• Thu. May 26th, 2022

渡部建、出演オファー殺到もNG連発!? 人力車が“即拒否”で「何様」と不評か

 芸能活動再開に関する賛否の声が連日ネット上を賑わせているアンジャッシュ・渡部建。復帰の場となった2月15日放送の冠番組『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)では、終始神妙な表情で謝罪の言葉を述べた。視聴者からは「生理的に受け付けない」「不快」などとネガティブな意見もある一方、「家族のためにも頑張ってほしい」と応援の声も増えつつあるようだ。

 それもあってか、業界内では渡部に対する“出演オファー”が殺到しているというが、「曖昧な対応が災いして、一部で大不評を買ってしまっている」(お笑い関係者)のだとか。

 渡部にオファーを断られたことを真っ先に公言したのは、今月20日に配信されたネット番組『ABEMA的ニュースショー』(ABEMA)に出演した、千原兄弟・千原ジュニア。番組内で『白黒アンジャッシュ』の渡部復帰回に言及し、渡部に兄・せいじと共に毎月開催しているトークイベント「千原トーク」への出演オファーを行ったと明かした。

「ジュニアは自身のマネジャーを通じて、アンジャッシュが所属する人力舎にオファーを出したところ、『今は「白黒アンジャッシュ」だけでやっていきたいと思います』と、NGが出たと報告。実は先週から、ジュニアだけでなく多くの芸人や制作会社が、アンジャッシュや渡部に出演を打診しているそうです」(テレビ局関係者)

 といっても、渡部に関しては「出演のウワサが出ただけでも、スポンサーに苦情が殺到する」(同)というこれまでの事例から、オファーがあるのはイベントやウェブ番組、雑誌など限られた媒体になっているという。

「今月15日放送の『白黒アンジャッシュ』で渡部は、『オファーを万が一いただけるなら、芸能にかかわらず必要とされる場があればやっていくつもり』と今後の活動に意欲を見せていましたが、コンビとしては当面、『白黒アンジャッシュ』と、自ら主催するステージのみの活動に集中するという信念を持っているようです。渡部や相方の児嶋一哉、また彼らと面識のある関係スタッフへ出演を直接打診できれば、そうした事情説明を聞けるのでしょうが、正面から事務所へオファーした場合は、理由もわからないまま即座に拒否されてしまう。NGを食らったある関係者は、『いったい何様だ』と陰口を叩いていました」(前出・関係者)

 なお、渡部は不倫報道から約半年後の20年12月、突如謝罪会見を行ったものの、一部で報じられた同年大みそか放送の特番『笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」での復帰については曖昧な受け答えに終始していたため、余計にバッシングが過熱した過去も。

「番組はすでに収録が済んでいたものの、渡部はサプライズ出演する予定だったことから、会見で仕事内容について言及できなかったようです。今回はそういったしがらみがあるわけではありませんから、事務所サイドから『白黒アンジャッシュ』とコンビでのお笑いステージに集中するべく、『しばらくの間は渡部個人のオファーを受け付けない』という報告があって然るべきでは。大御所芸人や恩人など、断りづらい相手からのオファーを見据えての措置なのかもしれませんが、結果的に、より渡部自身が追い込まれる状況となりつつあります」(同)

 事務所サイドの“根回し不足”が否めないまま復帰に至った渡部だが、今後もしばらくは『白黒アンジャッシュ』での様子だけが、毎週ネット上で取り沙汰されていくのだろうか。