• Sun. May 22nd, 2022

コロナ禍の中学受験、「無責任」なパパをホテルに自主隔離したら……息子に思わぬ影響が!

“親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

 今年度の中学受験も幕を閉じようとする時期になった。毎年、中学受験に挑んだ家庭の数だけ、さまざまなドラマが繰り広げられるのであるが、今年はオミクロン株が猛威を振るう中での受験であったため、受験生家族にとっても、相当、神経を使う受験になったと聞いている。

 美幸さん(仮名)一家の受験も大変だったという。

「ウチは神奈川在住なのですが、主人は毎日、東京まで通勤しています。リモートができない職種なので、コロナ禍であっても、通常通りの勤務です。ご承知のように、『第6波に突入』という報道が続きましたので、“万が一”があってはならないということで、主人は年末から職場近くのビジネスホテルに長期滞在することになったんです。もちろん息子の朝陽(仮名)も受験終了まで小学校をお休み。塾の講義もすべてオンラインで受けさせていたんです」

 中高一貫校の中にはコロナ対策のために追試を実施する学校もあるのだが、朝陽くんの志望校では、そのような対応がなされていなかったため、受験日前に感染してしまったら、受験すらもできないということになっていた。チャンスすらも与えられずに「桜散る」なんてことは絶対に避けたいという親心は中学受験を体験した人ならば理解できるだろう。

「朝陽が小学3年の頃です。第1志望のC学園の文化祭に行ったんですよ。その時に、鉄研のジオラマを見せてもらい、以来、ずっとC学園の虜でした。なので、たとえ、不合格でもチャレンジさせたかったんです」と美幸さん。

 朝陽くんは大手中学受験塾に1年生の時から通っていたそうだが、美幸さんいわく最初は「遊びの延長」で「学習習慣を付けられたらOK!」くらいの感覚だったそうだ。

「もし、朝陽が中学受験をしたいと言ったならば、もちろん応援しようと思っていたのですが、低学年の頃は、そこまで真剣には考えていなかったんです。でも朝陽の『C学園の鉄研に入りたい!』という気持ちが強くなってきたので、じゃあ、頑張ってみようかということで、我が家なりの受験を目指すことにしました」

 しかし、どの家庭もそうなのだが、思うように成績が伸びるという魔法のようなことは起こらず、母子バトルを繰り返しながらの“受験道”だったという。

「もう、やる気が見られない態度を取るんで、『そんなことなら、今すぐやめなさい!』『やめない!』の繰り返しですよ。『やめない!』という割には真剣さに欠けるように見えてしまい、不毛な戦いを繰り返していましたね……。主人ですか? 主人はいつも冷静に『本人次第』と言うだけなので、なんだか無責任に感じちゃって、主人の対応も不満でした」

 しかし、やる気が上向かないのは当然かもしれない。昨年、今年と新型コロナウイルスに翻弄され続けている受験生たちだ。モチベーションを維持することが極めて難しい受験期間であったはずだ。

「朝陽の代は、いろんな学校行事がなくなってしまい、修学旅行も中止です。塾がオンラインだった期間も長かったですし、C学園にも、この2年、1回も見学に行けていません。

 ほかの学校に見学に行きたくとも、このご時世です。結局、どの学校もネットで学校情報を集めるくらいしかできなかったんです。朝陽も、この勉強が将来にどう繋がっていくのかをイメージしきれなかったように思います」

 朝陽くんにスイッチが入ったのは、年明けだったそうだ。突然、自主的に机に向かうようになり、美幸さんから見ても、集中しているのがわかったという。

 あとでわかったことらしいが、そのきっかけとなったことは2つ。1つはC学園の生徒たちがSNSで発信している「応援メッセージ」。これを繰り返し、見ているうちに「やっぱり、どうしてもここに入りたい!」と思ったそうだ。

 もう1つが父親との会話。朝陽くんはビジネスホテル滞在中の父親と毎夜、LINE電話で顔を見ながら話をしていたらしい。ある時は、理解しきれていないと感じた問題の解き方を教えてもらい、ある時は、本当に他愛もない会話で盛り上がっていたそうだ。

 美幸さんにとっては、それは意外なできごとだったという。

「主人は口下手な上に、そもそも仕事人間。今まで一つ屋根の下に暮らしていても、朝陽と一緒に遊ぶこともなかったですし、ましてや息子と深い話をするなんてことはなかったんです」

 朝陽くんが受験後に美幸さんに教えてくれたところによると、C学園受験本番前夜に言われた父親の言葉で、さらに頑張ろう! と思ったという。

「人は努力をしても夢が叶うとは限らない。でも、努力をしないと夢は叶えられない。さらに言えば、夢を持たないと、努力もできない。朝陽、パパはお前が夢を持ってくれたことがうれしいし、その夢に向かって、朝陽なりに努力をしてきたことを本当に誇りに思っている。結果は気にせず、朝陽の思いを答案用紙にぶつけてこい。パパが言えるのは、これだけだ」

 結果は見事、合格。美幸さん夫婦はもちろん大喜びで、朝陽くんの努力を称えた。「パパが僕の頑張りを認めてくれたことが一番、嬉しかった」と朝陽くんは満面の笑みを浮かべたという。

 美幸さんは「男同士の絆っていうんですかね……。何だか母親には入れない世界があるみたいです」と微笑んだ。

 朝陽くんは、今、C学園の制服が届くのを楽しみにしているそうだ。