• Wed. Jan 26th, 2022

Sexy Zone・菊池風磨、サントリー創業者の末裔だった! 「知的さがわかる」陣内智則も納得

 嵐の相葉雅紀がMCを務める正月特番『はじめまして!一番遠い親戚さん』(日本テレビ系)が1月2日に放送され、ゲストにSexy Zone・菊池風磨がゲスト出演した。

 ゲストの家系図をたどり、本人も知らない親戚を明らかにしていく同番組。まず、菊池が「あこがれていた」という祖父は政治家・長谷川四郎の第一秘書だったことが紹介され、菊池はその影響から小さい頃に「政治家になりたい」という夢を抱いていたことを明かした。

 とはいえ、実際は嵐にあこがれてジャニーズ入りした菊池。同事務所入所時、祖父から「大学に行くこと」という条件が出されたとか。その理由は「そこでできた仲間が、あとあとお前を助けてくれる」というもので、祖父のアドバイス通り、菊池は大学に通いながらアイドル活動を続けたという。

 さらに菊池の親戚をたどると、5親等には老舗のコーヒー会社・キャピタルコーヒーの創業者、7親等に日本有数の建築学者として大阪万博の会場設計に携わったほか、食寝分離論(食事をする場所と寝る場所を変えること)を住宅計画に組み込んだ西山夘三氏、8親等に広島県呉市の初代市長・佐久間義一郎氏、11親等に戦艦「大和」の設計を手がけた工学者の平賀譲氏、13親等にサントリーホールディングス会長の佐治信忠氏、13親等にサントリーウイスキーを生み出したサントリー創業者・鳥井信治郎氏がいることが判明。

 加えて、27親等にはなんと、根津財閥(現在の東武グループ)の創始者である根津嘉一郎氏がいることが明らかになった。根津氏は社会貢献のひとつとして集めた美術品を自宅で公開しており、それが現在の「根津美術館」(東京都港区)になっているという。

 この偉大すぎる親戚に驚いた菊池は、拍手をしつつ「根津美術館の前は、積極的に通ろうと思いました」とコメント。ゲストのお笑い芸人・陣内智則から「風磨の知的さがわかる。ちょっとそういう一面を持ってるのは、親戚さんたちの環境もあるのかな」と分析されると、菊池は「いやいや……」と謙遜し、「親戚がこんなにいっぱいいたんだっていうのと、すごく支えられているなっていうのを思いました」「取材してくれた(スタッフの)取材力っていうのに、すごく感謝」「楽しいですね、これは」と笑顔を見せた。

 この日の放送に、ネット上では「各界の革命児を親戚に持つ風磨くん、すごすぎる!」「風磨くんが頭が良くて、ちゃんとした人である理由がわかった気がする」「親戚さんのすごさには驚いた。風磨くんの賢さと品の良さのルーツを見た感じ」といった反響が寄せられていた。