• Tue. Jan 18th, 2022

高畑充希主演『ムチャブリ!』、初回8.9%も「ファッションが微妙」「見るの疲れる」と賛否

 1月12日、高畑充希主演の連続ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系)がスタート。初回世帯平均視聴率は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、まずまずのスタートを切ったが、「第1話を見たネットユーザーからは賛否両論の声が上がっている」(芸能ライター)という。

 同作は、昨年1月期放送の上白石萌音主演『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)にも参加した脚本家・渡邉真子氏による完全オリジナルストーリー。ベンチャー企業・リレーションゲート社長の浅海寛人(松田翔太)の秘書として働いてきた主人公・高梨雛子(高畑)が、子会社の社長になることを“ムチャブリ”されて奮闘するという、お仕事エンターテイメントドラマだ。

 第1話で、雛子は寛人が買い取った老舗フレンチレストラン・セゾンヌヴェルの立て直しを命じられる。しかし、店を買い取られたと知らなかったシェフ・古賀道夫(神保悟志)たちからは猛反発されてしまう……という展開だった。

「高畑は、今作が放送されている日本テレビの『水曜ドラマ』枠で過去2回主演を務めています。『ムチャブリ!』の初回平均視聴率は、2017年7月期の主演作『過保護のカホコ』の11.6%には及ばなかったものの、19年10月期の『同期のサクラ』の初回平均8.1%は上回っています。ネット上には『高畑充希のドラマなら面白くなりそう』といった声もありますから、『ムチャブリ!』も今後の盛り上がりに期待です」(同)

 とはいえ、同ドラマをめぐっては、ポジティブな意見ばかり寄せられているわけではないようで……。

「まず、雛子のファッションに賛否両論が飛び交っています。“ベンチャー企業の秘書から社長に転身する”というキャラクターのためか、ジャケットにパンツスタイルが多く、ネット上には『デキる女って感じ』『かっこいいテイストで好き!』との声もみられますが、『攻めてる感じのファッションばかりで真似しづらいな』『“お仕事ドラマ”はファッションを見るのが楽しみなのに、オーバーサイズの服が多いからか、なんか微妙』『ワイドパンツの丈、長くない?』『小柄な充希ちゃんに似合ってない』などとネガティブな反応も目立ちます」(同)

 ちなみに、高畑は役作りのため、茶髪のショートヘアにスタイルチェンジ。ネット上では「充希ちゃんに似合ってる」と評価する声もあるが、「ベリーショートだからこそ、服装が大事」「衣装のせいで、老けて見える」との指摘も見受けられる。

「また、第1話で、レストランの立て直しをめぐり口論となった雛子の部下・大牙涼(志尊淳)と古賀シェフの仲裁に入った雛子が、古賀シェフに殴られてしまうシーンがあったように、同ドラマではこの先も、彼女が新社長としてさまざまな困難に直面する展開が予想されます。そのため、ネットユーザーからは『お仕事ドラマって、うんと明るい内容じゃないと見てるのも疲れるんだよね』『週の半ば、お疲れ気味の社会人視聴者は、主人公が仕事で悩むようなドラマは見たいと思わない』という否定的な声が噴出しています」(同)

 『過保護のカホコ』や『同期のサクラ』では、最終的には全話平均視聴率2ケタ台を獲得していた高畑。今後の巻き返しに期待したい。