• Thu. May 19th, 2022

ラランドから蛙亭へ、ゆうちゃみ、高嶋ちさ子も……テレビマンが明かす「代わりにブレークした」3組

 生き馬の目を抜く熾烈な戦いが続く芸能界。「代わりはいくらでもいる」と言われるこの世界で、言葉通りに“交代”になった芸能人がいる。2021年で姿を消したタレントと、代わりに急成長を遂げたタレントをテレビマンに挙げてもらった。

「ギャル枠にいたゆきぽよは、ゆうちゃみにポジションを取って代わられました。ギャル雑誌『egg』(大洋図書)の専属モデルでもあるゆうちゃみは、一昨年のテレビ出演本数はわずか2本だったのが、昨年は140本超え。いまだに出身の大阪在住だそうですが、多忙のあまり月に25日は東京でホテル暮らしをしているそうです。このブレークは、彼女の魅力あってのことと思いますが、ゆきぽよの不在が影響していることも間違いないでしょう」(業界関係者)

 ゆきぽよは、ちょうど1年前の2021年1月、自宅で知人男性がコカインを使用して逮捕。自身も家宅捜査と尿検査を受け、その結果、陰性となったが、そこから地上波出演は激減。いまだ復活の兆しすら見えない。

 同じく、いつしかバラエティ番組から姿を消したとして名前が挙がったのが、お笑いコンビ・ラランドだ。オンライン決済サービス「LINE Pay」を通じてファンに送金してもらっているニシダと、そんな相方のクズぶりをボヤくサーヤのコンビで人気を博した。

「しかし、昨年後半からラランドは失速。代わってブレークしたのが蛙亭でした。毒舌のイワクラと、ぽっちゃりしてボンヤリした中野周平は、ラランドにも似た男女コンビですが、イワクラが『アメトーーク!』(テレビ朝日系)などでピンで活躍したり、昨年末までオズワルド・伊藤俊介ら男芸人と同居していたなど、さまざまな話題を提供。同年10月『キングオブコント2021』(TBS系)でもトップバッターながら笑いをさらうなど、今後も売れていくものと思われます」(放送作家)

 一方で、一度は譲りかけた“椅子”を取り戻した芸能人もいる。ヴァイオリニストの高嶋ちさ子もその一人で、『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)などレギュラー番組も好調だ。

「これまでは毒舌一本やりのキャラクターで、また心療内科に長年通うことを告白するなど、メンタルにも波がありました。しかし、最近はずいぶんと落ち着き、テレビ向けにムリに振る舞うこともなくなってきたようです。レギュラー番組の視聴率も高水準をキープしていて、大みそか放送の『ザワつく! 大晦日』は第1部(午後6時〜)が世帯12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人7.7%。第2部(午後8時~)が世帯9.3%、個人5.4%を記録し、民放大みそかのゴールデン・プライム帯で初のトップを記録しています」(同)

 そんな高嶋の椅子に、一時期座ろうとしていたのが、同じヴァイオリニストの木嶋真優だったという。

「ワタナベエンターテインメント所属の彼女は、同じ事務所の文化人枠在籍の立川志らく司会の『グッとラック!』(TBS系)でコメンテーターを務めたり、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では自身の恋愛を逐一報告。20年には同番組で、会社社長との結婚を発表するなど、話題を振りまいていましたが、今一つ爆発力に欠けてしまったのか、それとも本来の音楽活動に専念したいと思ったのかバラエティでの露出は激減。高嶋の一強体制は崩れることはありませんでした」(制作会社スタッフ)

 ちなみに、最近になって活躍が目立つ人物として、元女子レスリング選手・浜口京子の名前も聞こえてきた。

「天然ボケのイメージですでに人気でしたが、ここ最近は『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で自らボケにいくなど、一段と突き抜けています。一時期は、元なでしこジャパンの丸山桂里奈が同じようなキャラクターで出演数を伸ばしていましたが、若干、飽きられています。元ガンバ大阪のゴールキーパー・本並健治と結婚した後は、その“特需”でセット売りが目立っていましたが、2人でいても大した魅力がないことも判明してしまいました」(同)

 22年は始まったばかり。ゆうちゃみや蛙亭など、今回名前の挙がったメンツが今年最後まで、居場所をキープできることを願いたい。
(村上春虎)