• Sun. Aug 14th, 2022

TOKIO・松岡昌宏、浜辺美波の「かませ犬」に? 「怖い」と失笑続出のイラスト披露

 TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が1月12日に放送された。この日はゲストに女優の浜辺美波が登場。女性代表ゲスト枠「エンジェルちゃん」として、お笑いトリオ・森三中の大島美幸も出演した。

 今回は、「愛犬の絵を描きたいけど上手に描けないため、絵の描き方を教えてほしい」という浜辺のリクエストに応え、絵の上達テクニックを学ぶことに。まずは絵心をチェックすべく、なにも見ない状態で浜辺、大島、松岡昌宏の3人が犬の絵を描いたが、もっとも物議を醸したのは松岡のイラスト。

 浜辺の愛犬であるポメラニアンの「ぽぷ」ちゃんを描いたというが、ドヤ顔で披露したスケッチブックには、目の大きな毛むくじゃらの生物の顔がアップで描かれており、耳はなく胴体はシンプルな線でサッと適当に描いただけ。愛犬を描いてもらえたと聞いて「やった! 欲しい!」と喜んでいた浜辺も絶句するほどの仕上がりになっていた。

 この絵を見た国分太一が発した「ちょっと怖いんだよね」という言葉を受け、スタジオ内に失笑が漏れる中、続けて国分は「『スター・ウォーズ』に出てきそう」と指摘。大島もうなずいていたが、松岡は「そうなの?」と納得がいかない様子。さらに、浜辺には「自分ってちょっとヘタかなって思ってたんですけど、松岡さんの(絵を)見ると元気出ました」と言われてしまい、松岡は「なんだ、このかませ犬」と不服そうに嘆く場面も。

 その後、浜辺、大島、松岡の3人はイラストレーターの花澤佑太さんに犬を上手に描くポイントをVTRで習い、「輪郭・体型を図形でとらえる」「目と鼻のT字を読み取る」「特徴を大袈裟に表現する」という3つのポイントを押さえながら、再度絵を描いてみることに。

 すると、グンと上達したのが大島。浜辺も犬の下半身を描くのにやや苦戦したようだが、表情をしっかりととらえていた。対する松岡の絵は、当初よりは成長がみられたものの、全身の毛をぐるぐるのうずまきで表現したため、大島や国分から「ぐるぐるが多すぎる」とツッコミが。松岡はうまく描けたと主張したものの、浜辺は「なんだろう……なんで怖くなるんだろう」と苦笑いを浮かべていた。

 この日の放送に視聴者からは、「松岡くんが画伯って知らなかった!」「マボは怖いな絵が(笑)」「『スター・ウォーズ』のチューバッカじゃん(笑)」「なんか味があって面白い」という声が集まっていた。