• Wed. Aug 17th, 2022

元V6・坂本昌行の“プロ”ぶりを関係者称賛! メンバー結婚時、ジャニーズも問題視する“ファン離れ”あった!?

 元V6・坂本昌行が、レギュラー出演中の情報バラエティ番組『ノンストップ!』(1月7日放送、フジテレビ系)に生出演。昨年12月30日に女優・朝海ひかると結婚したことをあらためて報告し、MCのバナナマン・設楽統ら共演者から祝福の言葉が送られた。

 坂本といえば、メンバー内でも「最も結婚から遠い男」と称されていただけに、昨年末の結婚発表には、周囲の関係者も驚いたとか。V6メンバーの結婚発表に際しては、過去、“炎上”に近い例もあったが「自らを律し続けた坂本だけに、関係者からの祝福も相当なもの」(スポーツ紙記者)だという。

 各紙の報道によると、坂本と朝海は2018年11月に上演した坂本主演のミュージカル『TOP HAT』での共演を機に、19年春頃から真剣交際に発展。以降、週刊誌ではたびたびツーショットをスクープされていた。

 なお、ジャニーズ事務所所属アイドルには現在に至るまで「交際までなら黙認」という暗黙のルールが存在するという。

「しかし、結婚となると話は別。単なる熱愛報道であれば、事務所や本人がスルーすれば『なかったこと』にできますが、結婚となればそうもいきません。ファンからすれば現実を突きつけられるに等しく、深刻な“ファン離れ”につながるため、CDの売り上げやファンクラブ会員数、コンサートの動員数が減るなど、目に見える形で影響が表れます」(芸能プロ関係者)

 V6メンバーで独身なのは、いまや三宅健のみだが、特に17年12月の岡田准一と女優・宮崎あおいの結婚発表時には、ネット上で炎上騒動へと発展した。そもそも2人は、宮崎と元俳優・高岡蒼佑の離婚騒動中に不倫疑惑を一部メディアにスクープされており、離婚原因は宮崎の不貞にあるのではないかとささやかれていた。

「その後、宮崎は高岡と正式に離婚し、岡田と宮崎は17年12月に入籍。こうして岡田の“不倫略奪”疑惑が浮上しました。さらに、クリスマスイブの12月24日に結婚が正式発表されたことや、ファンクラブ会員に送られた結婚発表の手紙が、一部の人には同22日に誤配送されるハプニングもあり、炎上騒動に発展。SNS上には『クリスマスイブに突然結婚を宣言するのは無神経』『こんなクリスマスプレゼントいらない』などと、ファンの罵詈雑言が飛び交う事態となりました」(同)

 18年3月には森田剛が宮沢りえと結婚し、ネット上ではファンから祝福の声もあったが、岡田の結婚直後とあって、「立て続けにメンバーが結婚なんて……」「正直、喜べない」といった悲鳴も漏れた。

「一方で、世間的には前向きに捉えられていた印象の井ノ原快彦と瀬戸朝香、また長野博と白石美帆の結婚時も、やはり事務所内で問題視されるほど、ファン離れが発生していたそうです」(同)

 こうしたメンバーたちの結婚事情を間近で見ていたからか、V6では唯一坂本だけが「アイドルでいるうちは結婚しない」と明言していたのだとか。

「坂本にしても過去、元モーニング娘。の中澤裕子や女優・大塚千弘との交際が報じられていますが、自らの『アイドルでいるうちは一生結婚しない』『自分はファンのもの』という信念から、いずれも結婚には至らなかった。しかし、V6は昨年11月のグループ解散を機に各々の道を歩み始めることとなり、ようやくその“呪縛”から解き放たれたのでしょう。アイドルとして、最後までプロに徹した坂本の結婚は、ファンから『さすがリーダー!』『解散してから身を固めるなんて好感度上がる』と称賛の声が上がっていますが、ジャニーズ関係者も手放しで祝福していますよ」(前出・記者)

 “プロ彼女”も顔負けの“プロアイドル”坂本に、あらためて敬意を表したい。