• Thu. May 26th, 2022

『ゴヤの名画と優しい泥棒』絵画を人質に取った「ヒーロー」の実話

 2月25日より映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』が公開されている。本作の目玉は「事実は小説よりも奇なり」を体現したかのような、信じがたい実話を描いたコメディであることだろう。

 監督は『ノッティングヒルの恋人』(99)や『チェンジング・レーン』(02)などを手がけてきたロジャー・ミッシェルで、2021年9月に亡くなったため本作が長編映画における遺作となった。その最後の作品が、人間…

続きを読む