• Sun. May 22nd, 2022

石原さとみ、NHK新番組でMC報道のウラで女優業を“NG指定”!? 事務所と意思疎通図れずか

 2月9日、NHKが会見を開き、4月9日から新たな生活情報番組『あしたが変わるトリセツショー』(以下、『トリセツショー』)を放送すると発表した。関係者によると、同番組は今月2日に終了した情報番組『ガッテン!』の“後継番組”としての意味合いを持ち、一部スポーツ紙では、MCを女優・石原さとみが担当すると伝えている。

 石原といえば、2020年に一般男性と結婚し、今年1月には第1子妊娠と「出産は春頃を予定」であると公表。それだけに、MC就任報道にはネット上で体調を気遣うコメントも寄せられているが、業界内では「石原と所属事務所・ホリプロがしっかり意思疎通できているのか懸念する声が上がっている」(テレビ局関係者)という。

「『トリセツショー』は、昨年8月と10月に俳優・満島真之介によるMCで特番放送された『万物トリセツショー』をリニューアルし、レギュラー化したもの。これまでドラマや映画などさまざまな作品で女優業を展開してきた石原が、初めて情報番組でMCを務め、世間にあまり知られていない情報を深堀りして紹介する内容だといいます」(芸能ライター)

 しかし、石原は出産を控えた身とあって、ネット上のファンからは「新番組と出産時期が被ってて大変じゃない?」「レギュラー番組が増えるのはうれしいけど、赤ちゃんのこともあるし無理はしないでほしい」といった心配の声が寄せられている。

「石原は妊娠を明かした際、事務所を通じて『赤ちゃんの事を第一に考えながら、大好きなお仕事にもマイペースに励んでいけたらと思います』などとコメントしていましたが、実際は、もっと早い時期からドラマや映画への出演を“NG指定”していたとか。それも、結婚すると発表した20年10月頃にはその意向を事務所に示していて、綾野剛とのダブル主演が早くに内定していた21年4月期の連続ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)以降は、長期の時間的拘束が不可に。石原が結婚と同時にこのような条件を提示した理由は、まさに“妊活”のためだったそうです」(前出・関係者)

 人気女優の石原だが、結婚後は家庭優先で仕事をセーブしたようだ。

「独身時代から結婚願望が強いといわれていた石原ですが、それ以上に強かったのが出産願望。妊娠発表時、一部スポーツ紙には、関係者による『今後CM撮影など、対応できるものはしていく予定』といったコメントも掲載されたものの、実は裏では全面的に女優業を休止していたわけです。しかし、『トリセツショー』のスタートは出産時期とモロ被りしている。どれほどの時間的拘束になるのか現時点では不明ですが、石原本人と事務所サイドの意思疎通がきちんと図れているのか疑わしいところです。ただ、NHKは全テレビ局の中で、“もっとも育休制度が手厚い”といわれているので、万全なケアの元でスタートできるとは思います」(同)

 石原はもちろん、ファンや視聴者が安心できるようなバックアップ体制が公にされることを期待したい。