• Thu. May 19th, 2022

ヤマザキパン【納豆チーズトースト】、納豆臭が強烈! 温かい豆が甘くてパンとの相性良し!

料理がまったくできない主婦の私。料理は夫担当になっていますが、子どもが大きくなるにつれ、私も作らなアカンときに見舞われるように。まずはSNSで人気の簡単レシピから料理にチャレンジ!

今日のレシピ:【納豆チーズトースト】ヤマザキパン

 ヤマザキパンの公式レシピがたびたびネット上で話題になっている。しかし、食パンに納豆をのせて食べるのは、なんとなく昔から知っている人も多いのではないでしょうか。このレシピはスルーしようかと思いましたが、「納豆と熱々のチーズ!」この文言に惹かれて作ってしまった。

 料理手順はこちら。

1)納豆は付いているタレを加えてよく混ぜます。
2)パンに1を平たくのせてチーズをかけてオーブントースターでこんがり焼き色がつくまでトーストします。お好みで刻んだねぎをかけます。
(レシピはヤマザキ公式サイトより)

 実際に作ってみましょう!

 超芳醇食パンは近所のスーパーでは売っていませんでした。ようやく見つけた3件目のスーパーで「超芳醇」らしきパンを発見。急いで駆け寄ってみたら「50%塩分カット」と書かれているではないか。惜しい……そう思いながらもこれしか売っていなかったので買って帰りました。

 納豆とチーズ、小ねぎを用意して準備完了です。

 納豆はタレごとよく混ぜます。

 超芳醇食パンに納豆とチーズを平たくのせて、オーブントースターでこんがり焼き色がつくまで焼きます。

 焼きあがりました。オーブンの時間は5分ほど。納豆まで熱々になっているのはちょっと楽しみでもある。

 お好みで刻んだ小ねぎをかけました。

 公式レシピには「明太子や刻み大葉を加えるとさらにおいしくリッチな味わいになります」と書かれていましたが、わかる気がする。明太子買ってきたらよかった。

 食べてみると、まだ温かい納豆はいつにも増して甘い。そして納豆のタレの甘さも引き立っているじゃないか。食パンは超芳醇の「塩分50%カット」を使ったが、チーズで塩分を補っているので、これで普通の超芳醇パンと変わらないおいしさのはず……です。

 お好みで入れた小ねぎが良いアクセントになっていて、この「納豆チーズパン」はありでしょう。それに、納豆とチーズの相性の良さには驚いた。きっとこれは、「パン×納豆×チーズ」だからおいしいのだろう。ご飯とチーズ、納豆だったら微妙なのではないだろうか……などとブツブツ言っている間に完食してしまった。

 唯一の欠点を挙げるとしたら、オーブンでパンを焼いている間にキッチン中に漂う納豆臭の強烈さはマイナスかな。

【総評】
もう一度作りたい度:★★★★☆
ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★★
子どもウケまたは夫ウケ:★★★☆☆(納豆はご飯で食べたい派にはウケ悪し)