言いたい!

 多面的な顔を持つサイゾーウーマンの中で、編集部員が密かに(?)熱心に展開しているジャンルが「宗教」。2021年は「2世信者」の方の原稿を毎月公開してきました。

 すでに宗教から脱会したという、元・2世信者のこのライターさん。親が熱心な信者の場合、どんな幼少期を過ごし、どんな友人関係を築くのか? なかなかよそでは読めない内容を明かしてくれています。シリアスではなく軽いタッチでつづられているので、読み始めると次へ次へと読み進めちゃいますよ!

94歳、“オンナ詐欺師”の仰天「ホラ吹き」人生ーー「年寄りには親切に」を逆手に【岡山・高齢女性詐師:前編】

 女性犯罪者が起こした実際の事件を、高橋ユキさんが執筆する連載「悪女の履歴書」。これまでは殺人事件ばかりを追ってきましたが、こちらは詐欺事件とあって、ちょっとおかしみ要素もあります。

 金持ちを装ったおばあちゃんが、町内中の住民から金を詐欺っていくのですが、騙されるほうの下心を刺激するのが実にうまいんです。それだけ金を集めてなにに使っていたのか? それは原稿を読んでいただきたいのですが、おばあちゃんの人間性が表れていましたよ。連載担当者として、このおばあちゃんは歴代ナンバーワンでキャラ立ちしている人物。映画化希望の事件でした。 

「レノアリセット」“ヨレ戻し効果”は本当か!? 3年着用Tシャツ&トレーナーで検証レビュー

 IKKOが「ヨレ戻し~!」と高らかに叫ぶCMでおなじみの柔軟剤・レノアリセットの実力を試したレビュー記事。パッケージ裏には、ヨレヨレのTシャツや毛玉だらけのトップスを洗うと、新品のように元通り……と伝えたいのだろう写真が掲載されているものの、にわかには信じがたい! ということで、「3年以上着用してヨレヨレになったTシャツ」「保育園で子どもが着倒したトレーナー」「綿100%のニット」を洗って、徹底的に検証!

 結果として、パッケージ裏のような「新品同様」には戻らなかったものの、「なんか洋服が元気になった」という、今までの柔軟剤にはなかった変化を実感。しかし、残念な点も……。記事内には、レノアリセット使用前・使用後の写真も掲載しているので、ぜひその目で確認してほしい。ちなみに、この記事を掲載してから、我が家の柔軟剤はずっとレノアリセットです。

スマホアプリ「マフィア・シティ」で30分だけ遊んでみたら……戦うどころか「街づくり」!? 敵がわからない「抗争シーン」と悲しき結末

 今年も1年「ステイホーム」な日々が続き、時間を持て余していた人も少なくないのでは? そんな時、なんとなくYouTubeを見たり、なんとなくネットサーフィンをしたりしていると、なんとなく目に留まるのが「マフィア・シティ−極道風雲」という謎ゲームの広告。これを見る限りでは、プレイヤー自身がチンピラになって、“マフィアのボス”に成り上がっていくシミュレーションゲームのはずなのに……。

 「30分だけ無課金で遊んでみて、面白さをジャッジする」という企画だったものの、ライター・アウちゃん氏の“ファインプレー”で、まさかの結末に! ネットの広告はあてにならないという学びだけでなく、iPhone仕様の罠にも気付ける奥深い1本。

未明の伊勢崎で山口組と稲川会が大乱闘! 元極妻が語る、ヤクザが抗争を起こすワケ

 一方、こちらはホントのヤクザに関する1本。人気連載「『元極妻』芳子姐さんのつぶやき」で、群馬・伊勢崎で勃発した集団大乱闘を解説しています。これ、YouTubeで検索すると、やばすぎる動画が見られるのですが、今年一番の衝撃映像でした。

 伊勢崎の交差点にたむろする約20人ほどの男性集団に1台の車がツッコんでいくところから始まり、金属バットのようなもので殴られ、蹴り飛ばされる男性の姿も……。そこに、取り囲んでいた男たちに別の車が突っ込んできたと思えば、銃撃音のようなものも聞こえるし、最後のほうでは車で何人もの男が跳ね飛ばされているのが映されています。トラウマ級なので、動画は各自、覚悟の上でお願い致します。

瀬戸大也の不調&不倫は「馬淵優佳のせい」? 「オンナが料理をすべき」の思い込みが、“アスリートの妻”に背負わせるモノ

 東京五輪の競泳日本代表選手にもなった夫・瀬戸大也の不倫が発覚したのは、2020年9月。瀬戸は瞬く間にスポンサーを解除され、大会出場停止処分を受けるなど、芸能人よりもキツ~いペナルティが課されましたが、一方の馬淵は、この時から「輝きだした」といって差し支えないのでは?

 何がどう転んだのか、夫の不倫を踏み台にしたかのようにメディア出演が活発になり、世間が思う“アスリートの妻”像とかけ離れて行ったからか、ネット上では厳しい声も飛び交うことに。しかし、それは「妻は夫を支えるべき」というバイアスがかかっているから……と指摘した1本。来年も馬淵の動向に注目シています!