• Sun. May 22nd, 2022

ヤマザキパン【みたらしだんごあんぱん】食べたら、カリカリモチモチからのジュワッとバター広がる! 絶対うまいヤツだった

料理がまったくできない主婦の私。料理は夫担当になっていますが、子どもが大きくなるにつれ、私も作らなアカンときに見舞われるように。まずはSNSで人気の簡単レシピから料理にチャレンジ!

今日のレシピ:【みたらしだんごあんぱん】ヤマザキパン公式レシピ

 我が家にはホットサンドメーカーという画期的なアイテムはない。この日本にホットサンドメーカーを持っていない家庭はどれくらいいるのだろうか? 調べてみたが答えは見つからなかった(でしょうね)。でも、ヤマザキパン公式レシピである【みたらしだんごあんぱん】がどうしても作りたくなった筆者は、ホットサンドメーカーの代用を何かでできないものかと考えたあげく、レシピにチャレンジしてみることにした。

 今回のレシピはあんぱんにバターとみたらし団子を挟むらしい。成功すれば絶対おいしいが約束されてるはず! 作ってみました。

 材料と手順はこちら。

・高級つぶあん1個
・串だんご(たれ)1本
・バター 10g

 高級つぶあんを横半分に切ります。切ったパンの下半分に、串から外しただんごとバターの薄切りをのせて、パンの上半分で挟みます。予熱したホットサンドメーカーで3分ほど焼きます。
(レシピはヤマザキ公式サイトより)

 実際に作ってみましょう! ヤマザキパンのあんぱん「高級つぶあん」とみたらしだんご、バターを準備しました。

 あんぱんを半分にカットして。

 串から外したみたらし団子を豪快にのせて。反対側にバターものせました。

 あんぱんを元どおりの形にしたら、フライパンにのせました(本当はホットサンドメーカーで挟みます)。

 あんぱんの上に綺麗な銀ホイルをのせて、さらに水を入れた鍋をのせてみる。そして両面を焼いてみた。

 奇跡的にカリッとしたあんぱんが完成してしまった! みたらし団子もいい感じに潰れていてこれは成功ではないでしょうか。調理時間は5分もかからずできました。

 ふわっとしていたあんぱんは表面がカリッと焼けている。食べてみました!

 あんぱんの表面はカリカリで歯ごたえはいいのですが、噛めばジュワッとバターの味が口一杯に広がって想像以上の甘さ。みたらし団子の餅の食感が、まるでパンがモチモチになったような錯覚を起こす。もうこれは私たちの知っている普通のあんぱんではない、全くの別物です。

 かなりカロリーは高そうですが、たまたま家にあったシブめの緑茶とかなり相性が良かった。ホットサンドメーカーはありませんでしたが、たぶんうまさの度合いは変わらないでしょう! ホットサンドメーカーがなくても作ってみる価値は大アリです!

【総評】
もう一度作りたい度:★★★★☆(ホットサンドメーカーがあればもっと簡単かも)
ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★☆(水の入った鍋を上から結構押した)
子供ウケまたは夫ウケ:★★★★☆