• Thu. May 26th, 2022

元KAT-TUN・田中聖、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕! 逮捕歴4回の女が語る「クスリの“本当の怖さ”」とは?

 2月24日、元KAT-TUN・田中聖が覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。愛知県名古屋市のビジネスホテルで覚醒剤約0.164グラムを所持していた疑いがあり、ホテル従業員が白色の結晶状のものを発見したとのこと。愛知県警によれば、田中は「わからない」と容疑を否認しているという。

 田中は2006年にKAT-TUNとしてデビューしたが、13年に「度重なるルール違反行為があった」として、ジャニーズ事務所から契約解除となり、同時にKAT-TUNも脱退。その後はバンド活動や、YouTubeチャンネルを立ち上げるなど活動を続けているものの、17年には大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕(のちに不起訴)されており、何かと不穏な話題が絶えない。

 現段階では「所持」の疑いであり「使用」については明らかになっていないが、サイゾーウーマンで人気コラム「知られざる女子刑務所ライフ」を連載している中野瑠美さんは、自身も覚醒剤の使用や密売で逮捕起訴された経験があるため、同連載でたびたびその恐ろしさを訴えてきた。

 そんな中野さんが考える「クスリの“本当の怖さ”」とは、一体なんなのだろうか? 2020年夏に公開した記事を、改めて掲載する。
(編集部)


(初出:2020年8月9日)

覚醒剤逮捕歴4回の女が語る、クスリの“本当の怖さ”! 『テラハ』出演者、警察官、国税職員も大麻所持!

覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

田代まさし&槇原敬之の覚醒剤事件に判決

 もうすぐお盆休み的なタイミングで、マーシーこと田代まさしさんと、マッキーこと槇原敬之さんの覚醒剤事件の判決が出ましたね。

 マーシーは7月29日で、一審仙台地裁の「懲役2年6月、うち6月を保護観察付き執行猶予2年」ちゅう判決を二審仙台高裁も「アリ」としました。まあそやろな……という感想です。前に何回も逮捕されて服役もしてるんですから、決して重い刑ではないですよ。8月6日現在で、報道はないようですが、マーシーは上告するんでしょうかね。

 そして、8月3日はマッキーの一審判決でした。こちらは求刑2年に対して執行猶予がつきましたね。しばらく休業されるようです。この間、三浦春馬さんの件とかいろいろあって、マッキーの報道は控えめでしたよね。マッキー的にはラッキーやったのと違いますかね。ちゅうか2年も前の「所持」ですから、もともと逮捕の意味がわからなかったので、執行猶予も妥当な気がします。

 それにしても相変わらずクスリ(違法薬物)の事件は多いですね。

 たとえば自殺者まで出たテレビドラマの『テラスハウス』(Netflix配信、フジテレビ系でも放送)のイケメンさんが大麻所持で逮捕されたようです。瑠美はほとんどテレビ見ないんですが、「呪われた番組」とか言われるのもわかりますよね。あとは、「元大阪府警巡査」の大麻所持とか「元札幌国税局職員」とか、ぶっちゃけ笑えました。

 国税職員さんは、マンションで1,000株くらい栽培してたそうですから、お小遣い稼ぎにはええシノギでしょう。札幌は昔から「大麻天国」のウワサがありますが、もしかしてホンマかもと思わせるニュースでした。

 まあ前から書いてますけど、大麻なんて合法の国もありますから、シャブに比べたら効き目は全然ゆるいです。もちろん日本は合法ではないから、大麻も「ダメ、ゼッタイ。」ですけどね。

 でも、ニュースが「多い気がする」だけでなく、実際にクスリの摘発は増えてるんですね。なんと2019年の覚醒剤の押収量は約2,570キロで過去最多でした。「2トン超え」は「日本初」やそうです。「こんだけあったら、どんだけもうかる?」と考えてしまうのは、私が大阪人やからで、他意はありません(笑)。

 次がコカインで約640キロと、これも過去最高。あとは乾燥大麻約61キロ、ヘロイン約17キロ、大麻樹脂約17キロの順。合計で約3.3トンやそうです。

 今年はコロナのせいで「品薄感」がありますから、どのくらいになりますかね。値上げもごついようですが、「品薄」はウソで、「便乗値上げ」ちゅう説もあります。

 今はクスリはネットで買えるので、手軽に手を出しやすくなっているのも、摘発増加の理由かもしれませんね。そもそもクスリをやる人は、危機感がないです。私もそうでした。

 クスリで突然死ぬ人って、ゼロではないけど、実は、そんなにはいてないです。ハリウッドセレブとかも、死ぬ人よりも「ワシは昔ポン中やった」とかドヤ顔でカミングアウトしてる人のほうが多い気がします。

 でも、「クスリをやってる」となったら、なかなか社会では認められません。むしろ死ぬより、こっちが大変です。もちろん私も経験あります。何をしても、何を言うても、「ポン中が何を言うか」とか「まだクスリやってんやろ」みたいなことを言われて、なかなか信用してもらえません。これはとてもツラいです。私はなんとかやれていますが、信用してもらえずに、ツラくてまたクスリに逃げる友達もいてます。

 どうすればええかは、とにかく自分で考えることです。誰も助けてくれませんよ。まずはマッキーみたいにラブラブなパートナーさんを見つけるとか、クスリを使わなくてもツラくない状況を作るために、がんばってほしいです。でも、これはこれで、めっちゃ難しいですね……。

 悩んでる人の相談相手になってあげたいなーと思う、今日この頃です。講演とか、いつでも呼んでくださいね。